鶏そば Ayam-YA@仲御徒町 「鶏そば(醤油)」

Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・交差点
 世はお盆休みに突入ですが、今日も今日とて休日出社、もちろん夏休みなんぞありません。全くモチベーションが上がりませんなぁ……ランチは、御徒町の「グレ」でガッツリ旨辛いモノ食べて「精神注入」しようと思いましたが、なんと「しばらく休業」の貼り紙。ならばと、ほど近くにある新店「Ayam-Ya」へ。
Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・店舗
Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・店内
 7月オープンのこのお店、なんとハラール認証(イスラム教の戒律に則って調理・製造された商品であることを証するシステム)を取得済み、店員さんにもヒジャブ(頭髪を隠す布)を着用したムスリム女性がおられます。1階は主に厨房のようで、入店すると2階へ案内されますが、これが何とも落ち着いた雰囲気。Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・メニュー

 メニューは、「鶏そば」「スパイシー鶏そば」の醤油か塩で、つけ麺も新たに加わった模様。「スパイシー」の文字にかなり惹かれましたが、こういう異国系のお店の「スパイシー」は、日本人には異次元である場合がありますので、今日は大人しく「鶏そば(醤油)」(780円)で。店員さんは皆さんフランクで、世間話をしているうちに丼到着。
Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・鶏そば醤油Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・スープ
 コラーゲンのせいか、スープ表面を薄膜が覆う丼景色。まずは、スープを一口……おぉ、見かけによらずスッキリとヘルシーなお味。ひとつ目のポイントは乳化させる鶏油の量を加減してあり、モミジで加えたコラーゲンとバランスさせて、サラッと感じさせているところ。そしてふたつ目のポイントは、野菜で加えたスッキリ感と甘味が心地よい点で、「サラッとスッキリ」、ヘルシーな印象の鶏白湯です。さらに醤油ダレに隠し味的なスパイスを加えてあるのか、微かに漂う独特な風味が印象的。
Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・麺
 麺は、中太ストレート。ツルッとした口あたりと、パツッとした麺肌、しかしどこか芯を感じさせない不思議な麺で、ゆでによって現れる表面の半透明な部分もさほどなく……先人が乾麺に似ていると指摘されておられましたが、確かに最近のよく出来た袋麺に似た感じも。ハラール認証のため、いろいろ工夫されているのかも。
Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・鶏チャーシュー
 具材は、鶏チャーシューにネギが2種、そしてパラリと糸唐辛子。注目はこのムネ肉チャーシューで、風味づけにハーブを使っているのが面白い。鶏肉の風味もよく引き立っており、実に柔らか、コイツはなかなかハイレベルな逸品です。Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・セルフテーブル

 店中央に、七味、黒胡椒、おろしニンニクなど調味料や割スープを置いたテーブルがあり、そこから好きなものを自席にセルフで運んで味変するシステム。ちょっとスープのヘルシーな感じを「汚して」みたくて、おろしニンニクに挑戦しましたが、醤油ダレの隠し味と呼応し合うのか、これがなかなかよく合います。なお、調味料は使用後さきほどのテーブルにセルフで戻すことを、お忘れなく。

Ayam-Ya@仲御徒町・20160826・能書き 入店時は店内私ひとりでしたが、後客2組はいずれもヒジャブを着用した女性を伴うカップルさん。近所の量販店ではムスリム女性をよく見かけますし、都心にはハラール認定のラーメン店はごくわずかだし……ここはある意味、「パラダイス」なのかも。それに、「スパイシー鶏そば」はかなりのパンチ力とのネット情報、ムスリムの方々お好みの、本格的な「スパイシー」とはどんなものか興味津々。汗でデロデロになっても大丈夫な、仕事のない日にまた来ます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

らあめん 渋谷三丁目@渋谷 「ねぎ玉らあめん・赤」

渋三@渋谷・20130823・臨休
 とんでもなく蒸し暑い一日、汗もタップリかいて塩分不足で、こういう夜は濃厚豚骨あたりをキメたいもの……などと、渋谷で突然思い立ち、年中無休の有名豚骨店を目指しましたが……出た、「社員研修で臨休」パターン。食べ歩いていると、何年かに1回かは出くわす悲劇。渋三@渋谷・20130823・明治通り

 なので、最悪ケースを想定して、いちおうバックアップを考えてありました。それが前回大いに気に入った通称「渋三らあめん」。明治通り沿いにある老舗です。
渋三@渋谷・20130823・店舗
渋三@渋谷・20130823・メニュー
 メニューは、基本的に「らあめん」「たんめん」「つけめん」の3系統ですが、「らあめん」のスープは「白・赤(辛みそ)・黒(マー油)」の3種類から選べ、トッピングも豊富なバリエーション。暑さ対策で辛みそ系ということで、「ねぎ玉らあめん・赤」(830円)をオーダー。
渋三@渋谷・20130823・ねぎ玉赤渋三@渋谷・20130823・スープ
 いやいや、期待通りのアグレッシブな丼景色。では、スープを一口……う~~ん、やっぱこの店は美味い! ベースは、24時間炊き出したという濃厚な豚骨、完全乳化しており柔らかな味わいで、余韻がグ~ンと後を引きます。これに絡む「辛みそ」ですが、辛味が滑らかで旨味を伴い、明らかに韓国唐辛子を使っていますが……ほのかに感じられる酸味や、塩加減などから見て、コチュジャンを使っているのかも。ふくよかな辛味とふくよかな豚骨が見事に噛み合い、スマートで分かりやすい美味さに仕上がっています。
渋三@渋谷・20130823・麺
 麺は、この店自慢の自家製・極細ストレート。かなり長めの麺ですので、丼から持ち上げ噛り付くような食べ方となりますが、ポキポキ・ポリポリとした歯切れ・歯応えで、甘味も実に力強い。平笊でキッチリ湯切りしてあるため、妙な粉っぽさも一切なし、豚骨店の麺として、超一流の仕上がりです。
渋三@渋谷・20130823・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ・味玉に、ネギがタップリ。この店自慢のチャーシューですが、やはり相変わらず美味い。プリッとした口あたりのあと、トロッと舌の上で溶けるような食べ心地で、スープと肉汁が融け合い醸す、極上の味わい……メンマのコリッとした歯応えも、カタめの麺とのバランスを、よく考えてあります。

渋三@渋谷・20130823・卓上
 「辛味噌豚骨」というメニューは珍しくありませんが、意外に名品が少ない印象。多くの場合、味噌の塩味と唐辛子の辛味が両方トガって、豚骨で丸め込めずにクドくなってしまいがち。その「辛味噌」固有の問題を、おそらくコチュジャンを使って解決させ、自慢の濃厚豚骨で「丸め込み」に成功した、老舗ならではの「ワザ」を見せつけた一品。何度も通って食べたくなる美味さですな……また渋谷で「豚骨欠乏症」にかかったら、お邪魔させていただきます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、連載1,000回あたりを機にこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR