麺屋 我龍 新橋店@内幸町 「極上桜姫」

我龍@内幸町・20170427・交差点
 朝鮮半島ではキナ臭い雰囲気、ミサイル飛んでくるならこの日だと言われていたまさにその日、ドーセ死ぬならラーメン食べながら死にたいもの。国政中枢に近いあたりで食べていれば、ラーメン丼片手に一瞬で蒸発できるでしょう……というわけで、内幸町の新店「我龍」へ。
我龍@内幸町・20170427・店舗
我龍@内幸町・20170427・券売機
 4月オープンのこのお店、場所は「おらが」跡地でほぼ居抜き、ネット情報では北坂戸のお店が移転したモノだとか。メニューは「極上桜姫」系ラーメンと「濃厚魚介つけめん」の2系統、券売機にはすでに「限定」コーナーも用意され、今後が楽しみ。まずは、筆頭系の「極上桜姫」(780円)をポチッとな。
我龍@内幸町・20170427・極上桜姫我龍@内幸町・20170427・スープ
 カウンターのお洒落なポップ(写真は下掲)に目を奪われているうち丼到着。まずは、スープを一口……コイツぁ「硬派」、ポップの雰囲気とはまるで違う、骨太な美味さが印象的。「桜姫」というのは宮崎のブランド鶏、おそらくその肉付きのよいガラ使って、トロリとするまでジックリ炊き込んであり、鶏の風味と旨味が驚くほどに力強い。さらに、そのトロミを損ねない程度に魚介出汁が仕込んであり、サバ・カツオの節系が鶏の風味をギュッと引き締め、さらに力強く感じさせます……いやぁ、コイツは美味い。
我龍@内幸町・20170427・麺
 麺は、中太ストレート。低加水の麺を固めにゆで上げ、パツッとした口あたりとポクポクとした歯切れ、全体的に食感に重みがあり、それでいて麺量は160gほどとやや多め、コイツは食べ応えがありますな。粉もおそらく国産系主体で、クセがないのに力強い。コイツが、トロリとしたスープをタップリ持ち上げて……グン、グン、グンッと、味わいが口の中で暴れる感じ。もとは北坂戸の店だというのがよくわかる、郊外店特有の「野趣」を楽しめます。
我龍@内幸町・20170427・具材
 具材は、鶏チャーシュー2枚にメンマ、薬味のネギと糸唐辛子。鶏チャーシューは、ムネ肉を低温調理で仕上げたモノ、超大判でしかも超厚切り、この日はたまたまか切り落とし部分も入っており、ここにも郊外店特有の「野趣」プンプン。しかし、シンプルな味付けながら塩麹を使っているのか味に深みがあって、その食べ応えには大満足。多めに入る糸唐辛子も、イイ感じでキレを絡ませてきます。

我龍@内幸町・20170427・ポップ
 スープ・麺・具材、全てが味わい深く、すべてに食べ応えもボリュームもあって、このご時世これで780円とは……ついに新橋に、「期待の新星」が現れましたな。こういう「分かりやすい価値」を作り出す店は必ず伸びる、普段仕事でベンチャーさんなどを多く見ているので分かります。行列店になる前に、つけ麺も食べておかねば……この店の丼抱えながら、北朝鮮のミサイルで蒸発するなら、それはそれで本望です。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

ふるめん@六本木一丁目 「担々麺」

ふるめん@六本木一丁目・20170425・坂道
 先日「煮干し醤油」をいただいて、その美味さに驚いた「ふるめん」。その時見かけた路上看板では、メニュー人気第2位は「担々麺」……コイツは気になる。週末、またテレ東横の坂を六本木通りへ下り、お店へ向かいました。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・店舗
ふるめん@六本木一丁目・20170425・メニュー
 相変わらず小ざっぱりとしたお洒落な店内、禁煙ではありませんが、吸う方もiQOS使ってまわりに気配り……チョイと「六本木」チックな雰囲気ですな。メニューはご覧の通りで「担々麺」(950円)を注文、薬味はネギかパクチーを選べますが、とりあえずパクチーで。湯煎したボウルの中でスープと芝麻醤を合わせるなど、結構丁寧な調理工程。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・担々麺ふるめん@六本木一丁目・20170425・スープ
 相変わらず、華麗な色合いの丼景色。辛味ダレはパクチーの下に隠れていますが、まずはコイツを混ぜ込まず、スープを一口……いきなりガツンと来る「和山椒」。ベース・スープに魚介系が効いているせいか透明感が強く、おかげで芝麻醤もさほど濃くは感じませんが、その大人しくクリアな空間にキンキン響く、和山椒独特の青っぽい風味。辛味ダレを溶かし込んでも、辛味とコクがグッと強まりはしますがやや単調で、山椒の「キンキン」は目立ったまま……これは、賛否分かれますな。ネット情報にあった別添えの辣油も、この日はありませんでした。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・麺
 麺は、他メニューと同じで、やや太めの中太ストレート。ゆで加減も「煮干し醤油」と同様にカタめにゆで上げ、多少ヘビーな食べ心地。これでも、スープが濃厚ならある程度噛み合うんでしょうが、和山椒でクリア感が強調されたこのスープとの相性は、どうもチグハグ。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・具材
 具材は、蒸し鶏に搾菜、福神漬け(?)に薬味のパクチーなど。蒸し鶏にはキチンとした味がついており、芝麻醤との相性も抜群、パクチーが加える鮮烈な風味も、和山椒のクリア感と上手く呼号、これらのコンビネーションは悪くありません。福神漬けで紫蘇風味と酸味を加えようという演出も、和山椒と見事にマッチ。

ふるめん@六本木一丁目・20170425・卓上
 「担々麺には花椒」という既成概念から一歩踏み出した、勇気ある試み。ただ、その試みをサポートするには、もっとベース・スープの動物系に「個性」が必要な気が……たとえば鰻蒲焼では、本来クサミのある鰻を強烈なタレで仕上げるからこそ、和山椒の「キンキン」感が効いてくるように、クセのある動物系に濃厚な芝麻醤が絡んでこそ、和山椒も活きてくるな……そんな印象。今後の改良に期待します。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR