横浜ラーメン 増田家@海浜幕張 「ラーメン」

増田家@海浜幕張・20141023・幕張
 今日は午前中、海浜幕張でお仕事。昔は隣街在住でしたので、頻繁に遊びに来ていましたが、今は年イチか二度程度。この街では「ジャンクガレッジ」が宿題になっていますが、今日はニンニクご法度の仕事ですし……すんなり入れそうな「増田家」へ。
増田家@海浜幕張・20141023・店舗
 「増田家」は、千葉市が本拠のマスミフードサービスが展開するブランドの一つで(「たかし屋」などと同じグループ)、2001年千葉中央にオープン、海浜幕張のほか西船橋にも支店があります。メニューの写真を撮り忘れましたが、「ラーメン」と「つけ麺」に「味噌」もあり、この日は期間限定で「カレー」なんかも。かつて千葉西南部を専門にしていた私ですが、実に約7年ぶりに、「ラーメン 並」(680円)を注文。好みはその時と同じ「固め・少なめ」で。
増田家@海浜幕張・20141023・ラーメン
増田家@海浜幕張・20141023・スープ
 では、スープを一口……幕張店だからなのか、昔とはかなり味が変わりましたな。細かな背脂が散る褐色のスープ、昔千葉本店で食べた時よりカエシがかなり強めに感じられ、そのカエシに相当ケミカルが盛ってあるのか、シビれるような強烈な旨味が舌を包んで、ヌルッとノド奥に消える感じ。それでも鼻に抜ける鶏油の香りや、豚骨感はそれなりに感じられて、ギリギリ「家系」風には感じられますが……多少ボンヤリした味ではありましたが、昔の本店の方が良かったかも。
増田家@海浜幕張・20141023・麺
 麺は、かなり太めの中太ストレートで、断面が偏平したいわゆる家系麺。指定通り固めのゆで上がりで、かなり甘みの強い麺ですが、旨味が突出してコクを感じにくいスープですので、どうも両者が噛み合わない。冒頭から、まとまりイマイチに感じ始めます……
増田家@海浜幕張・20141023・チャーシュー
 具材は、チャーシューと海苔は家系っぽいものの、キクラゲとモヤシをのせるのが、昔からの「増田家」流。でも昔から、なんで歯応え十分の太麺にキクラゲを合わせるのかイミフに感じていましたが、今日はさらにバラバラ感を増幅させてますなぁ……チャーシューも、ごく一般的なラーショ系的クォリティ。

増田家@海浜幕張・20141023・卓上 創業時から鶏ガラも併用して、豚骨のコクと鶏油の風味を鶏の旨味でつなぐという「小技」をきかせながら、いかにも千葉らしい「骨の太さ」を感じさせる一杯でしたが……なんか、「ジャンク」な一杯になりましたな。千葉本店も今はこうなのか、ぜひ知りたいところですが……千葉西南部で食べ歩いていた頃から7年、ちょっと千葉ラーメンの「骨の太さ」に、私がノスタルジーを抱きすぎなのかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

重厚煮干中華そば 大ふく屋@海浜幕張 「重厚中華そば」

大ふく屋@海浜幕張・20131011・海浜幕張
 この日はお仕事で海浜幕張へ、バタバタと用事を済ませ京葉線でトンボ返り……と、その前にちょっと寄り道。駅前の商業設備「PLENA」内にある「大ふく屋」へ。
大ふく屋@海浜幕張・20131011・店舗
大ふく屋@海浜幕張・20131011・券売機
 2009年ころに多店舗展開された「せたが屋」系のお店、海浜幕張店は2010年オープン、あちこちにあった「大ふく屋」の多くは閉店になりましたので、いまや貴重なお店です。PLENA1階の店舗は、同じ運営の「野郎ラーメン」と隣接、券売機も兼用になっています。とりあえず「重厚中華そば」(730円)を、ポチッとな。店内のポスターによれば、6月15日にスープ・麺ともパワーアップさせたとのこと、ちょっと楽しみ。
大ふく屋@海浜幕張・20131011・中華そば
大ふく屋@海浜幕張・20131011・スープ
 では、スープを一口……お、結構イケますな。豚骨&魚介&ベジポタという基本構成、トータルの味わいは「せたが屋」色を色濃く反映させたものですが、「せたが屋」よりは豚骨にグッと重点をシフトしてあり、なかなかのパンチ力。濃厚な豚骨魚介に野菜ポタージュを加えて、味わいを深め軽さを加える手法は昔多用されたものですが、逆に味が重くなったり平坦になったり、「逆効果」に陥るお店が続出したものでした。その点、このスープは上手く「イイトコどり」ができており、魚介風味もキッチリきいて、コイツは美味。
大ふく屋@海浜幕張・20131011・麺
 麺は、気持ち太めの中太ストレート。固めにゆで上げられた低加水の麺が適度にスープを吸い、さらにベジポタで粘度の上がったスープが適度に絡み、バランスのよいスープの味わいの中から、麺の素朴な甘みがグイグイ立ち上がってくる感じで……いやいや、コイツはスミに置けません。
大ふく屋@海浜幕張・20131011・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔、そして薬味のネギ。チャーシューは肩ロースをジックリ煮込んだもの、味はよくしみていますが、食感がいわゆる「コンビーフ」系で賛否あるかも。ナルトは、かなり厚切りのものが入っています。

大ふく屋@海浜幕張・20131011・ポスター 一時は、「石を投げれば……」といわれたくらい繁栄を極めた豚骨魚介、そんなブームも過ぎ去って、いまや「懐かしの味」的存在になりつつありますが……やはり、美味いものは美味い。6月改良前の味は知りませんが、改良後のバランスは、ベジポタ豚骨魚介としては実に秀逸。ブームに左右されず、あくまで本物の味を追求する前島氏に、脱帽。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR