鈴木飯店(日本橋ふくしま館)@新日本橋 「会津白べこラーメン」

鈴木飯店@新日本橋・20170316・交差点
 東日本震災から6年、毎年3月11日近辺には何か東北の物産を求めて、心ばかりの「支援」をさせていただいています。今年はどうしようかと、「日本橋ふくしま館 MIDETTE」へフラリ。
鈴木飯店@新日本橋・20170316・施設
鈴木飯店@新日本橋・20170316・メニュー
 この日は飲食コーナーに、会津若松の「鈴木飯店」さんが出店、さっそくメニューを確認したところ、「会津白べこラーメン」(800円)に惹かれました。前金で払い番号札をもらって着席、スマホでチョイと検索すると……おぉ、会津のお店が集まって盛り上げている、ご当地グルメ的なメニューで、会津の牛乳を使っているとか。ほどなく番号が呼ばれました。
鈴木飯店@新日本橋・20170316・白べこ鈴木飯店@新日本橋・20170316・スープ
 かなり大きな丼に、ナミナミと白いスープが注がれた、チョイと牧歌的な丼景色。まずは、スープを一口……なるほど、コイツは味噌風味のベシャメルソース。タップリ牛乳が使われていますが、キッチリ火が通っており気になる風味は一切なし、むしろ全体のコクをグンと深める働き。味噌は風味づけ程度の使い方ですが、牛乳ベースに程よい塩分を加え、なんとなくベシャメルソースっぽい仕上がり。これに白菜を中心とした野菜類の甘みがホンノリ馴染み、黒胡椒で全体を軽く引き締めています。
鈴木飯店@新日本橋・20170316・麺
 麺は、やや太めの中太で、平打ち気味の弱縮れ。加水率はかなり高めで、非常にスッキリとした甘み、ゆで加減もかなり柔らかめで……長閑(のどか)なスープの中をそよぐ、春風のような食べ心地。東京的な感覚では、もう少し主張の強い麺でもよい気がしますが、これはこれで「福島」っぽい。
鈴木飯店@新日本橋・20170316・具材
 具材は、白菜・ニンジン・モヤシに少量ニラなどが混じった野菜類と、スイートコーン。特にこの白菜の甘みが、牛乳の甘みとシックリ合ってイイ感じ、モヤシもビビッドな食感で、ほどよい田舎臭さがイイ感じ。動物性の脂分を一切使わず、野菜の甘さと乳脂肪のコクで仕上げようという明快な設計思想が、なんか爽やかな印象を残しますな……

鈴木飯店@新日本橋・20170316・店内
 ただただ広い農園と、ただただ広い牧場の上に、どこまでも広がるヌケるような青空……まさに、「福島」のイメージをそのまま体現したような、優しい一杯。こんな美しい福島に、長期間にわたって風評被害を与え続けた連中に、言いたいことは山ほどありますが……いつまでも、私たちの心は常に福島、そして東北とともにある、そうシミジミ感じた一杯でした。

 「日本橋ふくしま館 MIDETTE」の店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

神田らぁめん 悠@神田・新日本橋 「納豆らぁめん」

悠@神田・20170228・神田駅
 寒い日が続きましたので、「この週末は辛い系で…」などと考えておりましたが、週末にかけて小春日和。こんなポカポカ陽気の中「マジで激辛イク?」と自問しつつ、神田某店をのぞきましたが……なぜかシャッターで、なぜかホッとする自分がおりました。このまま、ホッとする一杯を求めて、約1年ぶりに「悠」へ。
悠@神田・20170228・店舗
悠@神田・20170228・券売機
 新宿の名店「ほりうち」出身のご主人が15年12月にオープンさせたこのお店、これまで「らぁめん」「納豆ざる」をいただいて、「この店はたしか」と見極めております。こんなポカポカとした日には、ホノボノとした一杯でイキたいもの、迷わず「納豆らぁめん」(820円)をポチッとな。
悠@神田・20170228・納豆悠@神田・20170228・スープ
 フンワリとかかった黄色い「雲」と、コンモリ盛られた黒い海苔が、なんとも鮮やかなコントラストの丼景色。最初から、「雲」とスープを少し混ぜ込み、まずは一口いただきますと……何とも長閑(のどか)で、鄙(ひな)びた味わい。ベース・スープはオープン時よりもスッキリ感が増しており、鶏・醤油いずれの主張も敢えて抑えて、穏やかで落ち着いたタッチ。これに、納豆・玉子の「エスプーマ」(泡)が静かに馴染んで、優しく柔らかなニュアンスが強まり、なんとも心和む味わいに。
悠@神田・20170228・麺
 麺は、太麺に近い太さの平打ちで、微妙なネジレが入ったもの。「ほりうち」系特有の、なんとも透き通った甘みで、多加水麺の滑らかな麺肌が演出するスピーディーなノド越し。その潔い食感に、「エスプーマ」がフンワリ絡み、さらに海苔の旨味と納豆のホッコリした甘みが加わって……いやはや、無情の安らぎ。この麺をすする時間が、いつまでも続いてほしいと感じます。
悠@神田・20170228・具材
悠@神田・20170228・麺上げ
 具材は、納豆、海苔に、青菜とネギ。「ほりうち」系では、「納豆」系メニューにチャーシューが入る場合とそうでない場合がありますが、この店は後者で「納豆ざる」でも同様。しかし、もしチャーシューが入っていたとしても、それなりの満足感は得られるでしょうが、この無上の「安らぎ」を邪魔するような気がしますな……チャーシューを求める人は、このメニューの「本質的提供価値」以外のものを、求めていらっしゃるのでしょう。

悠@神田・20170228・卓上
 「毎日でも食べたくなる一杯」を目指すラーメン店は、星の数ほどありますが……この「ほりうち」系はその典型でしょうし、その中でもこの「悠」は理想に近い。多様なお客様の「日常」に溶け込むには、「さりげなさ」や「安らぎ」が必要ですが、それを支えるのは細部まで徹底したクォリティ・コントロール。「エスプーマ」やスープ・麺、海苔のクォリティに至るまで、徹底した品質管理により雑味・クセを取り除き、ようやく到達できる「さりげなさ」という境地。そんなラーメンの奥深さを、シミジミと感じさせてくれた一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

らーめん 一郎@銀座 「味玉塩(しじみ)らーめん」

一郎@銀座・20170226・SIX
 金曜夜、ちょいと寄り道して松坂屋跡地に建設中の「GINZA SIX」を見物しましたが……こりゃ、デカい。地下は6階まであるそうなので、さぞかし飲食店もたくさん入るんでしょうが、さてどんなラーメン店が入るのやら(入るワケないか)。狙っていた某店の限定にフラれ、数寄屋橋に流れて「一郎」へ。
一郎@銀座・20170226・店舗
一郎@銀座・20170226・券売機
 12月オープンで、前回は「醤油」をいただきましたが、そのクォリティには感心しました。ただ、券売機からも分かる通り、最上段の「醤油」より、2段目の「塩(しじみ)」の方が120円も高い。こういう場合はたいてい、「『売れ線』は醤油だと思いますが、作り手側としては、塩に絶対の自信あり」という意思表示、これを食べなきゃ始まりませんな……「味玉塩(しじみ)らーめん」(1,000円)を、ポチッとな。
一郎@銀座・20170226・塩一郎@銀座・20170226・スープ
 しじみに揚げ葱が寄り添う、ちょっとユニークな丼景色。まずは、スープを一口……こいつは、「海」のニュアンスが「要(かなめ)」になってますな。ベースは「醤油」と同じく青森シャモロックの丸鶏ですが、バランス的にしじみ出汁がかなり強く、そして、ポイントとなる塩ダレが……「天然の海塩」使用との言葉通り、海水的なニュアンス。独特の円やかさから立ち上がる鋭いキレ、海水が持つ「命のスープ」的な力強さと、淡麗なしじみ出汁をシナジーさせようという、非常にユニークなアプローチで、美味さがジンジン舌に響きます。
一郎@銀座・20170226・麺
 麺は醤油とは別モノで、細ストレートのいわゆる博多麺。ゆで加減はヤワすぎずカタすぎず、この麺をこの領域の質感で出せる点だけ見ても、スキルの高さがうかがえます。低加水ゆえ歯切れも軽快、その上「福岡産ラー麦」の甘みがダイレクトに伝わって……旨味とキレが結構強いこのスープに対して、見事にカッチリと噛み合ってきます。ときどき揚げ葱が絡み、カッチリ感をほぐすように加える「緩急」も文句なし……いやぁ、このコンビネーションは相当イケる。
一郎@銀座・20170226・具材
一郎@銀座・20170226・味玉
 具材は、チャーシュー、メンマ、シジミに追加の味玉、そして揚げ葱と薬味のネギ。チャーシュー、メンマは「醤油」と共通、「塩」にのみ入る青森十三湖産のシジミは、明らかに出汁とり用とは別に用意されたもので(世にはそうでない例が結構多い)、プリッとした身を噛みしめると、強めの塩で引き立てられた独特の風味が、ジュワァ~と口腔に広がります。味玉も、ご覧の通り最高の仕上がり。

一郎@銀座・20170226・能書き
 旨味を含んで塩カドが立ちやすいためか、「海塩」をメインに使うお店は結構少なく(みなさん内陸系の岩塩がお好き)、ましてその良さを出し切る店は非常に少ない。そういった意味で、「海塩」の魅力をあますところなく表現したこの一杯は、そのままお店の技術レベルの証左と言えましょう。しかも、この「海」のイメージに、淡水・汽水域のシジミのイメージを重ねるあたりが芸術的、是非オススメしたい一杯です。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

らーめん 一郎@銀座 「味玉醤油らーめん」

一郎@銀座・20161227・数寄屋橋
 数寄屋橋に新店ができたとか。銀座という街の特性上、少し話題となって観光情報として流れようものなら、アッという間に行列店に。私のような行列嫌いは近づけないお店となってしまいます……早めに食べておくに限りますな。
一郎@銀座・20161227・店舗
一郎@銀座・20161227・券売機
 12月オープンのこのお店、ネット情報では東川口某店の店長だった方が、故郷・青森の食材を使ったお店として出したとか。メニューは「醤油らーめん」「塩らーめん」「味噌らーめん」の3系統、とりあえず「味玉醤油らーめん」(880円)あたりを、ポチッとな。一郎@銀座・20161227・能書き

 カウンター7席ほどの狭い店内、しかし内装はキッチリ仕上げてあって、潔く小粋な雰囲気。厨房は2名で切り盛り、調理はほぼ一人でこなしておられますが、麺ゆでにはタイマーを使わず、全てが流れるようなオペレーション、相当な「熟練」を物語ります。
一郎@銀座・20161227・醤油一郎@銀座・20161227・スープ
 ナルトがチャームポイントの丼景色。では、スープを一口……いや、これは美味い、早めに訪店しておいて正解でしたな。能書きは写真の通りですが(一部光っていてスミマセン)、丸鶏スープの存在感が圧倒的、多めの鶏油で風味のボルテージを上げておきながら、シジミ出汁のジンワリとした旨味で全体のバランスを整えようというアプローチ。醤油ダレがまた絶妙で、浮ついたキレなど一切なく、深く円やかな味わいを、スープにシッカリ刻み込みます……スープを舌にのせた瞬間、クラシカルな味わいがスッと弾けて、広がる味の端々に、新しさや深みがフッと顔をのぞかせるような、面白さ。
一郎@銀座・20161227・麺
 麺は中太の弱縮れ。中加水で麺肌にも適度な「抵抗」感があり、ゆで加減も多少柔らかめで、ノスタルジックなすすり心地。北海道産小麦100%とのことですが、加水率や醤油ダレのポテンシャルのせいか、驚くほどシッカリとした甘み。この麺・スープのコンビネーション、ネオ・クラシカルな雰囲気で、なかなかグッドなのですが、丼の形状(底浅・小さめ)に対して麺量のバランスが悪いのか、少し麺を持ち上げニクイのがタマにキズ。
一郎@銀座・20161227・味玉
一郎@銀座・20161227・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、小松菜にナルト、薬味のネギに追加の味玉。大判の肩ロースチャーシューは薄めの味付けですが、フカッとした歯応えを楽しむうちに、グングン広がるクリアな肉汁が、なかなかグッド。メンマも非常に風味豊かで、最近食べた中では最上位クラス。味玉もご覧のような見事な仕上がり、敢えて薄めの味付けが、全体のネオ・クラシカルな雰囲気によく合います。

一郎@銀座・20161227・卓上
 銀座・新橋で働いて、すでに30年になろうとしていますが……この街では、こういうタイプが伝統的には好まれる。私の後に、妙齢のマダムが毛皮を羽織って一人来店されていましたが、「やっぱりな……」との想いがしきり。ただ、すでにこの街は観光地と化しており、私の横に座るカップルも中国(台湾?)の方。もはや私の感性などアテになりませんが……できれば大騒ぎになる前に、「塩」「味噌」もコンプリートしておきたいところ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

ソラノイロ トンコツ&キノコ@京橋 「スパイストンコツソバ」

ソラノイロ@京橋・20161222・エドグラン
 京橋に「ソラノイロ」の新店ができたとか。ビッグネームですので行列必至、私のような行列嫌いがアプローチできるタイミングを見定めておりましたが……オープン1カ月後で忘年会前半ピーク日、なおかつ木枯らしが吹く寒い夜にうかがいました。
ソラノイロ@京橋・20161222・店舗
ソラノイロ@京橋・20161222・券売機
 お店は11月25日にオープンした「京橋エドグラン」の地下1階、京橋駅周辺は大規模開発が複数同時に進み、おかげで開発前の面影があまり残っていませんが……要するに、もと明治屋ビルがあったあたり。ソラノイロ@京橋・20161222・能書き

 メニューは「スパイストンコツソバ」「豚骨ソバ」「キノコのベジ白湯ソバ」の3系統、「ソラノイロ」各店にはそれぞれ何回か通いましたが、「豚骨」というのは新機軸ですな……とりあえず筆頭の「スパイストンコツソバ」(880円)に、「味玉」(120円)つけてポチッとな。以下、細かな食材構成については能書き(写真)参照。
ソラノイロ@京橋・20161222・スパイストンコツソラノイロ@京橋・20161222・スープ
 チャーシューのピンクと、パクチーのグリーンが目に鮮やかな丼景色。まずは、スープを一口……いやぁ、実にアヴァンギャルドで、ワン&オンリーな味わい。乳化加減が程よい豚骨、これに数種類のスパイスが深く深く絡んでいますが……クミンのせいでカレー風にも感じられるし、山椒のようなシビレもくるし、エスニックなスパイシーさも感じられ……従来の概念にとらわれない味造りで、トータルとしては味の複雑さを感じさせない、スカッと明瞭な味わい。塩ダレも、凝縮された旨味成分で全体の味の幅を広げており、塩加減もいい塩梅。
ソラノイロ@京橋・20161222・麺
 麺は中細ストレート。能書きにもある通り、やや低めの加水率のおかげで、外麦特有のハキハキとした甘みがいかんなく発揮され、強烈な個性のスープに対しても、強烈な存在感で応えています。さらに後半わずかにスープを吸い込んで、これが何ともいえぬワン&オンリーな美味さ。客席からは次々に替玉コールが入っていますが、その気持ち、わかりますなぁ……
ソラノイロ@京橋・20161222・具材
 具材は、チャーシュー、モヤシ・タマネギに、薬味はパクチーと万能ネギ、そして追加の味玉。なんといっても注目はチャーシューで、「瀬戸のもち豚」のウデ肉ともも肉だとか。「瀬戸のもち豚」は、専用工場で作る栄養価の高い飼料で育てるそうで、色の鮮やかさが特徴だとか。それを低温調理で丁寧に仕上げて、なんとも鮮やかな桜色に。食感もカタすぎず柔らか過ぎず、味ももちろん極上です。
 そして後半へ向けて、モヤシにのった「アリッサ(北アフリカの調味料)+特製辛味噌」を溶かし込みますと……唐辛子によりスパイシー感がさらにヒートし、ニンニクでコクがグンと深まって、ドンドン高まるボルテージ。卓上の刻みニンニクを加えれば、さらに味の「リズムセクション」が活気づきます。

ソラノイロ@京橋・20161222・卓上
 全く前例のない、実に独創的でアヴァンギャルドな味わい。これを既存店の「限定」やイベントの「実験作」としてではなく、大型商業設備の常設店で「主力商品」に据えてくるところに、自らの努力と感性に対する、宮崎氏の「自信」を深く感じさせますな……どこか古臭さのあった明治屋ビル近辺を、再開発して生まれ変わった「京橋エドグラン」には、まさにピッタリの味かもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR