四条富小路 麺屋虎杖@有楽町 「きのこカレー担々麺」

虎杖@有楽町・20170323・地下フロア
 交通会館の地下に築地「虎杖(いたどり)」が店を出したとか。有楽町でも人通りが少ない「穴場」的なロケーションであること、かの名店「ひょっとこ」があるフロアであることから、出店には相当な度胸が要りますな……結構な自信作を出すとみて、さっそく訪店。
虎杖@有楽町・20170323・店舗
虎杖@有楽町・20170323・メニュー
 築地を中心に海鮮料理・海鮮丼などを提供している「虎杖」グループ、もともとカレーうどんも人気でした。それが2007年頃から、築地「南店」で柚子塩のラーメンを出したり、その後「裏店」でカレーつけ麺を出したりしていましたが、その流れは築地ではとだえ、京都四条に出した店でカレーつけ麺を提供していた模様。そして、満を持して(?)有楽町に3月カレー系のお店を出店。麺メニューは「カレー担々麺」一本で、あとはそのバリエーション。デフォのメニュー写真がチョイと寂しく、ヘルシー系のトッピングが追加されたものということで、「きのこカレー担々麺」(850円)をチョイス(料金後払い制)。夜は酒・つまみメニューも豊富。
虎杖@有楽町・20170323・キノコカレー担々虎杖@有楽町・20170323・スープ
 まずは、スープを一口……うわぁ、これは約10年前から格段の進化。クセのない芝麻醤を濃いめに使い、これにクセのないカレーが見事に融合。細かな油滴となってスープに馴染む辣油と、カレー本来のスパイシーな風味が、コクに重みのある「融合体」の表面を適度にケバ立て、「浮揚感」を与えています。実に分かりやすい味の構成で、コイツは美味い。約10年前、インド風のクセのあるカレーを生クリームでまとめながら、それをなぜか柚子胡椒でスパイクさせるという、難解なアプローチだったカレーつけ麺とは、見違えるよう。
虎杖@有楽町・20170323・麺
 麺は中細ストレートで、加水率はやや高め、そして麺量は120g程度でやや少なめ。挽肉のコクも混じると、スープはかなり濃厚に感じられますが、それをスッキリとした甘さの多加水麺で受け流そうというアプローチ。スープも麺も、敢えてキャラを立てずに、一体感を重視するやり方ですな……個性テンコ盛りだったかつての「虎杖」とは、見違えるよう。
虎杖@有楽町・20170323・具材
 具材は、肉味噌に青梗菜、キノコにネギと、糸唐辛子。肉味噌がスープの濃厚感をグイグイ深めようとするのに対し、キノコのフンワリした味わいがそれを引き留めようとする、予想通りの見事なバランス。ちゃんと青梗菜をのせてくれるあたりも、代用の青菜やネギでゴマカすのが昨今の風潮ですので、ありがたや、ありがたや。

虎杖@有楽町・20170323・卓上
 どうしてもカレーはヘビーな印象を与えがちですので、同じくヘビーな印象の芝麻醤と合わせることは、ありそうでないのが業界の流れ。それを見事に結実させたあたりが、カレーうどんを振り出しに、長年カレー系で研鑽を積んできた、「虎杖」の真骨頂といえましょう。やや量が少なめですが、もともと交通会館の地下は私のようなオジさんのパラダイスですので、これはこれで問題なし。いい店ができましたな……これで「ひょっとこ」の行列も、少しは短くなってくれると良いのですが。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

ソラノイロ@麹町 「“寒明け”の煮干し中華そば」(期間限定)

ソラノイロ@麹町・20170309・交差点
 2月21日、満を持して麹町「ソラノイロ」本店が、主力の醤油・塩をリニューアルしたとか。コイツは聞き捨てなりませんな……仕事帰りに、ちょっと寄り道。
ソラノイロ@麹町・20170309・店舗
ソラノイロ@麹町・20170309・ポップ
 入店すると、目の前には今年初の限定「“寒明け”の煮干し中華そば」(900円)のポップ、今日も夜は冷え込んでるし、コイツはあまりにも眩しい……私の目の前には、津軽や新潟の雪景色が広がってしまいました。ま、リニューアルしたレギュラーメニューは何時でも食べられるし、今日のところはコイツをポチッとな。それにしても、レギュラーメニューでも基本900円、結構強気のプライシングですな……
ソラノイロ@麹町・20170309・煮干しソラノイロ@麹町・20170309・スープ
 おぉ、白を基調としたチョップド・サラダの「雪景色」から、春の緑が芽吹くような、まさに「寒明け」を表す丼景色。まずは、スープを一口……いやぁ、どうすればこんな「深い」煮干しに仕上がるのやら。数種類の煮干しを使い、2日かけて作るというこのスープ、たしかにミックスされた煮干しがお互いのクセを打ち消し合い、独特ながらニュートラルな風味・旨味がドドンと力強く立ち上がって、そのあとを煮干し特有のビターな風味と、特有ながら表現の難しいウブな甘みが、フンワリと後追いで立ち上がってきます。煮干しの魅力を、デフォルメではなく「シンボライズ」したような味の「煮詰め方」で、得も言われぬ「深さ」を感じますな。
ソラノイロ@麹町・20170309・麺
 麺は、力強く屈曲した太麺。口あたりはモチモチしていますが、結構ミッシリと密度感ある歯応えで、自然に咀嚼がうながされ、力強い甘みがグイグイ舌の上に広がります。コイツを、カエシでかなりキレたスープが引き締めて、味がゴンゴンと質量感を伴って口腔を通過する感じ……具材の景色といい、これで背脂が加われば、チョイと燕三条系のカタルシスに通じるものがあるかも。
ソラノイロ@麹町・20170309・具材
 その具材ですが、大根・白カブ・麩・豆腐の賽の目切り(チョップド・サラダ)と、薄くスライスした餅を細かく四角に切り分けたモノ。野菜類はどれも上質で、妙な雑味は一切なし、こうして燕三条系へのオマージュとしてサラダにアレンジして見せるあたり、「ソラノイロ」の面目躍如。そして、特に印象的なのは「餅」で、先日も新潟の「しゃぶしゃぶ餅」を使った作品を楽しみましたが、なんとも純朴な甘みと独特の食感が、不思議とラーメンと合うんだよなぁ……

ソラノイロ@麹町・20170309・券売機
 チョップド・サラダによる、冬・春の季節の変わり目の表現もさることながら、この一杯の本当のキモは、実に深い味わいの煮干し出汁。「煮干し」を標榜するラーメンが乱舞する昨今、ただ煮干し粉を混ぜただけだったり、煮干ペーストによるインパクトのみを押し出したり、そのアプローチは様々ですが……「煮干し」の本当の魅力を煮詰めれば、このスープが指し示す方向性に収斂するような。リニューアルされた主力メニューも気になる所ですが、できれば期間中に是非お試しあれ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

ソラノイロ・NIPPON@東京 「北海道ネギ味噌ラーメン」(季節限定)

ソラノイロ@東京・20170212・八重洲
 八重洲での会議が終了し、その後の堅苦しい懇親会は当然パスして、深呼吸する東京駅前。なんか急に腹が減ってきましたな……職場に帰る前に、チョイと東京ラーメンストリートをのぞいてみることに。
ソラノイロ@東京・20170212・店舗
ソラノイロ@東京・20170212・ポップ
 あいかわらず「六厘舎」は長蛇の列、「斑鳩」「ひるがお」にも店外待ちが発生しておりますが、例によって「ソラノイロ・NIPPON」は空席が目立ちます。結構美味い店なのになぁ……はやり全国的な知名度という点ではイマイチなのかしら。券売機横には季節限定「北海道ネギ味噌ラーメン」(900円)のポップ、温まりそうなコイツにすることに。
ソラノイロ@東京・20170212・北海道ネギ味噌ソラノイロ@東京・20170212・スープ
 細かい笹切りのネギがコンモリと盛り上がる、結構珍しい丼姿。配膳時に、「味噌が丼底にたまっていますので、かき混ぜながら味の変化をお楽しみください」とのご説明。まずは、スープを一口……うん、イロイロな意味で、いかにも「ソラノイロ」さんらしい、透明感あふれる仕上がり。味噌ダレは、札幌系によくあるような赤味噌のストレートではなく、白味噌など数種の味噌でブレンドしてあるようで、なんとも「たおやか」な味わい。そしてベースは、動物系よりも野菜系の透き通るような旨味が印象的で、全体としても透明感あふれる穏やかな味わい。まぁ、いかにも「北海道」的な野太い「味噌」を期待される方には、ちょっと肩すかし的な印象もあるかもしれませんが、結構オイリーなのにスッキリとした仕上がりに持ち込むところに、「ソラノイロ」さんらしさがあふれています。
ソラノイロ@東京・20170212・麺
 麺は自家製で、やや偏平した断面の中太ストレート。中加水の割には、粉の配合のせいか実にスッキリとした味わいで、あるいは同店の沖縄式ラーメンの麺と共通かも。「北海道」といえば、黄色に着色された多加水の玉子麺を想像しがちですが、ほぼ真逆のアプローチでちょっとビックリ。こういう「遊び心」も「ソラノイロ」さん独特ですが……「遊び心」だけでなく、透明感の強いこのスープには、この麺の方が確かによく合う。
ソラノイロ@東京・20170212・ネギ
 具材は、大量のネギと適量の炒めモヤシ、それにメンマとツミレ。この鬼盛りのネギとスープの相性ですが……これはさすがに微妙かな。特に序盤、スッキリとした味わいでスタートするスープですので、ネギの苦みやクセが目立ってしまい、最初から食べるペースが乱されます。
ソラノイロ@東京・20170212・ツミレ
 鶏ツミレは、調味は塩など下味のみで、肉のナチュラルな味わいを活かした仕上げ。これはたしかに、スープのタッチには合いますな……しかし、こうした演出の積み重ねで目指した、いかにも「ソラノイロ」さんらしいフロンティアが、東京駅のお客さんの「北海道ネギ味噌」というイメージと合うかは、別問題。

ソラノイロ@東京・20170212・卓上 「味噌ラーメン」といえば、豆味噌ドッカンでギトギトのラード、着色料を使ったまっ黄色な麺というのが、「既成概念」ですが……各食材が本来持つ魅力にフォーカスし、ナチュラルでヘルシーなタッチに仕上げるという、「ソラノイロ」さんらしい「水彩画」タッチの味噌ラーメン。問題は「既成概念」とのギャップがあまりにも大きく、「既成概念」に凝り固まった、私のような中年オヤジには少し「肩すかし」感が感じられることですが……地方から訪れるお客さんも多いロケーションですので、私と同じ感想の方も多いかも。麹町の本店で出した方が良い気がした一品でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

神保町 可以@神保町 「味噌らーめん(創業時再現)」(正月限定)

可以@神保町・20170130・交差点
 オープン時以来、神保町方面の食べ歩きの「拠点」とさせていただいている「可以」が、創業時の看板メニューだった「味噌」を、正月限定で復活させるとか。
可以@神保町・20170130・店舗
可以@神保町・20170130・ポップ
 「可以」は高田馬場「渡なべ」の姉妹店として2010年オープン、当初は驚くほどアヴァンギャルドな「味噌」が主力でしたが賛否両論、翌年にはつけ汁を選べるつけ麺専門店としてリニューアルし、その際「味噌」は消滅。しかし、7年経った今に至るも、あの衝撃的な「味噌」の味は忘れられません。もちろん、コイツをポチッとな。
可以@神保町・20170130・味噌可以@神保町・20170130・スープ
 いやぁ、実にお久しぶりな丼姿。まずは、スープを一口……登場から7年経っていますが、今でも超絶アヴァンギャルド。何が「超絶」なのか、少し列挙しますと……①味噌ダレはおそらく八丁味噌で、あの濃密なコクの味噌を大量に使ってスープはドロドロ、②ベースは豚骨主体で、結構濃厚に炊き出して脂分プルプル、③これに魚介系の出汁が加わりますが、これがなんと(おそらく)鮮魚系で、不飽和脂肪酸のフレーバー満載、④さらにスパイスはなんと山椒と黒胡椒で、山椒は(おそらく)日本産ではなく花椒使用、⑤トドメは具材の挽肉で、猛烈な生姜の風味を帯びており、コイツが徐々に全体に融けだしスパイス類と反応、ヘヴィメタ・レベルのアグレッシブ感を演出します。これらが一体となったお味は……7年前、思わずのけぞったほどの「アヴァンギャルド」。
可以@神保町・20170130・麺
 麺は平打ちで、かなり太めの中太縮れ。ピロピロとしたススリ心地の多加水麺、モチモチとした歯応えでスープの濃厚感に対抗しつつも、あまりにもブッ飛び系のスープですので、シレッとした甘みで受け流そうという設計思想で、これしかないというベスト・チョイス。まぁ、縮れでこんなにドップリとスープを持ち上げる必要があるのかというと……いずれにしても創業時の「勢い」は、ヒシヒシと感じられますな。
可以@神保町・20170130・チャーシュー
 具材は、チャーシューとツミレ上の挽肉、そしてネギがタップリ。挽肉は、徐々に崩してスープに混ぜ込むのが正解で、その効果は⑤の通り。チャーシューは、濃く味付けた肩ロースでミッシリとした肉質、スープの濃さに濃さを重ねるアヴァンギャルドな演出で、もはやタメ息モノの「ブッ飛び系」。

可以@神保町・20170130・卓上
 神保町でもこの界隈は、もともと「ラーメン二郎」があっただけでなく、2008年に某大御所「覆麺」を開店し、2009年には「用心棒」もオープンするという、まさにハルマゲドン的な「頂上決戦」が繰り広げられていたあたり。そこへ 2010年に殴り込み、現在に至るまで確固とした地位を築くに至った、「戦略的破壊兵器」的な一杯。いつまでも色あせず、記憶に残る味ですな……個人的には、定期的なリバイバルを希望する一杯です。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

青森十三湖本家しじみらーめん 東京秋葉原店@神田・秋葉原 「あっさり」

しじみらーめん@神田・20170105・交差点
【まだ師走の頃の食べ歩き】

 先日、青山の「鬼門」の地にできた新店をご紹介しましたが、あそこをさらに上回る神田の「鬼門」に、また新店ができたそう。前のお店は8月にオープンしたばかりでしたが……かつてこの地にあった「おんぱと」から起算すると、実に6軒目。
しじみらーめん@神田・20170105・店舗
しじみらーめん@神田・20170105・券売機
 12月オープンのこのお店、青森に本店のある同名店の支店にあたる模様、店頭や店内には「ねぶた」の一部が展示され、結構お金をかけてます。メニューは「あっさり」「コク」の2系統と限定の「美白」。とりあえず、青森本店では一番人気という「あっさり」(880円)の方を、ポチッとな。
しじみらーめん@神田・20170105・あっさりしじみらーめん@神田・20170105・スープ
 透明度の高いスープ越しに見える、大量のシジミが実に壮観。まずは、スープを一口……あまりにシンプルで賛否あるかもしれませんが、個人的には好きなタイプ。おそらく魚介系と鶏系のWスープで、そのバランスで「あっさり」と「コク」を使い分けているのかも。「あっさり」はスープ表面に油滴がほとんど見られないほど魚介主体、スッキリとした昆布の旨味を背景に、シジミの「滋味」が、最初はジワジワ、後半にはコクを感じさせるほどシッカリと。塩味控えめで、キレより旨味重視のバランス、透明感のあるスッキリとした味わいに、ワカメの風味がよく映えます。
しじみらーめん@神田・20170105・麺
 麺は、中太の弱縮れ。加水率高めの麺をカタメにゆで上げ、プックラとした口あたりにシッカリとしたコシ、そしてツルリとした麺肌によりノド越しもスピーディで、スープのスタイルにぴったりマッチ。カタメの麺が咀嚼を誘い、湧き出るシッカリとした甘みが、ジンワリ・スッキリとしたスープの味わいの中で、実に力強く感じられます。
しじみらーめん@神田・20170105・具材
 具材は、シジミにワカメ、大きなお麩に、薬味のネギ。配膳時に殻入れの皿が出されますので、シジミはありがたく全部いただきましたが、雑味・イヤ味のない力強い味わい。私は貝から出汁をとるのも好きで、シジミもよく使っていましたが……スーパーで売っているものとは、明らかにクォリティが違いますな。

しじみらーめん@神田・20170105・能書き
 シンプルな「潮」スープに、シジミの滋味が豊かに広がり、ワカメの風味が軽く絡んだ、なかなかの佳作。これが、600円強くらいで供されれば、「鬼門」突破も夢ではなさそうですが……880円とは、「超」強気。路上看板の口上では、「十三湖漁業協同組合」も協力しているようですし、シジミをタップリ入れても原価セーブできているんじゃないかしら……今度こそ、この地で長く続いてほしいと祈る、オジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR