新潟発祥 なおじ 御茶ノ水店@御茶ノ水・新御茶ノ水 「背脂中華黒のり」

なおじ@御茶ノ水・20170920・B1出口
 また、燕三条系のラーメンを出す店ができたとか。最近なんか多いなぁ……場所は、JR御茶ノ水駅聖橋口につらなる店舗街の一画で、東京メトロ新御茶ノ水駅B1出口(写真)からもほど近く。以前、「一心」とか「虎徹」とか、豚骨ラーメン店が入れ替わった場所ですな。
なおじ@御茶ノ水・20170920・店舗
なおじ@御茶ノ水・20170920・店内
 9月オープンのこの「なおじ」、以前に四谷三丁目新橋などに「なおじ」をだしていたグループのお店と思われますが、当時は豚骨系のラーメンでした。グループとしては新潟を中心に展開しているようで(本社は東京)、その中で徐々にラーメンのスタイルを確立し、あらためて東京に進出してきたのかな。
なおじ@御茶ノ水・20170920・券売機
 メニューは、「背脂醤油」「味噌」「つゆなし」の3系統、グループの公式HPでは味噌もなかなか美味そうですが、まずは基本の「背脂醤油」系から。燕三条系ですから岩海苔をつけたいところですが、この店のトッピングは「黒のり」で、しかも単品でトッピングすると120円なのに、「背脂中華黒のり」(820円)にすると基本の100円増しですむとか……よく分からない「なおじ」スタイル。とりあえずコイツを、ポチッとな。
なおじ@御茶ノ水・20170920・背脂中華なおじ@御茶ノ水・20170920・スープ
 最近ちょっと新潟系の新店が多いせいか、見慣れた感もある丼景色。まずは、スープを一口……豚骨を出していた当時からは見違えるような、シンプルでビシッとメリハリのついた味わい。カタクチとウルメを使ったという煮干し出汁、しかも一晩水出しした上「追い煮干し」まで加えられ、旨味・苦みが一体となりビシッと引き締まった力強い味わい。ベースのゲンコツ清湯も硬質なコクがなかなかで、これにかなり強めにカエシをきかせて、キレもシャープ。煮干し・ゲンコツ・カエシと、かなりカッチリとしたソリッドステートな味造りですが、これに背脂を加えることで、予定調和的に優しさが全体を包み込みます。
なおじ@御茶ノ水・20170920・麺
 麺は、太麺ストレート。食感・味とも「うどん」に近く、ツルリとした口あたりに力強いコシ、そして純朴な甘さが印象的。麺の断面も手打ちうどんのようで、「包丁切り刃」だという能書きもさもありなん。ソリッドなタッチのスープに、柔和な味・食べ心地の麺、非常に面白い取り合わせです。
なおじ@御茶ノ水・20170920・メンマ
なおじ@御茶ノ水・20170920・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ・刻みタマネギに、追加の岩海苔。驚いたのはメンマで、穂先が1本半も入ってコイツは豪華。ただ、クッキリとした味わいのスープに対して、さらにコントラストをつけようとしたのか、味付けが非常に濃いめ。個人的には逆に構えた方が良かったような気も。
なおじ@御茶ノ水・20170920・海苔
 黒海苔の効果は予想通りテキメン。岩海苔よりも旨味が強く、量によっては全体を破壊してしまうほど扱いの難しい食材で、煮干しの旨味と強烈にシナジーしますので、どうなることかと思いましたが……背脂がうまく「暴走」をコントロールし、ギリギリのところで馴染んでいます。

なおじ@御茶ノ水・20170920・能書き
 ベンチャー企業に求められる素養に「ピボッティング」と呼ばれるモノがあり、要するに狙った市場で何が受けるか、軸を大きくブラさない程度に試行錯誤を繰り返せと言う意味。かつて豚骨をテーマに東京でピボッティングを繰り返し、結局は一時撤退してしまいましたが……ま、豚骨はあまりに競合が多すぎる。しかし、新潟でピボッティングする中でスタイルを確立し、それを再び東京に問うた一品。新潟といっても同じ日本、燕三条ラーメンの本場で実績を積み選ばれてきたわけですから、さらにピボッティングすることを厭わなければ、かならず東京でも受けるでしょう。再訪し、「味噌」も必ずいただきます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

麺屋 すみす@半蔵門・永田町 「博多水炊きらーめん」

すみす@半蔵門・20170818・路地
 暑すぎて、放心状態の金曜夜。内幸町で冷やしでも食べようかと思いましたが、チョイと閉店時間に間に合いそうもなく、電車を乗り換え半蔵門の新店「すみす」2号店へ。場所は、半蔵門駅と永田町駅の中間あたりで、「ジョニーとリー」のほど近く。
すみす@半蔵門・20170818・店舗
すみす@半蔵門・20170818・券売機
 「すみす」といえば青山一丁目の名店、オープン当初は博多水炊きスープに鶏ブイヨンを合わせ、レモングラスで仕上げるという凝った一品が主力でしたが、ほどなく「博多水炊き」が主力メニューに。実はまだソイツを食べたことがなかったりして……迷わず、「博多水炊きらーめん」(750円)&「味玉」(100円)をポチッとな。店内は、貼り紙・置物等を極力排した、シンプルで清潔感ある内装。
すみす@半蔵門・20170818・水炊きすみす@半蔵門・20170818・スープ
 黄金色に輝く、見るからに美味そうな水炊きスープ。まずは、スープを一口……ほぼ毎日青山一丁目を通りながら、なんでこれを早く食べなかったかと、悔やまれるほどの極上品。「博多水炊き」といっても、鶏肉や野菜類を投入した後の「水炊き」ではなく、投入前に鍋で待ち構える、コラーゲンたっぷりの鶏白湯。味わいは実に濃厚にして芳醇、鶏油が加える程よいコッテリ感も文句なし、黒胡椒でグッと味を引き締めた上で、塩ダレによりコクに厚みを加えています……いやホント、世の鶏白湯スープの中でも特上の部類。ただちょっと、スープ量少なめなのが惜しまれますな。
すみす@半蔵門・20170818・麺
 麺は細麺ストレートで、いわゆる博多麺によく似たモノ。加水率低めの麺を、バリカタ程度にゆで上げてあり、最初はホクホクとした甘みがダイレクトに伝わります。そして後半は、スープを吸ってなんともふくよかな味わいに……後ろの席では若い衆が、ズバァ~~、ズバァ~~と麺をカッ込んでおりますが、この味の変化を楽しむために、少しゆっくりと食べ進むのがオススメですな。
すみす@半蔵門・20170818・チャーシュー
すみす@半蔵門・20170818・味玉
 具材は、鶏チャーシューにツミレ、キクラゲ・青菜に薬味のネギ、そして追加の味玉。鶏ムネ肉のチャーシューは、低温調理なのかシットリとした仕上がりで、シンプルな味付けながらなかなか美味い。味玉も、白身プルプルで黄身はネットリ、玉子本来の美味さを盛り立てるような味付けで、濃厚な鶏白湯に実によく合う。

すみす@半蔵門・20170818・カウンター
 鶏白湯ブームもいまや昔、その後担々系やパクチー、豚清湯など、目まぐるしく時代は動いていますが……豚骨魚介ブームの時もそうでしたが、ブームが過ぎ去った後に本物だけが生き残り、いつまでも変わらぬ輝きを放ち続ける。そうした「記念碑」的な一杯として、いつまでも残していただきたい一杯。「世界遺産」ならぬ、「ラーメン遺産」に指定しましょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

麺屋酒場 雷陣@水道橋 「雷陣ラーメン」

雷陣@水道橋・20170810・三崎町
 薄い雲を簡単に貫く夏の日差し、南から吹きつける湿った熱風、そして、それでも食べ歩いてしまうラヲタのサガ……三崎町の六差路(写真)を越えて真っ直ぐ九段下方向へ、目指すは新店「雷陣」。場所は、以前「さかえや」があったところで、ほとんど居抜き。
雷陣@水道橋・20170810・店舗
雷陣@水道橋・20170810・ポスター
 7月オープンのこのお店、麺の提供は午後14:30まで。総合格闘技「RIZIN」の「オフィシャル・サポーター」だそうで、店内・店外にはポスターや色紙・グッズなど多数展示。ま、三崎町はプロレスの聖地・後楽園ホールにも近いことから、昔からプロレス関係のお店が多く、こういうお店が出来ても全く不思議ではありません。
雷陣@水道橋・20170810・メニュー
 メニューの主なラインナップはご覧の通りで、麺量により多少値段が変わってきます。券売機は最新のタッチ式、とりあえず筆頭の「雷陣ラーメン」をポチッとな。そして麺量「並(150g)」(730円)で「太麺」を選択、カタさ・濃さ・油量も券売機で指定できますが、すべて「ふつう」として、トッピングに「煮玉子」(150円)を追加。なお、ライス1杯無料サービスです。
雷陣@水道橋・20170810・ラーメン雷陣@水道橋・20170810・スープ
 噂には聞いていましたが、見た目そのまま「イレブンフーズ」系のリスペクト。まずは、スープを一口……味も「イレブン」的ですが、多少アレンジされてますな。豚の背ガラ・ゲンコツから炊き出した半濁の豚骨、コッテリ感を抑えながらコクと旨味を最大化するスタイルで、なかなかよいダシが出ています。「イレブン」系と多少違うのはカエシで、薄口醤油ベースですが甘みを強調したモノ、それゆえ食べ手により好みが分かれるためか、卓上にはラーメンダレが用意されています。
雷陣@水道橋・20170810・麺
 麺は、太めの中太ストレートで、このあたりも「イレブン」的。多加水麺特有の滑らかなした麺肌が、旨味の強い豚骨醤油を敢えて弾きながら、スルッと入ってツルッとノド奥に消える潔さ。いかにも「東京豚骨」的なスタイルで好感が持てますが……もう少し塩が濃くないと、「東京豚骨」らしくないかも。ラーメンダレを加えても、塩より甘味が増してしまうところが、チョイとイタい。
雷陣@水道橋・20170810・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、ワカメ・キクラゲに海苔、そして薬味の刻みタマネギと、追加の煮玉子。バラ・ロールチャーシューは、ご覧のような大型・極厚で、その他具材構成含めて完全に「イレブン」リスペクト。ただ、スープの濃厚感がイマイチ弱いため、刻みタマネギがかなりウルサク感じられ、ワカメ・キクラゲも量が多くてかなりウルサイ。それに煮玉子は、驚くほどの薄味仕上げ、どちらかといえば薄味系のスープには、チョイと合いませんな……

雷陣@水道橋・20170810・卓上
 東京を代表するラーメン・スタイルのひとつ「イレブン」系、しかしなかなかリスペクト店が現れれませんでしたが……「豚骨清湯」ブームがささやかれるなか、ようやく登場。そういえば総合格闘技も、かつては様々なイベントが放送電波をにぎわせておりましたが、最近はやや沈静気味。若者の「草食」化が進んだせいなのかしら……そんなご時世には、甘めの「イレブン」リスペクトも、悪くないチョイスなのかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

お茶の水 大勝軒 BRANCHING@神保町 「中華そば」

大勝軒@神保町・20170803・交差点
 梅雨も明け、信じがたいほど強烈な日差しが降り注ぐ週末、この日差しをなるべく避けながら到達可能な宿題店を、アレコレ考えていましたが……神保町の新店「お茶の水 大勝軒 BRANCHING」に決定。神保町には3路線が乗り入れていますが、どの路線を使っても、地上に出ることなく専大前交差点(写真)近くのA2出口まで移動可能、お店はこの交差点から50mほど。
大勝軒@神保町・20170803・店舗
大勝軒@神保町・20170803・券売機
 7月オープンのこのお店、都内大勝軒系では代表格のひとつ「お茶の水 大勝軒」の支店になります。メニューは「中華そば」「特製もりそば」「あつもり」とトッピング。暑いので「もりそば」で行こうかと思いましたが……暑ければ暑いほど、アツアツを欲しがるのがラヲタのサガ。「中華そば」(750円)を、ポチッとな。
大勝軒@神保町・20170803・中華そば大勝軒@神保町・20170803・麺
 いつもならスープからイクところですが、大勝軒でも本流系の場合、私は麺からいただきます。では、麺をひと口……いやぁ~~、コレですよコレ、コレぞまさに大勝軒。ツルッとした口あたりに続く、ビビッドな躍動感、弾力があって多少重めの歯ごたえと、実にスピーディなノド越し。そして、スッキリとしながら、どこかフンワリとした優しい甘み……いつまでも食べていたくなる、唯一無二の「魔力」を持った自家製麺。
大勝軒@神保町・20170803・スープ
 スープは、豚に鶏を合わせたソフトな動物系に、煮干し・サバ節など魚介系を合わせたもので、どれも突出させない落ち着いたバランス感が、「本流」の証。ここから、動物系を強めたり魚介系を突出させたりと、様々なバリエーションを打ち出したお店が派生しましたが……この麺の「魔力」を引き出すための、バイプレイヤーに徹した穏やかな味わいこそ、大勝軒のワザの深さ。
大勝軒@神保町・20170803・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔にナルト、そして味玉半個に薬味のネギ。厚切りのバラロール・チャーシューはホロホロの柔らかさで、箸では持ち上がらないほど(持ち上げに失敗した破片が右下)。表面をグッと濃く味付けてあり、これをホロホロの肉身が吸ったスープの穏やかな旨味が引き立てて……いやぁ、コイツは美味い。メンマもまさに大勝軒スタンダード、シャクシャクとした歯応えと、醤油濃いめの味付けが、麺・スープの心地よい流れに、チョイとしたアクセントを加えます。

大勝軒@神保町・20170803・能書き
 唯一無二のこの麺を、いかに心地よく食べるかに、他のすべての要素が綿密に作り込まれた、「伝統」の一杯。大きめの丼に、多めの麺とスープ、穏やかな味わいに統合されていながら、苦も無く飽きも来ず、自然にスルスルとお腹に収まってしまう、この「さりげなさ」。毎日でも食べられそうな、この「さりげなさ」こそ、「食」の商品として最高の「到達点」と言えましょう。カウンターに置かれた山岸氏の談話、彼の笑顔が浮かんでくるようなその言葉の端々に、深く畏敬の念を感じます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

九十九里煮干つけ麺 志奈田@秋葉原 「純濃煮干つけ麺」

志奈田@秋葉原・20170706・交差点
 秋葉原の「田なか second」が6月下旬にリニューアルしたとか。しかし、あの店は結構な行列店でしたので、行列嫌いとしては1週間ほど間を開けて、雨の土曜にアプローチしてみました……結果、なんとか待ちなしで入れましたが、食後はご覧の通りの店外待ち。
志奈田@秋葉原・20170706・店舗
志奈田@秋葉原・20170706・券売機
 メニューは、「純濃煮干」「淡麗汐煮干」の「そば」「つけ麺」、「鴨脂煮干醤油」には「油そば」も用意され、「辣濃辛煮干つけ麺」もあるなど非常に豊富。それに、「勝浦タンタン麺」など、今後提供予定と思われるメニューも、結構目を引きますな……とりあえず、筆頭メニューと目される、「純濃煮干つけ麺」(890円)をポチッとな。フロア係の店員さんは非常に優秀、窮屈なカウンター角の席のお客さんを、別の席が空き次第移したり、店外待ちの客にも、どの程度で入れそうかそれとなく伝えたり……いろいろ食べ歩いていますが、これほど優れたオペレーションは見たことがありません。
志奈田@秋葉原・20170706・純濃煮干志奈田@秋葉原・20170706・つけ汁
 麺にのる、チャーシューの鮮やかな赤が印象的な丼景色。まずは、つけ汁を一口……コイツは「次世代セメント系」とでもいうべきか。トロッではなく、ホントにドロドロのこのつけ汁、煮干しの肉身のホッコリとした甘さを中心に、苦味やエグミまでそのまま深く融け込んでおり、明らかに煮干をすり潰してそのまま入れた「セメント系」。しかし、これを受け止める動物系もシッカリしており、さらに酸味をきかせているのが最大の特徴。この酸味により、「セメント系」特有の重さが和らぎ、醤油もさらにキレが増して、全体としてこれほどヘヴィなタッチなのに、結構リズミカルに食べ進めることができます。
志奈田@秋葉原・20170706・麺
 麺は、太平打ちのストレート。結構シッカリとした甘みがありますが、平打ちゆえつけ汁をドップリと持ち上げ、明らかに麺が負けてしまいますので、軽めのディップがオススメ(写真は失敗例)。麺を半分くぐらす程度で、ちょうどバランスが取れてきます。
志奈田@秋葉原・20170706・具材
 具材は、麺皿に薄切りチャーシュー、レモンと紫蘇(?)、つけ汁にはメンマ・紫タマネギが沈むほか、薬味のネギが少々浮きます。チャーシューは、低温調理したものを薄くスライス、この方が麺に絡めやすく、冷水でしめた麺にのせるので変色もなし、コイツはなかなかのアイディアですな。後半、レモンを麺にふりかけますと、つけ汁の酸味と呼応して、ますますキレた食べ心地になるのが、なんとも快感。
志奈田@秋葉原・20170706・スープ割
 スープ割をお願いすると、ご覧のような出で立ちとなって帰還。割スープは煮干し主体の魚介出汁のようで、「セメント」だった煮干しの「塊」が、のびやかに羽を広げ、風をまいてノド奥にスッと消えるような……いやぁ、見事なエンディング。

志奈田@秋葉原・20170706・卓上 煮干しを擂って、そのまま動物系スープに投入するという「セメント系」、その作りやすさからか、結構似たような商品をあちこちで見るようになっていましたが……さすが「田なか」(店名の「志奈田」は、旧店名の「志奈そば 田なか」の短縮形?)、そのトレンドをさらに一歩前に進めるイノベーション。「田なか」の前にこの場所にあった「福の神食堂」も、数々のイノベーションを生み出してきた名店でしたが……まさに秋葉原、新たな時代が生まれる「震源地」ですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR