二階堂@九段下 「冷やしイリコそば」(夏期限定)

二階堂@九段下・20170622・路地
 一日中曇ると、さすがにまだ6月初旬だと感じさせる肌寒さ。仕事帰りに、アツアツの煮干しラーメンでも引っかけに、九段下某店に行きますが……アツアツだったはずの限定は冷やしにかわり、しかも私の目の前の客で売り切れてしまうという悲劇。こういう時に私を救ってくれるのは、いつも「二階堂」さん。
二階堂@九段下・20170622・店舗
二階堂@九段下・20170622・限定メニュー
 すでにレギュラーメニューはコンプリートしましたが、季節に合わせたユニークな限定もこのお店の魅力。この夏の限定はご覧の通り、基本的に冷やしで攻めるようです。さっそく、「冷やしイリコそば」(780円)をポチッとな。
二階堂@九段下・20170622・冷やしイリコ二階堂@九段下・20170622・スープ
 ちょこんとのったレモンスライスが、何とも涼しげな丼景色。まずは、スープを一口……くぁ~~、コイツは美味い! レギュラーの「イリコそば」と同じ、イリコ(伊吹島産煮干)の独特な風味が、強烈に発揮された魚介出汁、不思議なことに少し動物性のコクを感じるのは、ラード(?)を麺に絡ませた上で出汁をかけているからで、当然冷たい出汁ですので、完全には溶け込まずホンノリとコクがにじむ程度。
 さらに、そこはかとなくレモンの風味がきいてますが、レモンスライスからのものではなく、意図的に果汁を加えたのでしょう。そして、カエシは白醤油、レギュラーの「イリコそば」ではやや強めに感じましたが、冷製スープのためか塩味が鈍りいい塩梅、スカッとしたキレがなんともはや。
二階堂@九段下・20170622・麺
 麺は、かなり太めの中太で、手もみによる平打ち縮れ。敢えて標準のゆで加減で仕上げて冷水で絞め、プリプリ・モチモチとしたビビッドな食感。透明感のある、スカッとしたクリアな甘みが、スカッとしたキレのスープに実によく合い、ツルリとしたノド越しを楽しむと、直後にイリコの芳醇なフレーバーが鼻を抜けます……いやはや、コイツは最高
二階堂@九段下・20170622・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、笹切りの白ネギに、レモン・キュウリ・カイワレをフィーチャーするという、夏限定ならではの演出。チャーシューは、オープン当初の極厚バラ肉から改良が加えられ、今はご覧のように見事な低温調理モノ。冷製スープですので余熱による変色もなく、豚の鮮烈な旨味を、最後まで存分に楽しめます。キュウリ・カイワレが加える「涼しさ」も、全くもって文句なし。

二階堂@九段下・20170622・卓上
 魚介出汁は、冷めてこそ本領を発揮するもの、そしてその良し悪しが、如実にわかってしまうもの。ただ煮干しを大量に使っただけの出汁は、冷めると苦味・エグミで風味・旨味がネジ曲がり、奇妙な味になってしまいます。まして、クセのあるイリコとなると……しかし、食材の特性をキッチリ捉えながら、正しい方法で正しく出した出汁でのみ、実現可能な味が、まさにこれ。私もこんな出汁をとってみたいなぁ……まずは通販で、伊吹島産煮干をポチッとな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

横浜家系ラーメン 武蔵家 御茶ノ水店@御茶ノ水 「ほうれん草増しラーメン」

武蔵家@御茶ノ水・20170619・臨休
 梅雨入りし、気温もいよいよ30度を超えてきた今日この頃、あまりの暑さに担々麺でも食べようかと森下・某店をのぞきましたが……臨休直撃。武蔵家@御茶ノ水・20170619・店前通り

 しかし経験上、気温上昇に体が付いて行かないこんな日は、冷やしなんかより濃いモノを食べるに限ります。そこで、御茶ノ水の新店「武蔵家」へ。明治大学のほぼ真ん前という、ラーメン店としては絶好のロケーション。
武蔵家@御茶ノ水・20170619・店舗
武蔵家@御茶ノ水・20170619・券売機
 5月オープンのこのお店、東京近郊を中心に多くの「武蔵家」やその流れをくむお店がありますが、山手線内で暖簾分け店となると、あまり思いつきません。メニューは基本的に「ラーメン」とそのバリエーションですが、目を引いたのがその安さ。「ラーメン 並」が650円というのもなかなかですが、「ほうれん草増し」がプラス50円というのは驚異的。最近ホウレン草トッピングは高騰しており、150~180円くらいとる店がザラになってきましたが……もちろん、「ほうれん草増しラーメン」(700円)をポチッとな。
武蔵家@御茶ノ水・20170619・レンソウ増し武蔵家@御茶ノ水・20170619・スープ
 「武蔵家」特有の、深い茶褐色のスープが印象的な丼景色。まずは、スープを一口……いやぁ、実に安定感のある仕上がり。「武蔵家」系特有の濃厚豚骨醤油、豚骨はほぼ完全乳化に近く、髄もすっかり溶け込んでザラツキもなく、濃厚なのに実にマイルド。やや強めの醤油がキレよりも深みを加えて、重厚な味わいなのにクリーミィな口あたりがモタツキを抑えるようなバランスで、非常に高い完成度のスープです。溶け出した髄が醸すホノ甘さがタマりませんなぁ……ただ、スープ量はずいぶん少な目。最近、別系統の都心家系でも驚きましたが、こうしてコストセーブするのが流行りなのかな。
武蔵家@御茶ノ水・20170619・麺
 麺は、家系では王道の酒井製麺製で、太めの中太で断面が偏平した、典型的な家系麺。「武蔵家」系は柔らかめが合うとは知りつつも、ゆで加減は「フツー」でオーダー、しかし結果的にもこれがベストに感じられたり。ゆでを深めることで生まれる麺肌の微妙なザラツキが、スープをドップリと持ち上げますが、「武蔵家」系でも標準的な濃さのスープですので、このくらいのバランスがベスト。家系麺特有の短めのカットが、食べ進めにリズムを生みます。
武蔵家@御茶ノ水・20170619・ホウレン草
武蔵家@御茶ノ水・20170619・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、海苔にホウレン草、そしてごくわずかに薬味のネギ。注目のホウレン草ですが、まずまずの増しっぷり、これ以上増すとスープとのバランスが取れないかも。これで50円増しとは驚異的ですな……しっかりゆでてあり、よくあるスジっぽさも皆無、搾り加減はややユルめですが、スープが濃いので問題なし。チャーシュー・海苔は、標準的なクォリティで可もなく不可もなく。

武蔵家@御茶ノ水・20170619・卓上 つい2~3年前までは、ラーメンが750円を超えると「ちょっと高いな……」という感覚でしたが、いまや750~800円でもあたりまえ、850円を超えるとさすがに抵抗感がある感じ。ずっと前から、デフレ基調は続いているはずですが、なんでラーメンだけが値上がりするのか……ラーメン店が相次いで値上げしたのは、穀物価格の上昇を理由にしていた時代で、昨今の人手不足に陥るはるか前。こんな理不尽な時代だからこそ、650円のラーメン、50円のホウレン草増しが光りますな……時代へのアンチテーゼとして、ぜひ頑張ってもらいたい。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

麺や すする 水道橋店@水道橋 「すするつけめん」

すする@水道橋・20170530・交差点
 まだ5月中旬だというのに、真夏のような暑さの土曜日。この日訪店予定はアツアツの一杯を出すお店でしたが……あまりの暑さに、移動途中に予定変更。水道橋の新店「すする」でつけ麺をいただくことに。場所は、かつて「肉屋」などいくつかお店が入れ替わったガード下。
すする@水道橋・20170530・店舗
すする@水道橋・20170530・券売機
 5月オープンのこのお店、本店は学芸大学にあり、その後「肉辛つけ麺」専門の2号店を出して、この水道橋店で3店舗目。メニューは「すするつけめん」と「らーめん」の2系統、つけ麺は中盛まで同価格ですが、とりあえず並盛の「濃厚魚介 すするつけめん」(880円)をポチッとな。
すする@水道橋・20170530・卓上
 店内はL字カウンターとテーブル席で客席半々程度、L字カウンターの角席に座りましたが……卓上アイテムの配置が悪く、箸以外には手が届きません。よくあることですが、よくないこと。
すする@水道橋・20170530・つけめんすする@水道橋・20170530・つけ汁
 まずは、つけ汁を一口……なるほど、「濃厚魚介」の冠に偽りなし、ですな。節系主体の魚介系、まるで節粉から直接煮出したような濃厚さで、いきおい渋味や酸味も出てしまっておりますが、それをモノともしない押し出しの強さ。動物系もシッカリしており、多めの脂分で分厚いコクを演出しながら、節系のエグミを上手く丸めてマイルドな味わいに仕上げています。
すする@水道橋・20170530・麺
 麺は三河屋製麺との共同開発とか、多加水で少し太めの中太ストレートで国産小麦100%。そのまま一口いただきますと……食感は三河屋さんらしくなく、モチッというよりズシッと重い歯応えで、噛めば寡黙な力強さで甘味がグイグイ広がる感じ。しかし口あたり、ノド越しには、三河屋さん特有のしなやかでスムーズなタッチが光ります。
すする@水道橋・20170530・麺上げ
 コイツをつけ汁につけ、ズバァ~~ッとイキますと……麺の低重心な甘さが、濃密な節系をかき分けグイグイ押し出すようなダイナミズム。つけ汁単体では気になった節系の渋味・酸味が、麺の甘みをギュギュッと引き締め、実に潔い食べ心地です。なお、麺量は並盛で200g前後(ネット情報では270gですが茹で後でしょう)、中高年には一応満足な量ですが、若い方には中盛がオススメ。
すする@水道橋・20170530・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔にネギ、そして麺の上に柚子が少々。肩ロース・チャーシューは非常にシッカリとした味付けで、単体でもツマミになりそう。ややカタめの食感が咀嚼を誘い、噛めばより一層豊かに味が広がります。白眉はネギで、敢えて最初からつけ汁に入れず、麺皿から後入れしながら麺に絡ませると、フレッシュな辛みと薬味が濃密な味空間に斬りこんで、実に鮮烈な印象。
すする@水道橋・20170530・辣油
 終盤、卓上の「指南書」(写真は下掲載)に従い「奇跡のらー油」をひとさじ投入、魚介主体のスープに辣油とはタブーに近い組み合わせですが、豊かな動物系の脂分が、すべてを上手くまとめてくれます。割スープはカウンター上のポットで提供、中身は薄めのカツオ出汁で、これで節系主体のスープを割るとは、イマイチ趣旨不明。

すする@水道橋・20170530・能書き
 オープン当初はブレもあったようですが、すでに2週間近く経ち安定して本領が発揮されている印象。敢えて節系のエグミをだした上で動物系により丸めるのは、いわゆる「豚骨魚介」の王道ですが……ギリギリまでエグミをだしながら、ギリギリのところで脂で寸止めしたような、「限界点」に挑戦する意欲的な一杯。ワザワザ自分で難題を生み出し、それを艱難辛苦の末に克服するという、まるで「世界の果てまでイッテQ!」的なアプローチですが……ラーメンもひとつのエンターテイメント、それはそれでアリではないでしょうか。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

ソラノイロ@麹町 「塩旨味出汁ソバ」

ソラノイロ@麹町・20170513・交通安全
 主力の醤油・塩を、2月にリニューアルした麹町「ソラノイロ」、先日醤油をいただいて、そののびやかな旨味に驚きました。これなら、さらに魚介系の演出が加わる塩は、もっと美味いに違いない、そう考えてあまり日を置かず再訪。いつものように麹町駅1番出口前の子供像にご挨拶、いつも暗がり&ピンボケだったので、今日はフラッシュ焚いてみましたが……やや不気味な映像に。
ソラノイロ@麹町・20170513・店舗
ソラノイロ@麹町・20170513・券売機
 20時40分ごろの訪店でしたが、店内満員で店外待ち、夜はお酒とともにユッタリ過ごされるお客様も多いので、少し待つことになります。約10分後に入店、もちろん「塩旨味出汁ソバ」(900円)をポチッとな。提供にもやや時間がかかったのですが、それも含めて店員さんが食前・食後にしきりに「お待たせして申し訳ありません」、いやぁ実に心地よい接客ですな。
ソラノイロ@麹町・20170513・塩ソラノイロ@麹町・20170513・スープ
 予想に反して、結構オイリーなスープ表面。さっそく、スープを一口……驚くべき旨味ですが、それをオイルが少し損ねてますな。ベースは醤油と同じで、熊本の地鶏「天草大王」と豚ゲンコツをつかった動物系と、真昆布などを使った魚介系のダブルスープ、しかしどちらも風味は主張させず、旨味のシナジーだけを前面に出す設計思想。「塩」ではこれに、鯛煮干しなどで香り付けした上に、タレにもアサリなど魚介を主に使い、旨味のシナジーは醤油以上、160kmクラスの剛速球が、さらに手元でビュンと伸びる感じ。
 ただし……鶏油とカメリアラードによる香味油は醤油と一緒ですが、これにマッシュルームオイルが加わることで、ちょっとオイル感が過剰気味。マッシュルームの香りはごくわずかで、逆にスープの旨味がオイルに隠されるようなバランスで……これは何とも惜しい。
ソラノイロ@麹町・20170513・麺
 麺は醤油と同じで、中太で平打ち気味のストレート。スープの旨味のせいもあって、国産小麦とは思えぬ甘みの強さで、歯切れ・ノド越しも文句なし。スープの持ち上げも素晴らしいのですが……序盤は、スープ以上にオイルを拾うため、こちらも甘みが隠れる感じ、しかし後半に向け、徐々に本領を発揮します。
ソラノイロ@麹町・20170513・具材
ソラノイロ@麹町・20170513・チャーシュー
 具材は、鶏・豚のチャーシュー2種とトマト、豆苗に紫タマネギ、それに能書きにはありませんがアオサ海苔がたっぷりと、薬味のネギ。トマトは「愛媛の山本さん」作とのことで、これが実に甘くてフレッシュな風味。アオサ海苔も非常に風味の良いもので、麺に絡めていただけば、フワッと独特の香りが口腔に広がります。チャーシューは醤油と共通で、言うまでもなく文句なし。

ソラノイロ@麹町・20170513・能書き
 食後になって、やや塩分が強かったことに気付きますが、これだけ旨味が強くて塩カドが立ちそうなところを、そう感じさせないのはオイルのおかげなのかもしれません。そのあたりは、「ソラノイロ」一流の計算なのでしょうが……非常に難しいかもしれませんが、オイルに頼らず、この旨味にピンポイントの加減で塩をのせて欲しかった。しかしまぁ、それもこれも非常にレベルの高い領域での議論でして、これほどの「塩」はそう滅多に食べられません。機会がありましたら、是非にも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

Echika fit NAGATACHO@永田町 「あっさり香る柚子ラーメン」

いち膳@永田町・20170503・路上看板
 GW前、例年のごとく激しい仕事の押し付け合いの末、結局みんな残業するという、例年通りの不毛な展開。今日は行きたい店があったけど、この時間じゃ……そう思いながらの帰り道、意識していなくても目が「ラーメン」の文字を探し求め、いつも通る永田町駅構内で、こんな立て看板に釘付けになりました。以前はなかったと思うけど……
いち膳@永田町・20170503・店舗
 駅ナカのフードコート「Echika fit NAGATACHO」、その中に入る5店舗のどこから供されているのかよく分かりませんが(レシート上の表記では「和 いち膳」かも)、「こってり鶏白湯ラーメン」(880円)と「あっさり香る柚子ラーメン」(880円)を提供中(メニューは下掲)。写真右のレジで先払いし、呼出機を受け取って席で待つ方式、店内は結構広いのですが、夜は軽く飲んでる人も多くいて、いつも結構な賑わい。
いち膳@永田町・20170503・柚子いち膳@永田町・20170503・スープ
 メンマがわりのエリンギに、どうしても目が行く丼景色。まずは、スープを一口……強めの柚子で、実にサッパリ。ベースは鶏ガラのようでスッキリとした風味、塩ダレもあまりヒネらずストレートにキレを加える形で、この「鶏塩」的なスープに柚子が相当強く効いています。おそらく、麺の上にのる柚子皮の効果だけでなく、柚子を入れてスープをとったか、あるいは柚子粉をタップリ効かせたか、そのくらいの強さ。しかし、「サッパリ感」の範囲で酸味を抑えてあり、バランスは悪くありません。
いち膳@永田町・20170503・麺
 麺は、やや細めの中太ストレート。少し柔らかめにゆで上げて、麺の甘みを最大限に引き出しており、それがスープの酸味で引き締まる感じが、なかなかグッド。素材の味わいとしてはやや平凡ながら、演出とコンビネーションで食べさせようという製作意図。
いち膳@永田町・20170503・具材
いち膳@永田町・20170503・エリンギ
 具材は、チャーシュー、エリンギ、味玉に、三つ葉・ネギと柚子がパラリ。写真ではチャーシューが1枚に見えますが、実は2枚が重なっており、厚さもあってそこそこボリュミー。ただ、バラ肉にしては結構かたくて食べにくい。一方、エリンギはシッカリと味付けしてある上に、表面部を少し炙ってあるようで、特有のにおいも抑えてあってなかなかの風味。味玉は、白身のみ味付け黄身は固ゆでになっており、半熟トロトロ的なメニュー写真とはかなり違います。

いち膳@永田町・20170503・メニュー
 「Echika fit」には、「日の陣」という肉汁そば(和蕎麦)を出す店もあり、ときどきいただきながら「銀座Echikaみたいに、ラーメンがあったらなぁ……」などと考えておりました。ところどころ、クォリティ的には「?」な部分もありますが、バランス的には悪くない一杯。コイツは近々、「こってり鶏白湯」も試さざるを得ませんな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR