あたりや食堂@岩本町 「雷々麺」

 広島原爆の日(6日)、私のような広島市出身者には特別な思いがある日ですが……アホ菅の演説を聞いて、脱力感。フラフラと岩本町「あたりや食堂」へ。

あたりや食堂@岩本町・神田川あたりや食堂@岩本町・柳原土手 場所は神田側沿いの南側で、江戸時代には柳の並木があったことから「柳原土手」と呼ばれたとか。

あたりや食堂@岩本町・店舗

 木枠のガラス戸で装った開放的な店構え、看板の「創業昭和23年」の文字が誇らしげです。お店でお聞きしたところ、「祖父が宮崎県都城市で開業した」とのこと。

あたりや食堂@岩本町・メニュー 筆頭メニューの「雷々麺」(700円)も、「宮崎の本店とココでしかやっていない」とのことで、本店オリジナル商品で東京初出店と言う訳ですな。もちろんコイツを注文、丼は約8分で到着。
あたりや食堂@岩本町・雷々麺
あたりや食堂@岩本町・麺姿 「餡タップリのジャージャー麺」的な出で立ち、コンセプト的には馬喰町「茨城スタミナラーメン 松五郎」の「スタミナ冷やし」に近いかも。

 軽くかき混ぜ、ジュルリッとイキますと……おぉ、これは面白い。挽肉の旨みがタップリ溶け出した醤油風味のピリ辛餡、かなり強めにニンニクが効いていますが……このニンニク、芯を残して加熱など下ごしらえせず無造作にすりおろした時に出る、金属的な辛味とほのかな苦みが少し感じられますが、これが餡の甘さとなんとも絶妙に合い、ちょっと田舎料理的な「純朴」さもあって、意外にクセになる味。

 ちなみに、餡に混じる具材はタマネギ、ニラ、細かく切り分けたさつま揚げなど。このさつま揚げが入るあたりが、鹿児島にも近い「都城発」的なニュアンスなのかも。

 麺はかなり太めの中太麺を使用、かん水量少なめの麺を柔らかめにゆで上げていますが、そのおかげで「ご飯」のようなホクホクとした甘みが強められ、当然のごとく餡に合います。もちろんこれなら、「雷々飯」(700円)もイケそうです。


 都心で宮崎ラーメンといえば、赤坂「ひょっとこ」くらいしか思いつきませんが、あちらは味がちょっと「華奢」な印象で、もう少し「野太さ」というか「野趣」が欲しいと思っておりました。そんな想いに、情熱的な味でガツンと応えてくれる一杯。
あたりや食堂@岩本町・宮崎発
 祖父にあたる方が屋台で始め、都城の店はお父さんが切り盛り、そしてお子さんが東京出店を陣頭指揮ということで、3代にわたる「伝統」の味。丁寧に説明して下さった女性店員さんも、クリっとした目のいわゆる「南方系」美人、南国のバイタリティーを感じます。この店なら、繁盛間違いなしでしょう。


 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR