井関屋@淡路町 「肉そば」

 抜けるような秋晴れの土曜日、絶好のウォーキング日和ということで、スタート点へ移動がてら腹ごしらえ。話題の新店、淡路町「井関屋」へ。
井関屋@淡路町・店舗
 「めん徳二代目 つじ田」のセカンドブランドということで、お店も「つじ田」神田お茶の水店の直ぐ近く。靖国通りに面して休日でも人通りが多く、商売的には絶好のロケーションです。
井関屋@淡路町・券売機
 券売機は店外入口右手、メニューは「中華そば」「肉そば」「煮干しつけめん」の3本立てで、「脂多め(背脂増し)」が指定できます。いつもなら「チャーシュー増し」厳禁の自己ルールですが、店にかかる看板も「肉そば」が筆頭ですし、今日のところは「肉そば」(950円)で。
井関屋@淡路町・ゆで卵
 卓上には1個まで無料のゆで玉子。殻をむきながら丼を待っておりますと、ほどなく声がかかりました……お隣の方のオーダーが先なんですが。どうもオーダーロストがあったようで、こういう時は申し訳なさもあって、食べる前から気分がのりません。
井関屋@淡路町・肉そば
 では、スープを一口……フワリと鶏ガラの風味が鼻をくすぐりますが、カッチリとした硬質なコクも感じられ、豚骨もそれなりに使っている模様。煮干しはジンワリとしたきかせ方ですが、醤油ダレはパンチを意識した強めの使い方で、麺の印象から「佐野系」と総括する声も多いようですが、スープだけとれば「喜多方系」とも感じます。
井関屋@淡路町・麺
 麺は三河屋製麺製、少し太めの中太麺で、ほぼストレート。「佐野・喜多方」といった多加水手打ちの麺とは異なり、ソフトな麺をさらに柔らかめにゆで上げており、ノビを感じさせる寸前の仕上がり。ま、こういうキレのあるスープには、こういう麺でも結構よく合う。しかし、甘みは素っ気ないもので、明らかにチャーシューとのコラボ待ちです。

 そして注目のチャーシューですが、厚切りが10枚近く入る豪華版。バラ肉でも脂身の多い部位を使っていますが、これをタレで濃く味付けながら非常に柔らかめに仕上げており、箸でつまめるギリギリの固さ。もちろん肉汁タップリで、麺との相性もバッチリですが……醤油強めのスープや、チャーシューの量の多さも手伝って、後半には飽きが来ます。

 サラリーマンや本屋めぐりの中高年も多いこの界隈、働き盛りにはチャーシュー・タップリの「肉肉」感を、中高年には「佐野・喜多方」的トラディショナルな「中華そば」感を、という訳で、マーケティング的にもよく考えられたお店ですが……いろんな想いが交差し過ぎているせいか、ややチグハグ感が漂います。品質だけで十分に訴求可能なチャーシューなのに、なぜか敢えて量にこだわってみたり、柔らかな麺に対して柔らかなチャーシューで受けてみたり……持てる「質」を使わず「量」で勝負し、「柔」の良さを「柔」で殺す。もうひとつ、「つじ田」的な冴えが発揮できていない印象でした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR