マルゴ食堂@新橋 「チャーシューそば」

 半日ブッ通しの会議で疲労困憊、あまり食べ歩く気にもならず、近場の新橋「マルゴ食堂」へ。
マルゴ食堂@新橋・店舗
 このところ、大井町「吉兆」や日本橋「ビーハイブ・ゲンキノモト」など、白河・喜多方系の手打麺のお店が続々とオープンしておりますが、「マルゴ食堂」も「青竹手打ち麺」がウリの新店。
マルゴ食堂@新橋・麺メニュー
 夜は、酒のアテもいろいろ出しておられますが、麺類のみの注文も可能です。麺類メニューは「中華そば」と「つけそば」の2系統、ちょいと疲れ気味でしたので、体に「喝」を入れるべく、「チャーシューそば」(780円)を注文。丼は、約8分で到着。
マルゴ食堂@新橋・チャーシューそば
マルゴ食堂@新橋・スープ
 では、スープを一口……透明感あふれるスッキリした味わい。鶏ガラ主体のアッサリした動物系を、フンワリと野菜の旨みが包み込んでおり、カエシもジンワリとしたきかせ方。後述する麺の印象とも相まって、いわゆる「佐野ラーメン」的なニュアンスが強い。
マルゴ食堂@新橋・麺上げ 麺は、中太の平打ち縮れ。かなり高めの加水率でプルルンッとした口あたり、粘りを感じさせる歯応えと力強い甘みが、「青竹手打ち」の証ですな。

 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔にネギ。チャーシューはホロッとした質感で、下味がシッカリついており、大判が4枚も入ってボリューム満点。メンマは一転コリッと固めの食感で、プルプルした麺と好相性。面白いのは、スープに浮かぶ「天かす」のようなもの(ネット情報では揚げた脂身とも)で、ホンノリとした甘みと香ばしさをスープ・麺に絡ませて、なかなかグッド。

マルゴ食堂@新橋・卓上
 縮れ麺ゆえ多少絡まりやすくはありますが、構わずワシワシ頬張って、弾力・甘み・ノド越しを存分に楽しむ……手打ち麺ならではの醍醐味ですな。その「醍醐味」を、邪魔せずそっと盛り立てるアッサリ・スープ、そんな「佐野」系の「エスプリ」を、上手く取り入れた一杯だと思います。昨今流行りの「極濃」スープ三昧で、「汚れちまったな……」とお嘆きのあなた、たまにはこんな一杯も、オツなもんでっせ。

 店舗情報は、こちら
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR