竹岡らーめん 梅乃家@新橋 「ラーメン」

梅乃家@西新橋・第一京浜 汐留イタリア街の広場から第一京浜に抜け、歩道橋を渡りますと、以前はかなりラーメン屋が集まっていた界隈に出ます。その一角に、あの竹岡式ラーメンで有名な「梅乃家」が進出とか。元千葉県民としてはもちろん見逃せません。早速訪店。
梅乃家@西新橋・店舗
梅乃家@西新橋・券売機
 メニューは竹岡式の「ラーメン」(醤油)に、「塩」「味噌」「担々麺」もラインナップ。それぞれの味で「つけ麺」もご用意と、やや「総花的」なメニュー構成。とりあえず、「ラーメン」(500円)と「味付き卵」(100円)をポチッとな。注文後、約2分でスピード配膳、ラーメン屋はこうでなくっちゃいけません。
梅乃家@西新橋・竹岡ラーメン
梅乃家@西新橋・スープ
 では、スープを一口……竹岡式と言えば、チャーシュ煮汁をお湯で割るだけという独特のスープ。しかし、豚の肉汁をタップリ含んでいる上に、たまり醤油独特の深いコクが加わって、結構飲み応えがあります。味はかなり甘めですが、醤油のニュアンスと上手くマッチ、見た目は濃そうですが、スイスイとレンゲが進むスマートな味。
梅乃家@西新橋・麺上げ 麺は、細麺の弱縮れ。竹岡式と言えば乾麺を使うことで有名ですが、このお店では生麺を使用。乾麺の場合はスープを麺に吸わせて味を表現しますが、この生麺は加水率を上げてあり、プリッとした口あたりを楽しませつつ、細麺ゆえの良好なスープ持ち上げで勝負しています。いや、コイツもナカナカ。
梅乃家@西新橋・チャーシュー 具材は、チャーシュー、メンマ、刻みタマネギに海苔・カイワレ、そして追加の味玉。特筆は何といってもこの厚めのバラ肉チャーシューで、グッと濃い味付けで肉汁タップリ、しかもスープがもともとチャーシュー煮汁がベースですから、このラーメンの構成要素すべてとジャスト・フィット。思わず「美味い!」と唸りました。刻みタマネギが加える「リズム感」、そして甘さもスープのニュアンスに良く合って、これぞ竹岡式の真骨頂。

梅乃家@西新橋・卓上 昨今の創作ラーメンとは、全く別次元で発想された、超「実用的」な一杯。味に味を重ね、食材のブランド・組み合わせに凝りまくり……そんな今風な、「メロディー」「ハーモニー」重視のラーメンも、それはそれで良し。しかし、暖簾をくぐってパッと頼めばサッと出て、クセになるよな醤油の「フレーズ」に、タマネギ・麺の「リズム」に「テンポ」、そしてチャーシューでガツンと「パンチ」を食らわせながら、懐に優しい「ワンコイン」……昨今のラーメンが「クラッシック音楽」なら、このラーメンは「レゲエ」か「ヒップ・ホップ」、街角からボブ・マーリーの歌声が、聞こえてくるようです。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

MBA/MOT取得は「昇進への近道」か?(後編)

 前回、①「終身雇用・年功序列」の会社に勤めていて、②転職や企業を志しているわけでもなく、③高度な社外教育を受けることが会社で制度化されているわけでもない人が、④ただ「MBA/MOTをとれば、将来の昇進に有利かも知れないし、経営企画部門への異動なんかも期待できるかも知れない」などとイメージするのは、大きな誤解だということをお話ししました。

 では、④も得られないのに、①②③に該当する人がMBA/MOTを取得する意味があるのか。結論から言えば、そういった人は「MBA/MOT取得」を目的とすること自体が間違いです。しかし、そういった人が結果としてMBA/MOTを取得する例は、少なくありません。では、彼らの「目的」は何なのでしょう?

 それは、自分の中にどうしても解決していかなければならない「問題」があるということです。それが、今属している組織内からも、自習・独学からも答えを引き出すことが難しい「問題」であり、経営戦略・会計・組織・マーケティング・産業論といった複数の領域について体系的な知識を必要とする「問題」である場合に、経営学や技術経営学の専門職大学院への就学が、「問題」解決への一つの「手段」として、検討の俎上に上がるのです。

 そういった「問題」があったとしても、前回述べたように、①②③に該当する人が社外で高度な教育を受けてくれば、会社内での立場はかなり難しいものになる可能性があります。また、本人も教育を受けた後には、自社の安穏としたコミュニティーに対して、強い違和感を感じるようになる可能性もあります。相互の「すれ違い」は、本人にとって相当のストレスになるかも知れません。

 非常に高額な授業料を支払い、「体が壊れるか、心が壊れるか、家族が壊れるか、仕事が壊れる」というほど時間に追われた苦学をし、その後も大きなストレスを日々抱え込むリスクを負ってでも、それでも取り組まなければならない「問題」があり、そのためにMBA/MOTといった領域の知識が必要なのであれば、問題解決の「手段」として就学は検討に値します。

 1937年、31歳の本田宗一郎はピストンリングの制作に行き詰まり、どうしても工学的な知識が必要と考えて、浜松高等工業学校(現・静岡大学工学部)の聴講生となりました。しかし、必要な科目だけ真剣に聞いて、他の授業には見向きもせず試験も受けなかったため、とうとう退学勧告を受けるハメになってしまいます。その時、宗一郎はこう言ったそうです。「免状をもらいに学校に来ているのではない。免状では飯は食えない」。①②③に該当する人も、MBA/MOTでは飯は食えない。しかし、あなたが抱える「問題」を解決する「手段」としてどうしても必要なら、大いに社外で学んでください。

(補)当時を振り返って、あの(現場一筋の)本田宗一郎がこうも言っています。「学問は学問、商売は商売と割り切っている人もいる。(中略) しかし学問が根底にない商売は一種の投機事業みたいなものでしかなく、真の商売を味わうことは不可能だといえないだろうか。」(「評伝 本田宗一郎」 野村 篤著 青月社)

評伝本田宗一郎―創業者の倫理と昭和ものづくりの精神評伝本田宗一郎―創業者の倫理と昭和ものづくりの精神
野村 篤

青月社 2008-11-18
売り上げランキング : 535445

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR