麺処 Hiro 博@人形町 「担々麺」

Hiro@人形町・雨の人形町
 金曜日、夜になって雨が雪に変わってきました。ホットな担々麺を求めて、人形町の新店「Hiro 博」へ。
Hiro@人形町・店舗
Hiro@人形町・券売機 暖簾にも「担々麺の店」とある通り、麺メニューも「担々麺」(750円)一本。

 「汁なし」や「黒胡麻」といったバリエーションも一切なしの一本勝負で、しかも売り切れ早仕舞いを宣言するあたり、ご主人の自信がうかがえます。

 一本カウンターの店内は少し薄暗く、カウンターの雰囲気からも、元はBarかスナックだったのかも知れません。約5分後、多少小型の丼が、お盆に載せられて到着。
Hiro@人形町・担々麺
Hiro@人形町・スープ
 では、スープを一口……おぉ、なんともドッシリとしたコク。芝麻醤は白胡麻主体のようですが、かなり深く焙煎している模様。さらに辣油も、八角や花椒の風味がクッキリと際立った、かなりキレ味鋭い一品ですが、芝麻醤のコクと甘みが豊かなために、両者シックリと馴染んでいます。コク・キレ・旨みの三拍子に香ばしさまでキッチリ揃った、結構完成度の高いスープ。
Hiro@人形町・麺上げ 麺は札幌製麺製、やや太めの中太縮れ。店外の能書きには、使用する素材や水、「真空ミキサー」使用といった製法の特徴が列挙されており、ご主人の入れ込みようが伝わってきます。確かに単体としてはクォリティに問題なく、ホンワカした甘みで優しい口あたりもマズマズですが……スープ単体で味が完成してしまっており、この麺の入る余地がないような。しかも柔らかめのゆで加減が、さらに麺の存在感を弱めてしまっているようです。具材は肉味噌と青菜に、すり胡麻がパラリ。

Hiro@人形町・店外能書き
 機械でもソフトウェアでも、モノづくりの世界ではよくあることですが、別々の会社が「部品」を持ち寄って組み合わせる場合には、作る「部品」に必ず「擦り合わせ」る余地を残すもの。一つの部品だけで「コダワリの完成度」を誇示されても、他の部品の作り手は、対応に苦慮するばかりです。こうした日本人の「擦り合わせ」能力が、80年代までの製造業発展の原動力だったのですが……いまやその「擦り合わせ」すらグローバルには通用しなくなった時代に、「擦り合わせ」以前のモノづくりを見せられたような、そんな気分。一度完成してしまったスープですが、これを札幌製麺製の麺とどう擦り合わせるか、日本人であるからには、ここは「職人」の腕の見せ所ですぜ、ご主人。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR