そこに「絆」はあるか―――「『3.11』から1年」に想う

恋しぐれ@自宅
 あの震災から1年。震災直後から「絆」という言葉がもてはやされているが、ずっと違和感があった。しかも、1年間様々な出来事を見聞きし体験するにつれ、その想いは強まっている。

 東北の方々は、本当に多くのモノを失った。家族、仕事、家屋、コミュニティ、そして清浄なる故郷を失った方も。だが、東北以外に住む国民は、(一見)何も失ってはおらず、今後も何も失うまいと必死になっている。

 「放射能」を理由に瓦礫受け入れを拒み、「放射能」を理由に東北の産品を拒み、「放射能」を理由に自主避難されてきた方々を疎み……失った人と、失うまいとする人、そこに「絆」はあるだろうか。むしろ「放射能」に名を借りた「心の壁」を自ら作り出して、「絆」を拒んでいるのではないだろうか。

 テレビで養老孟司氏が興味深い話をしていた。先の大戦では、全国が戦災に見舞われ、大多数の国民が多くのモノを失った。そして、誰もが否が応でも変化せざるを得ない状況の中で、様々な「共通の思い」(多くは「科学万能主義」など他愛のないものであったが)が生まれた。だが先の震災では、東北以外に住む人は(一見)何も失っておらず、自らを変化させる必要性を何ら認めないので、口先では何と言おうが、これからも変化することを拒むだろう。しかし、一人一人が認めようが認めまいが、原発事故が突きつけたエネルギー問題は、すべての国民に「変化」を迫るものだ、と。

 全ての者に「変化」が求められている状況下で、「失った人」と「失うまいとする人」の間で「共通の思い」を築けるか……いつか、変化に立ち向かう中で「心の壁」が取り払われ、「共通の思い」を分かち合える日が来るなら、その時はじめて、「絆」という言葉を使うべきじゃないだろうか。

 震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、多くのものを失われた方々に深くお見舞い申し上げます。

(写真は、震災直後から育て始め、夏に多くの花をつけた「恋しぐれ」)
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR