麺や ポツリ@大門 「こくまろ“油そば”」

ポツリ@大門・油ソバ・大門
 残業後、くたびれ果てて彷徨う大門の街、特にアテなどありませんが……そういや、ネットで見た「ポツリ」の油そばが美味そうでしたな……これまで、「中華そば」「つけ麺」といただいてきましたが、なかなかの実力でしたし。フラリと訪店。
ポツリ@大門・油ソバ・店舗
ポツリ@大門・油ソバ・券売機
 店に入ろうとすると、券売機の前に太ったリーマン。買い終わったころを見計らって店に足を踏み入れた途端、彼に思いっきり踏まれてしまいました。「ちょっと痛いよ」と小声でささやきましたが、どうやら私の足にのせたままの自分の足元が、突き出た腹が邪魔で見えない模様……そろそろ「W盛」は卒業した方がよくなくない? 痛む足に顔をしかめながら、券売機で「こくまろ“油そば”」(680円)をポチッとな。私は当然並盛です。
ポツリ@大門・油ソバ・油ソバ
ポツリ@大門・油ソバ・麺上げ
 調理段階で、麺とタレをよく混ぜてありますので、そのまま一口……うん、とってもマイルド。つけ麺に使っている鶏白湯的なスープのコクをベースに、塩味をサラリときかせて、一種「塩焼きそば」的な「コッサリ」感。とかく醤油を突出させがちな世の油そばとは、一線を画しています。麺は中太縮れで柔らかめ、甘みもシッカリある上に、タレとの絡みも言うことなし。
ポツリ@大門・油ソバ・混ぜ後 丼と一緒に供されるバスケット(写真は下掲)、辣油を取り出しふた回し、ザックリ混ぜ込みますと……キリッとした辛味がタマネギの辛味と上手くシナジーして、いいリズムが生まれます。さらに、醤油ダレを少し混ぜ込めば、卵でさらに優しさを増したコクに、クィッとエッジが立ってきて、適度にスピード感も出てきますな。

 具材は、チャーシュー、メンマ、挽肉に小松菜、そして海苔にネギ。炙りチャーシューは抜群の出来ですが、問題はこのメンマ。コリッと固めで単体では悪くありませんが、麺が柔らかいため食感的に馴染みにくい。しかも、飽きるほど量があって……気がつけば、タマネギなんかもちょっと多過ぎで、食後は口の中がヒリヒリ。

ポツリ@大門・油ソバ・バスケット
 この店のウリは、「並盛・大盛・W盛同額」ですが……世のラーメンは、「大盛無料」といってもスープ量は「並盛」程度だったりしますが、ここではなんとその逆で、具材の量を「大盛」に合わしてあるらしく、「並盛」では具材が多過ぎてしまうという、なんとも珍妙な結果。お店の誠意は十分伝わってきますが……あんな突き出た腹のリーマンを量産しないためにも、「W盛」は別額にした方が、世のため人のため、ひいては自作品のバランスのためになるのでは。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking

麺家 いし川@内幸町 「味玉ら~麺」

いし川@内幸町・内幸町
 翌日会議の準備も終わり、少しプレッシャーから解放された木曜日。内幸町駅から西新橋方向に歩くと、人影もまばら。目指すは新店「いし川」さんです。
いし川@内幸町・店舗
いし川@内幸町・券売機
 店外設置の券売機、メニューは「ら~麺」「つけ麺」「あえ麺」の三系統。入口から店内をのぞくと、どちらかと言えば「ら~麺」系を食べている人が多かったので、今日のところは「味玉ら~麺」(800円)で。丼は約6分で到着。
いし川@内幸町・味玉ら~麺
いし川@内幸町・スープ
 では、スープを一口……いや、ずいぶんとパンチのきいたお味。比較的濃厚な動物系、しかし鶏ガラの優しいコクがやや勝るようなバランスで、大勝軒系の動物系に通じるタッチ。これにサラッと魚介をきかせ、骨太な塩味のカエシで、ガツンと仕上げています。強い塩味とシャープな旨味の相乗効果で、グイグイと引き込んでいくような「リズム感」、このあたりはどこか「がんこ」系にも通じるタッチ。
いし川@内幸町・麺上げ
 麺はカネジン食品製で、玉子麺のように黄色い中太ストレート。パンと張った麺肌、プリプリッと口腔で踊る活きの良さ、このビビッドな食感が、アップテンポなスープによく合う。それでいて、ぺトッと人懐こい麺の甘みがあって、ソフトな動物系と上手く呼応するあたり、味の側面からもよく詰めてあります。
いし川@内幸町・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、味玉に海苔・ネギという、潔い構成。肩ロースチャーシューは濃い味がジックリしみたもの、メンマも醤油で濃く味付けてあり、味玉の味付けもまた濃い。スープ・麺が放つ強烈な「ビート」に、さらにワイルドにリズムを打ち込むような構成で、食べ進むほど「トランス感」が出てきます。

いし川@内幸町・カネジン
 強烈なビートで舌にリズムを刻みながら、麺量200gをあっという間に食べさせてしまうという、なんとも小気味良い一杯。しかも、具材による「打ち込み」が微妙な揺らぎをリズムに与えて、それがエモーショナルな「トランス感」を引き出していくという……なんとも「Groovy」な、この感覚。いやぁ、こういうスタイルのラーメンは滅多にない。この手法で、単調に陥りがちなあの油ソバ系をどう仕上げるのか、「あえ麺」を試す日が今から楽しみ。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR