つけ麺専門店 紫匠乃@門前仲町 「らーめん」(『白昼夢』編)

紫匠乃@門前仲町・20121227・富岡八幡宮
 先週に引き続いての週末出社、仕事も勝負ドコロにさしかかり、ゲンを担いで「大勝軒」あたりで一杯やりたかったのですが、2週連続でフラレてしまって、しばし呆然。それでも何とかゲンを担ぐべく、富岡八幡宮近くに移動、「深川めし」に激しく惹かれますが……久々に、「紫匠乃」に入って見ることに。
紫匠乃@門前仲町・20121227・店舗
紫匠乃@門前仲町・20121227・券売機 本店は亀有で、その後森下や門前仲町に支店を出し、当時(2006年頃)メニューは「紫つけ麺」一本。それからしばらくして「三田製麺所」など似たスタイルのつけ麺専門チェーンが生まれましたが、当時としては珍しい業態でした。その後森下からは撤退されましたが、門前仲町店はなんとか残っているようです。メニューには「カレーつけ麺」が加わっており、期間限定で「らーめん」も。「つけ麺専門店のラーメンは意外に美味い」という都市伝説もありますので、今日のところは「らーめん」(750円)で。丼は約8分で到着。
紫匠乃@門前仲町・20121227・らーめん
紫匠乃@門前仲町・20121227・スープ テラテラと妖しく光るスープ表面、丼から乱雑にハミ出すメンマ、なにか嫌な予感がします。まずは一口……私の過去の経験でも、まず間違いなく最も「異様」なモノの一つ。アレコレ書いても仕方ありませんが……太古の採集生活時代のなごりで、人が「苦味」「酸味」には本能的な拒否反応を示すことはよく知られていますが、さらに深く本能的に刻み込まれているのが、「闇」への恐怖。そして、このスープは「闇」そのもの……ドップリと浮かぶ油は無味に近く、そのぶ厚いヴェールの向こうに動物系スープの「気配」がしますが、微かに漂う獣臭以外、ほとんど何も感じられません。まるで闇の中で手探りするも、時折生温かい何かに指先が触れるだけのような……そんな「恐怖」。残念ながら、ふた匙以上はレンゲが進みませんでした。
紫匠乃@門前仲町・20121227・麺
 麺は自家製の太麺平打ちで、強く縮れ・捩じれがついたもの。これがドップリと油をまとい、持ち上げなくてもよいのにスープをシッカリ持ち上げて、ヌメッとした感触を残しながらノド奥に消えていきます……コシや弾力はキッチリしていますので、きっとよい麺なんだと思いますが、あまりにもスープのインパクトが大きすぎますな。
紫匠乃@門前仲町・20121227・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、味玉1個にナルト、そして海苔にネギ。その昔、この店の大きな特徴は、注文ごとに鉄板で焼きを入れて出すチャーシューでしたが、今は作り置きのモノ。しかし、味は意外にシッカリしており、表面と中身のメリハリもキッチリついて、食感もマズマズ。これを口にして「ハッ」と我にかえりましたが、残ったスープと麺を恨めしく眺めるだけでした……

紫匠乃@門前仲町・20121227・卓上 店内はほぼ満員、「らーめん」の注文もいくつか入っており、何気ない家族の会話も聞こえる、ごく当たり前のラーメン屋の光景ですが……私にだけ、見えてはならないものが見えてしまったような、そんな「恐怖」。きっと大きくブレた一杯なんだと自分に言い聞かせ、気持ちを切り替えて席を立つ際、ふと見た隣客のつけ汁は、テラテラと妖しい光をたたえていたのでした……

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

鶏そば 初代 風見鶏@神保町 「味玉濃厚鶏そば」

風見鶏@神保町・20121225・裏通り
 朝から雨の土曜日、例によって地下道ウォーキングを始める前に腹ごしらえ。趣きのある神保町の裏通りを抜け、某店の限定を狙いましたが、あえなく売り切れ。次に訪れた新店も、設備工事のため臨休で、雨の中立ち往生……そう言えば、撤退した「北かま」跡地に大手チェーン系の関連店が入ったとか。早速訪店。
風見鶏@神保町・20121225・店舗
風見鶏@神保町・20121225・券売機
 12月3日オープンのこのお店、資本系の店らしく小ざっぱりとした外装、内装も前店からすっかり変わり、小料理屋のような雰囲気です。メニューは鶏そばが「あっさり」と「濃厚」、それに「つけそば」の3系統、スープの違いを訊ねると、「あっさり」はローストした鶏ガラのみ、「濃厚」はこれに通常の鶏ガラも混ぜて炊き込んでいるとか。ローストしたガラを使うのは同資本チェーンの特徴で、「あっさり」はなんとなく味が想像できそうでしたので、今日は「おすすめ」マークの「味玉濃厚鶏そば」(830円)で。丼は約5分で到着。
風見鶏@神保町・20121225・濃厚鶏そば
風見鶏@神保町・20121225・スープ
 では、スープを一口……やや半透明なこのスープ、鶏白湯のような鶏の風味を全て引き出す「全方位的」な濃厚さではなく、キレイに旨みだけを抜き出して濃縮したような、そんな味わい。ローストした鶏ガラの香ばしさもたしかに感じられ、コレにポテッと溶け込む鶏の風味も、スッキリとしていてクセがありません。ただし、もう一つコクに重み・深みがないような……能書きにはカエシの記載がありませんが、そのあたりに「隙」が潜んでいるようです。
風見鶏@神保町・20121225・麺
 麺は、中太ストレート。コシが強く、ポリポリと軽快な歯切れの麺で、スキッと淡白な甘味……たしかに、この大手チェーンが急成長していたひと昔前、「鶏そば」といえば、こういう麺を合わせるのが常道でした。しかし、今や「濃厚」な鶏そばには、フカッとソフトで粘りのあるしなやかな麺を合わせるのが流行りですので、なんとなくチグハグ感がありますな……ことほど左様に、食べ手なんてものは流行に左右されやすいもの。
風見鶏@神保町・20121225・具材
 具材は、鶏チャーシュー、メンマ・味玉に、笹切りネギと水菜、そして糸唐辛子が少々。鶏チャーシューは、鶏の風味がギュッと詰め込まれたような美味しさで、よくあるパサパサの一品とは全く次元が違います。メンマも穂先を使い、キッチリ濃いめに味付けて、全体にビシッとメリハリを与えています。風見鶏@神保町・20121225・味玉

 さらに注目はこの味玉で、黄身はトロトロ、濃い味付けながら玉子本来の風味がよく活きていて、これは相当にハイレベル。これら具材に関しては、昨今流行りの鶏白湯専門店の、さらに一段上をいくクォリティと言えましょう。

風見鶏@神保町・20121225・卓上 ベーススープの素性の良さを、カエシと麺で引き立てる。その手法にやや「古さ」があるために、流行の「最先端」からはちょっと取り残されたような、そんな味わい。ただし具材は、「最先端」のさらに先を行きそうな勢いのクォリティで、そのチグハグさがなんとも惜しい一杯ですな……なにがなし、急成長した経済を背景に、最新鋭の武器を配備しながら、組織・指揮命令系統は旧態依然とした、現代の中国「人民解放軍」を見るような心持ち。過去の成功体験に囚われず、もう一段ハジけてほしい、一杯でした。

 店舗情報はこちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR