元祖博多チャンポン ハカタノチカラ@銀座一丁目 「ハカタノラーメン」

ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・銀座1丁目
 雨の土曜日。午後の会合前に、麹町へ回り道して「一杯」やろうと思っていましたが、どうやら時間がありません。目的地の銀座一丁目近辺で済ませることにして、久々に「ハカタノチカラ」へ。
ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・店舗
ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・券売機
 あの「一風堂」を運営する「力の源カンパニー」がオープンさせた、チャンポン専門店。もちろん主力メニューは「チャンポン」系ですが、17時までの限定で「ハカタノラーメン」(650円)を提供中。急いでいたので、博多麺使用でゆでオペの早そうなコイツを、ポチッとな……しかし、厨房のオペレーションは「チャンポン」優先のようで、10分ほど待たされてようやく丼到着。
ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・ラーメン
ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・スープ
 では、スープを一口……う~~む、いわゆる「博多豚骨」ではありませんな。この店が「チャンポン」に使っているのは、豚骨と魚介出汁を合わせたもの。「一風堂」系豚骨のスマートなコクに魚介の旨味がシックリ馴染み、キレ味を増した醤油ダレがスピード感を加えて、イイ感じを出していましたが……これに背脂が加わることで、豚骨のコクや魚介の旨味が弱まって、醤油ダレだけが上滑りしているような、そんな印象。
ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・麺
 麺は極細のストレート。注文時に麺は「カタめ」で注文しましたが、仕上がりは「ハリガネ」かそれ以上。まぁ、この方が麺の甘味がストレートに引き立って、キレが強調されたスープとの対比がちょっと「長浜」っぽくもあり、バランス的にはアリですな。ただし、こういう方向性だからこそ、余計に背脂がジャマに感じられるのも、また事実。
ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、モヤシ、ゆで玉子にネギ。バラ肉チャーシューは、肉汁タップリでまずまずの仕上がり、ネギも博多ネギにしては少し小径のものですが、まずまず博多っぽい雰囲気は出ています。ただし、モヤシはスープの「上滑り」感を多少和らげてくれますが、その存在自体が博多っぽくありません。

ハカタノチカラ@銀座一丁目・ラーメン・卓上 「チャンポン用スープを少しだけアレンジして、博多ラーメンっぽく仕上げてみました」的な、「まかない料理」風の一杯。しかし、独立系で本格的な博多ラーメンを出す店も多くなり、「一風堂=博多」的なブランド認識も、すこしずつ変わってくるかもしれません。いわゆる「ファースト・ムーバーズ・アドバンテージ」(先行者利益)が揺らぐなか、こういう「洒落」がどこまで通じるか、少し戦略的に考える必要があるようで。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR