自分仕立てラーメン 康竜@銀座 「自分仕立てラーメン」

康竜@銀座・自分仕立て・銀座
 おそらく今年最後のヤマとなった(であってほしい)激務の一週間。長時間会議を終えても、次々と追いすがってくる残業の山をふり切って、金曜夜の銀座へ……街はすっかり、クリスマス・イルミネーション。お気に入りの某店をのぞいてみましたが、例によって大行列。それではと訪れたのは、11月27日にリニューアルした銀座「康竜」。
康竜@銀座・自分仕立て・店舗
康竜@銀座・自分仕立て・券売機 なんでも、「自分仕立てラーメン」のトッピングが拡充され、さらに卓上アイテムも一新したとか。内装・外装は変更ありませんが、まるで新規オープンのようなお花の数々。まずは券売機で「自分仕立てラーメン」(800円)を、ポチッとな。康竜@銀座・自分仕立て・注文票

 店内は結構盛況で、待ち客も3名ほど。これならすぐ座れると思っていましたが、結構オペレーションが混乱しており、10人分ほど席が空いたところでようやく通されたのが、よりにもよって「デッド・コーナー」(*)……なんでまた。とりあえず、渡された「お好み表」に記入開始、トッピングは「メンマ」「味玉」に「あおさ」「キムチ」をつけてみました。ほぼ毎回配膳ミスをする店員をハラハラ見守るうち、約7分で丼到着。
康竜@銀座・自分仕立て・自分仕立てラーメン
康竜@銀座・自分仕立て・スープ
 では、スープを一口……前回ここで食べたのはずいぶん前で、味もすでに忘却の彼方ですが、その時は「重さ」が少し気になったような。それに比べると、「油加減=あっさり」指定の御利益か、結構ライトなイメージ。豚骨のコクは相変わらず弱めですが、カエシがかなりキツめに効いており、相当ショッパイ。
康竜@銀座・自分仕立て・麺
 麺は細麺ストレート。「麺の硬さ=硬」指定通り、バリカタ程度のゆで加減、ツルリとした麺肌ですすり心地も良く、比較的上品な甘さと味わい。コシもキッチリ感じられて、なかなか良質な麺です。
康竜@銀座・自分仕立て・具材
 具材は、指定したモノの他に、チャーシューとネギ。特にキムチとアオサには期待していましたが……キムチは、魚介類やニンニクの風味が弱い、いわゆる「和風」テイストの一品で、コクと辛味がグッと加わるという期待は見事に空振り。アオサにも磯の香りがほとんどなく、味玉も平均以下のクォリティ。唯一、メンマがコリッとした食感で、固めの麺によく合います。

康竜@銀座・自分仕立て・卓上 具材によるこれ以上の「混乱」をさけるため、卓上の無料トッピングには手を出しませんでしたが……「枯れ木も山のニギわい」的なバリエーションとクォリティ。なにがなし、ひと昔前のパッケージ・スキーツアーで出された、「バイキング・ディナー」のような寂しさがありますなぁ……まぁ、デフォの「ラーメン」に100円増しで具沢山、加えてどの具材も個性派ぞろいなんて「美味しい」話は、そうそうあろうはずもありません。

 店舗情報は、こちら

(*)「デッド・コーナー」……カウンターの曲がり角に座席が詰め込まれ、角席に座ると三角形しか卓上スペースがなくなるという、恋人・友人連れ以外には不向きな席。

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR