旭川らーめん 味乃やまびこ 嶋@小川町 「熟成正油らーめん」

嶋@小川町・20130119・明治大学
 土曜は快晴で、絶好のウォーキング日和。正月の自堕落な生活で体内に鬱積したモノどもを、燃やしてしまわねばなりません。その前に腹ごしらえということで、小川町の「味乃やまびこ 嶋」へ。場所は、以前「三四郎」があったところ。
嶋@小川町・20130119・店舗
嶋@小川町・20130119・券売機 ネット情報では、有名な旭川の製麺所「加藤ラーメン」の直営店とか。12月初旬にはオープンしていましたが、その後改装工事があった関係などで、私はすでに2回フラれております……オレンジ色の暖簾を前に、ホッと一息。メニューは「熟成正油」と「こくうま熟成正油」の2系統で、後者には背脂が加えられているとか。とりあえずは、筆頭メニューの「熟成正油らーめん」で。嶋@小川町・20130119・能書き

 厨房は3人で切り盛り。ほぼゆで上がった麺をつまんで確認し、さらに一本頬張って確認し……これを注文ごとに繰り返すほど、麺の仕上がりにはナーバスな製造工程。その割に、スープの味見はしませんな……さすが、製麺所直営店。丼は約6分で到着。
嶋@小川町・20130119・熟成正油らーめん
嶋@小川町・20130119・スープ
 では、スープを一口……口あたりはアッサリしていますが、魚介や野菜のその先で、豚骨の深いコクがニッコリ微笑んでおります。醤油ダレは比較的強めですが、キレを加えるというよりは、豚骨にヤンワリ「彫り」を加えるような軽妙なタッチ。ベースといいカエシといい、明らかに麺を「主役」に据えた配役ですな。
嶋@小川町・20130119・麺
 麺はもちろん旭川「加藤ラーメン」製で、低加水の中太縮れ。この製麺所の麺は、ほんの少し「ボソッ」とした食感が特徴で、私が千葉在住時代に通っていた店でも使っていたため、個人的にはホントに懐かしい。加水率もあって小麦の甘味がハキハキとダイレクトに伝わってきて、これを豚骨醤油がヤンワリ包んで……食べ進むほど、美味しさが増していく感じ。
嶋@小川町・20130119・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマにネギ。肩ロース・チャーシューはやや固めの食感でジックリ味のしみたもの、噛み込むほどに豚骨醤油とジンワリ馴染んで、なかなかグッド。本当は、味玉なんかをトッピングしてみたいところですがメニューになく……今後に期待。

嶋@小川町・20130119・垂れ幕 久々に、麺が主役の一杯をいただき、その麺も大好物の旭川・加藤の麺とあって、大満足。それに豚骨にも、どこか旭川っぽい「野趣」があって……旭川といってもイロイロなタイプがあるようで、豚骨強め、魚介強め、焦がしラードなどなど。その中でも、麺・豚骨が主役で都内「旭川」系といえば……かなり豚骨強めでしたが、例えば広尾の「Shirokuma」とか(修業先は旭川「天金」)。明治大学のおひざ元で、若い人にウケる味とは思えませんが、都内では比較的珍しいタイプの旭川系。旭川ラーメンに興味のある方は、是非。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR