香味徳@銀座一丁目 「牛骨油そば」

香味徳@銀座一丁目・20130615・路地
 金曜夜、残業が長引き宿題店も営業終了、空きっ腹をかかえて銀座一丁目を歩いておりましたが……そういえば、「香味徳」が限定で油そばを出していることを思い出しました。
香味徳@銀座一丁目・20130615・店舗
香味徳@銀座一丁目・20130615・メニュー
 銀座とはいっても、銀座一丁目駅よりさらに京橋より、夜は人通りも少なく商売には不利なロケーションですが、ワンコインデーを作ったり限定を出したり、なかなか頑張っているお店です。狙い目は「牛骨油そば」(700円)、少なくとも個人的には、牛骨風味の油そばは初体験です。
香味徳@銀座一丁目・20130615・牛骨油そば
香味徳@銀座一丁目・20130615・タレ
 「牛骨油」と薄口醤油を使った半透明なタレ、コイツをサックリと麺にまぶして、一口ヂュルリ……ムワッと押し寄せるような牛骨風味、個人的にはイヤミに感じるギリギリのレベルですが、多めのブラックペパーが臭みを抑え、薄口醤油のキレでモタレを切り刻んで、なんとかバランスを取っています。しかし、多少無理があるのか相当塩っぱく、キリキリとした塩カドが結構辛い。
香味徳@銀座一丁目・20130615・麺
 麺は、やや太めの中太弱縮れ。油そば向けに多少柔らかめにゆで上げてありますが、コシの強さと歯切れの軽快感はさほど損なわれていません。甘味にも力強さはありますが、タレがこれほど塩っぱいと、なかなか落とし所がないようで。
香味徳@銀座一丁目・20130615・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、味玉半個にモヤシ・水菜、そして薬味のネギ。チャーシューは炙ってあるような色合い、濃い味付けで単体としてはなかなか美味ですが……タレの濃さとダブる感じ。この「濃い」空間にあっては、モヤシ・水菜のサッパリ感が唯一の救いですな。

香味徳@銀座一丁目・20130615・卓上 「牛骨油」とはあまり聞かない名で、どのように作られるのか知りませんが、驚くほど濃厚な風味。ただ、その「秘密兵器」があまりに強力すぎて、客の舌を驚かす前に、自らのバランスを傷つけてしまったような、そんな一杯。「核・BC」みたいな「最終兵器」では、語り出す前に物語が終わってしまう。もう少し「通常兵器」に近い世界で語り出していただければ、調味料、麺、具材が、上手く物語を語り継いでくれるんじゃないでしょうか。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR