番外編: ある讃岐うどん屋さんの「怪メニュー」

 豊洲で仕事する機会が多く、昼食や帰りがけに豊洲にある讃岐うどん屋さんで一杯ひっかけることが結構あります。
讃岐うどん@豊洲・20130901・店舗
 お昼時や休日の夜はかなりの行列になるお店でして、注文口でメニューを告げれば数秒後には手渡され、お好みの揚げ物なんかをピックアップして会計するシステム。メニューはこんな感じ。
讃岐うどん@豊洲・20130901・メニュー
 「豊洲名物!!」と冠された「こだわりあさりうどん」や、「おすすめ!!」の「豚しゃぶ胡麻ダレ」などが目を引きますが、実はこれらを頼んでも、私の場合はいつも売り切れ。1日何食限定などの表示もないし、「売り切れ」表示されているところも見たことがありません。この日も下のような表示なのに、元気一杯「売り切れ」通告。
讃岐うどん@豊洲・20130901・メニュー2
 しばし行列に並び、自分の後ろにも何人もの行列ができた状態で、店員に悪びれもせず「売り切れです」と告げられて……結局、困惑しながらレギュラーの「かけ」や「ぶっかけ」にしてしまうことに。

 そんなことが2度続き、その後は逆に実験として、最初は常に「こだわりあさりうどん」を頼んでみることにしていますが……これまで曜日を変えて4回実験し、結果はすべて「売り切れ」。このメニュー、ほんとに「実在」するのかしら……ま、要するに、いかにも原価率が高そうな「あさり」なんかはごく少数の販売で、これらに釣られて並んだ客に、後客のプレッシャーをかけながら売り切れを突然告げて、原価率の低いレギュラーメニューに誘導しようということだったりして……

 数量を限定した販売の場合に、ラーメン屋さんが「1日30食」などと表示したり、売り切れたら即座に券売機の表示が変わるようにしていたり、券売機で食券を買ってから(売り切れでないことを確認してから)行列に並ぶように誘導されているのは、実は「不当景品類及び不当表示防止法」という法律があり、公正取引委員会というコワ~い組織の「おとり広告に関する表示」「『おとり広告に関する表示』等の運用基準」というお達しがあるからで、

 「おとり広告」とは、
取引の申出に係る商品又は役務について、取引を行うための準備がなされていない場合その他実際には取引に応じることができない場合のその商品又は役務についての表示」や、
取引の申出に係る商品又は役務の供給量が著しく限定されているにもかかわらず、その限定の内容が明瞭に記載されていない場合のその商品又は役務についての表示」であって、

 「広告、ビラ等において写真等により表示した品揃えの全部又は一部について取引に応じることができない場合 」は「取引を行うための準備がなされていない場合」に該当するし、

 「販売数量が著しく限定されている場合には、実際の販売数量が当該広告、ビラ等に商品名等を特定した上で明瞭に記載されていなければならず、販売数量が限定されている旨のみが記載されているだけ」でも、「限定の内容が明瞭に記載されているとはいえない
 なんて、コワ~いことが書いてあるから。

 券売機を使わない讃岐うどん屋さんのような商売では、特に気をつけた方がよろしいかと……

# 味は結構よい店なので、豊洲から消えると私は寂しい……

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR