麺家 一なり@新橋 「茎わかめラーメン」

一なり@新橋・20131031・新橋
 台風の接近で、雨が降ったり止んだりの金曜日。ランチ・タイムに新橋の某新店を狙いましたが、会社を出る直前にザザッと降り出して断念。夜に再度狙って、今度は満員で断念……ま、好きなもの食えとの「お告げ」ですな。それならと、気になっていたメニューがあった横浜家系「一なり」へ。
一なり@新橋・20131031・店舗
一なり@新橋・20131031・券売機
 昨年7月オープンのこの店、直後に訪れて「濃厚豚骨ラーメン」をいただき、そのワイルドなタッチが気に入りました。しかし、「伝統継承」を打ち出すこのお店の看板は、券売機筆頭の「茎わかめラーメン」(750円)、これを食べなきゃ失礼というもの……あれから1年間、大変失礼しました。券売機の前で最敬礼、あらためてコイツをポチッとな。
一なり@新橋・20131031・茎わかめラーメン
一なり@新橋・20131031・スープ
 では、スープを一口……なんか、ますます美味くなっている印象。オープン時よりは豚骨の「濃厚感」は和らぎましたが、逆に豚骨臭さが加わって、「パンチ力」は増したような。カエシも相変わらず「強気」の使い方ですが、以前のような過激さはないものの、むしろ伸びやかな力強さが加わって、トータルとして「伸びやかなパンチに連打される」ようなインパクト。さらに後半、コイツが味変します。
一なり@新橋・20131031・麺
 麺は、家系にしては少し細めですが、丸角・平打ちストレートの典型的な家系麺。オープン時、カタめ指定で「超カタ」が出てきて驚きましたが、今日は指定通りキッチリとカタめのゆで上がり。グイグイと主張する甘みは相も変わらず、スープとキッチリバランスしてます。いやぁ、このバランス感は実にイイ!
一なり@新橋・20131031・具材
 具材は、茎ワカメをゴッソリ盛って白ゴマをパラリ、あとはチャーシュー、ホウレン草、海苔にネギ。なんといっても注目は茎ワカメで、硬すぎず柔らかすぎず、適度なコリコリ感でリズミカル。そして、麺・スープに絡めて口に含んだときの、味の広がり……ワカメは煮出すと溶けるので出汁とりには使えませんが、うまみ成分の含有は昆布並み。コイツが噛むほどに、スープと麺の味わいをさらにマロやかに、そしてノビやかにして……いやぁ、これは美味い、お見それしました。

一なり@新橋・20131031・ポップ 家系の系譜には疎いのですが、ネットによれば茎ワカメは「川崎家」から「まこと家」などに受け継がれているようで、この店もその「伝統」を継承しているのかもしれません。しかし、決して奇をてらっただけの食材ではなく……昔、金田伊功というアニメーターがいて(09年逝去)、彼が手がけるとキャラクターに驚くほどの躍動感やダイナミズムが加わり、その天才的な演出を「金田跳び」「金田パース」などと呼称して崇めたものですが……この茎ワカメは、まさに家系における「金田演出」。また1年後に来れば、さらに驚きの展開が待っているかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

麺屋 神 中川會@神保町 「中華そば」

中川會@神保町・20131029・路地
 夜から雨との天気予報でしたが、気まぐれな動きの台風のせいで見事にハズレ。こういう日は人気店も客が少ないもの、思い切って神保町の新店「中川會」を訪店しました。場所は、靖国通りから一本南に入った裏通り。
中川會@神保町・20131029・店舗
中川會@神保町・20131029・券売機
 なぜ「思い切り」が必要かといえば、住吉の本店が大行列店で、私が大の行列嫌いだから。2年半前のオープン当初はそうでもありませんでしたが、あれよという間に評判が広がり大繁盛、曳舟に二店舗目を構えた後、この神保町店で三店舗目。神保町店のコンセプトは「鶏+牛」だそうで、特に「中華そば」(700円)がおススメとか。もちろんこのイチオシを、「味玉」(100円)と一緒にポチッとな。店内は先客1名のみ。
中川會@神保町・20131029・中華そば
中川會@神保町・20131029・スープ
 では、スープを一口……いやぁ~~、コイツはなんとも「画期的」な美味さ。牛ガラスープの難しいところは、牛骨風味にクドさが出やすく、牛脂でコクが重くなりやすいところ。その点このスープは、鶏ガラでアッサリ感を加えつつコクに柔らかさを加え、さらにご主人のお話では、牛脂と鶏油のバランスをとってあり、全く重さを感じさせない口当たりに仕上がっています。カエシもキレより旨味・甘みを重視、やや旨味過剰ながら牛骨のホノ甘さにピッタリあって、とても穏やかな味に全体をまとめ上げています。
中川會@神保町・20131029・麺
 麺は、浅草開化楼製の中太ストレート。仕上がりは口あたり柔らかで、非常に明朗な甘みが特徴的、牛骨・カエシの甘みと絶妙にコラボしていますが……もちろん、これはこれで「アリ」ですが、スープのアッサリ感に合わせる方向性もあるのかも。「まだまだ改良中」とのお話でした。
中川會@神保町・20131029・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ホウレン草に海苔・カイワレ、そして追加の味玉。チャーシューはバラ肉で、この思い切った厚切りは、この店のトレードマーク。ホロホロの柔らかさでとってもジューシー、味もシッカリしみてます。味玉も黄身トロトロの仕上がりで、黄身・白身両方にシッカリ味を付けながら、しかもメリハリが効いているという一品。さすがに住吉オープン時からは、格段の進歩がみられますな……

中川會@神保町・20131029・卓上 風味を強めようと牛骨を増やし、重さとクドさがグングン増して、胡椒と塩加減を強めて対応すると、味が濃くなってますますクドい……そんな牛骨ラーメン特有の「悪循環」を、「鶏」で真逆の「好循環」に変えてみせた、「魔法」のような一杯。思えばこの店の原点も、豚骨のコクの固さ・重さを、「鶏」でスマートに変身させる「魔法」にありましたが……「油のバランスがまだまだ未完成」「できれば牛骨だけで仕上げてみたい」「麺も…」、笑顔で屈託なく抱負を話すご主人、この人はデカくなるなぁ……すでに「天国」の領域にあるこの一杯、それが「神」の領域に近づくのも、そう遠い日のことではないのかも知れません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR