もんなか まごころ厨房@門前仲町 「濃厚みそらーめん」

まごころ厨房@門前仲町・20131120・裏通り
 健康診断も無事完了、運動不足に加えて不摂生、目をつむって乗った体重計は……なんと軽く2kgは減ってたりして。なんだかよく分かりませんが、まずはメデたい。自分へのご褒美はもちろん超「濃厚」系、門前仲町の新店「まごころ厨房」へ。場所はなんと、最近オープンした「才谷屋」のすぐ隣。
まごころ厨房@門前仲町・20131120・店舗
まごころ厨房@門前仲町・20131120・店並び
 押しも押されもせぬ木場の名店「まごころ厨房」の2号店、新御茶ノ水の「エンジン」が移転してリニューアルオープンしたものとか。私は木場本店オープン時からの大ファンですが、すでに行列店となってしまった今は、なかなか通えません。門前仲町店もきっと行列だろうと、平日閉店前あたりを狙ってみましたが、やはり店外2人待ち(写真は食後に撮ったもの)、それでもタイミングが良かったのか数分で中に入れ、忙しそうな橋本店主に目でご挨拶。まごころ厨房@門前仲町・20131120・券売機

 メニューは「濃厚塩」「つけ麺」が本店と共通で、「濃厚みそ」「辛みそ」が門仲店オリジナル。もっとも、本店でも数年前に「濃厚みそ」を出していた時期があり、それがリニューアルされてレギュラーメニュー入りしたということでしょう。あの時の味を思い出しながら、「濃厚みそらーめん」(750円)をポチッとな。
まごころ厨房@門前仲町・20131120・濃厚味噌
まごころ厨房@門前仲町・20131120・スープ
 では、スープを一口……いやぁ、相変わらず「アグレッシブ」なスタイル。豚骨・鶏ガラを14時間煮込むという、この店独特の濃厚なベーススープ。これとガップリ組む赤味噌主体の味噌ダレは、辛味とニンニクでパンチ力がアップしてあり、さらに(おそらく)カエシを使って味の輪郭線を太く描いた上に、コクにズシッと重さを加えています。そして、ここまで攻めに攻めながら、ほころび一つなく味が完全に一体化し、ここまで味濃く仕上げながら、全体で旨味を強く訴えかけてくるところが、まさに「まごころ厨房」。
まごころ厨房@門前仲町・20131120・麺
 麺は本店と同じ中太ストレートで、同じく浅草開化楼製なのでしょう。例によってソフトでしなやかな食感ですが、適度なコシと食べ応え、最初柔和に感じられる甘みも、噛むほどに力強さを増してきます。ハードなスープを柔らかく受け止めた後、グイグイ腕力で押し返していくような、そんな味わい。
まごころ厨房@門前仲町・20131120・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、タマネギに海苔、そして少量の糸唐辛子。チャーシューはかなり強めに炙ったもので、脂身表面がカリッと仕上がって、少しポークソテーに近い食感。もちろん絶妙の味付けで肉汁タップリ、本店同様の素晴らしいクォリティです。さらに「濃さ」をストレートに伝えるためか、形式にこだわらず炒め野菜を排して、逆にタマネギのキレた辛味を加えて薬味とする斬新さも、まったくもって「まごころ厨房」。

まごころ厨房@門前仲町・20131120・卓上 攻めに攻め、押しに押しまくる、この「アグレッシブ」さこそ「まごころ厨房」の本領であり、ダイナミックに展開される味空間が、見事に「予定調和」に収束していくこの「ドラマ」こそ、「まごころ厨房」の真価。しかも年々、味のダイナミック・レンジが広くなっているように感じられ、その分ドラマも「劇的」になっているような印象……天才・橋本店主が復活させた「濃厚味噌」、絶対おススメの一杯です。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR