横浜家系ラーメン 馬場壱家@高田馬場 「ラーメン」

馬場壱家@高田馬場・20140218・早稲田通り
 先日、秋葉原で「異次元の家系」を食べてから、「ノーマルな家系」に飢えている今日この頃。週末降った大雪が、まだ路肩に残る早稲田通りを歩いて、1月オープンの「馬場壱家」へ。場所は、以前「札幌らーめん 麺屋さくら」があったところ。
馬場壱家@高田馬場・20140218・店舗
馬場壱家@高田馬場・20140218・券売機
 メニューは基本的に醤油と塩のラーメンのみで、あとはトッピングや麺量のバリエーション。まずは基本の「ラーメン(並)」(650円)と「ほうれん草増し」(100円)をポチッとな、好み指定は「すべて普通」でお願いしました。接客やオペレーションは実にスムーズ、麺湯切りの際に大きく声を掛け合うのは、某店インスパイヤなのかしら。
馬場壱家@高田馬場・20140218・ラーメン
馬場壱家@高田馬場・20140218・スープ
 まずはスープを一口……おぉ、コイツはイイ感じ。ベースの豚骨は、シッカリ乳化するまで炊き込んであり結構濃厚。その硬派なコクと風味を前面に押し出すためか、鶏油やカエシはかなり控えめで、「豚骨一本勝負」的なアプローチ。しかし、鶏油もカエシもさりげなく効いており、フンワリした香りやグイッと盛り上がってくる旨味の感じはいかにも家系で、新宿エリアでいえば「壱蔵家」あたりのスタイルに似ているかも。
馬場壱家@高田馬場・20140218・麺
 麺は、偏平した断面で中太やや太めのストレート、標準的な家系麺の形状です。ゆでは「普通」指定でしたが少し硬めのゆで上がり、モッチリした口当たりと重みのある歯応えで、噛み込むほどに朴訥な甘みがグイグイ伝わる感じが、いかにも「家系」。硬派なコクの豚骨と、なんとも実によく合います。
馬場壱家@高田馬場・20140218・ほうれん草
 具材は、チャーシュー、海苔三枚に増量したホウレン草、そしてネギが少々。チャーシューはバラ肉使用の大判で、見かけによらずシッカリ強めに味付けてあり、麺・スープにビシッとメリハリつけてます。海苔もまずまずのクォリティ、あとは増量したホウレン草ですが……ちょっとゆで後の搾りが甘いかな。雑味を感じるほどではありませんが、味が少々ボヤケ気味。
馬場壱家@高田馬場・20140218・卓上
 後半、卓上のニンニク、豆板醤を試してみましたが、いずれも標準的なクォリティながら、なにしろ豚骨がシッカリしているため効きがマイルドで上滑り感がなく、旨味がさらにグイグイ盛り上がってくる感じ。「豚骨醤油」たるもの、かくありたいものですな……

馬場壱家@高田馬場・20140218・看板
 家系の「本流」ではないのかも知れませんが、カエシやケミカルにあまり頼らない「ストロング・スタイル」の豚骨醤油で、食べ応え十分な一杯。高田馬場には「うま家」というステディな家系を出す店がありますが、この店も負けず劣らずステディで、「馬場壱」(高田馬場で一番)かどうかは微妙ですが、まずは好印象。ただ、ここは有数の激戦区・早稲田通り、ステディなだけではすぐ客に浮気されてしまうかも……もうひとつ、相手をひきつける「フェロモン」が、何か必要かもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR