麺's きた森@飯田橋 「味玉醤油ラーメン」

きた森@飯田橋・20141014・プロムナード
 三連休初日、ノンビリ寝坊したあと映画でも見るつもりでしたが……朝イチに電話で起こされ、休日出社決定。こういう最悪の日には、思い切った気分転換が肝要ですな……ランチは足を延ばして飯田橋の新店「きた森」へ。
きた森@飯田橋・20141014・店舗
きた森@飯田橋・20141014・券売機
 洋風鶏白湯で有名な「藤しろ」飯田橋店があった場所、同店の店長だった北森氏が独立開業したお店の模様。メニューは「醤油ラーメン あっさり煮干」「つけ麺」「和えそば」の3系統、自分へのエールで味玉つけて、「味玉醤油ラーメン」(750円)をポチッとな。土曜13時前の入店でしたが、ラーメンは私と後客1名分で終了し、あとはつけ麺のみに。土曜でこれだと、いつもはもっと早いのかな……1杯ずつ、ご主人が厨房を出て運んでくださいます。
きた森@飯田橋・20141014・醤油
きた森@飯田橋・20141014・スープ
 では、スープを一口……うん、これは私の好きなタイプ。キャッチは「あっさり煮干」ですが、シッカリ煮干とでもいいますか、ギュッと詰め込まれた煮干の旨味と、フワッと立ち上る煮干の香り。キチッと組み上げたスープを、強めの塩味でさらにカッチリ固めた感じで、なんともソリッド感あふれる仕上がりです。さらに、海苔に載せた煮干粉が溶けだすと、ソリッドなスープから煮干風味がピンピンとスパイクしてくる感じで、コイツが最後まで飽きさせません。
きた森@飯田橋・20141014・麺
 麺がこれまたカッチリタイプ。加水率低めの中細ストレートを硬めにゆで上げてあり、ポリポリと軽快な歯切れに、スピーディなノド越し。国産小麦のようなたおやかな甘みの麺ですが、塩味強めのスープで甘味がギュッと絞り込まれる感じで、「これぞ中華そば」といった「潔さ」のある食べ心地。
きた森@飯田橋・20141014・味玉
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔2枚と薬味のネギ、そして追加の味玉。メンマは薄味でシャキッとした食感、スープ・麺のスタイルにドンピシャ合ってますな。味玉は、ご覧のように半熟感とホッコリ感を共存させた高度な仕上がり、単体としては絶品ですがスープの影響か味が濃く感じられ……これはチャーシューも同様で、このあたりに調整の余地がありそうです。

きた森@飯田橋・20141014・卓上 「フォンド・ボー」的なベースが印象的だった「藤しろ」から一転、シャープなキレと煮干風味で、「江戸前」的な潔さが心地よい一杯。強い塩味の煮干出汁に絡めて、素朴な味の麺をすする、まさに気分は「蕎麦」ですな……「ラーメン」と「中華そば」は、歴史的経緯で呼び名が分かれただけで、基本的には同じものを指すそうですが、こういう一杯をいただくと、「醤油ラーメン」ではなく「中華そば」だと思ってしまうのは、私だけかな……こういうスタイルなら、つけ麺も間違いなし。夜は麺を変えるそうですので、次回は夜にお邪魔します。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR