汁なし黒坦々麺 黒蠍 BLACK SCORPION@四谷三丁目 「汁なし黒担担麺」

黒蠍@四谷三丁目・20141130・四谷警察署前
 久々に新宿区内でお仕事。最近この辺りの仕事が少ないため、宿題店が溜まりに溜まっておりますが……なんと、近日中に健康診断のため、自ら「塩・醤油しばり」中という悪夢。新店は豚骨や背脂系が多い昨今、それでしばると候補はほとんどなくなってしまいますが……ま、カロリーや脂肪分から見て、無茶な麺量でなければ「まぜそば」系でもOKかなと考え、四谷三丁目の新店「黒蠍」へ。
黒蠍@四谷三丁目・20141130・店舗
黒蠍@四谷三丁目・20141130・券売機
 10月オープンのこのお店、御成門「紅蠍 RED SCORPION」の関連店だとかで、たしかにロゴがそっくりですな(あちらは色が赤いですが)。メニューは「汁なし黒担担麺」「黒担担麺」に「拌麺」「牛肉辛麺」など6種で、結構なバリエーション。まずは、店名にも冠せられている「汁なし黒担担麺」(880円)を、ポチッとな。食券を渡すと、麺量と辛さを訊ねられますが、すべて普通でお願いしました。黒蠍@四谷三丁目・20141130・卓上

 その後、カウンター角の席に誘導されましたが……その席からは水以外の卓上アイテム(箸・レンゲ含む)に手が届かず、離席して近くまで取りに行くことに。こういう席は客に「食うな、水でも飲んでろ」といっているようなもの、廃止した方がよさそうですな。
黒蠍@四谷三丁目・20141130・汁なし黒担担麺
黒蠍@四谷三丁目・20141130・タレ
 ランチタイムだからか、自動的にミニチャーハンがサーブされてしまい、カロリーオフ作戦は序盤から破綻。タレは一見イカスミのように見えますが、黒ゴマの芝麻醤に花椒、唐辛子などアレコレ混ざり、結構奥が深そうです。
黒蠍@四谷三丁目・20141130・混ぜ後
 コイツをサックリと混ぜ込むと、ますますイカスミ・パスタっぽい景色になりますが、まずは一口……うん、意外性はありませんが、シュアな美味しさ。花椒と花椒油、唐辛子と辣油が併用されており、辛さは「油」によるボリュームアップと「粒」によるアクセントが上手くバランスしている上に、シビレ感とも無難なバランス。これらを重厚なコクの黒ゴマ芝麻醤で包み込んでいるために、辛味類の上滑り感もなくキッチリまとまっており、糸唐辛子などのアクセントも実に効果的に感じられます。
黒蠍@四谷三丁目・20141130・麺上げ
 麺は、平打ちの太麺縮れ。コシ・歯切れに重みを持たせた仕上がりで、重厚なタレによく合いますが……甘みがやや「軽」く感じられ、このあたりは賛否ありそう。黒蠍@四谷三丁目・20141130・具材

 具材は、肉味噌、モヤシ、水菜に糸唐辛子、そしてナッツが多めに振り掛けられています。肉味噌は多少ドライなタイプで、少し固さが気になるもの。さらにナッツは煎りが甘いのか、「カリッ」とした軽快感に欠けていて、こちらもやたらに固さが気になる。汁なしは食感も大事なファクターですので、もう少し丁寧な仕事が必要ですな。
黒蠍@四谷三丁目・20141130・炒飯

 タレ・具材を意識して残さないと、麺と同時にほとんどなくなってしまい、チャーハンとのコラボは一口程度。味の相性は悪くありませんが、ご飯と合わせると、具材の固さがますます引き立ちますな……

黒蠍@四谷三丁目・20141130・メニュー 御成門「紅蠍 RED SCORPION」をいただいた時にも書きましたが、この店も味・コク辛味の「軽・重」を上手く使い分けており、「紅蠍」ではコクを「軽」に据えて組み立てていたものを、今回は思い切り「重」にシフトしてみた意欲作。ただし、麺の味わいが「軽」なのが好みでないこと、辛味が油と粒併用により「軽・重」併用としている点が中途半端に思えることで、「紅蠍」同様のチグハグ感を感じましたが……ま、この辺は食べ手の趣味になるかしら。ここまで「紅」「黒」ときましたので、次はいよいよ「黄」(カレー)あたりを期待します!

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

海老そば専門店 築地 えび金@築地 「みそ海老そば」

えび金@築地・20141128・酉の市
 11月、各地の神社で酉の市が開催され、熊手を買って「手締め」というお馴染みの風物詩が見られます。酉の市といえば浅草や新宿が有名ですが、実は築地・波除神社でもひっそりと行われており、ウォーキングコースから近いこともあって、ちょっと見物。
えび金@築地・20141128・店舗
えび金@築地・20141128・路上看板
 ついでに、神社はす向かいの「えび金」をのぞいてみますと……お、味噌を始めましたな。2月オープン以来、ずっと「海老そば」一本でやっていましたので、冬前には味噌を始めるんじゃないかと期待しておりましたが……さっそく、店外の券売機で、「みそ海老そば」(830円)をポチッとな。
えび金@築地・20141128・えび味噌
えび金@築地・20141128・スープ
 では、スープを一口……結構、変わったバランスですな。ベースは、あの「約50匹分の甘海老の頭を使用」したという清湯、信州味噌をベースに赤・白の味噌と生姜・ニンニクなどを加えたという味噌ダレを、ベースを殺さぬよう軽く混ぜ込んでありますが……信州味噌のキレ、ベースのコク、そして生姜・ニンニクの辛味とタレの甘みがどうもお互い噛み合わず、舌へバラバラに訴えかけてきて、なんだか騒がしい味わい。どうにも「軸」不在のコンビネーションですな。
えび金@築地・20141128・麺
 麺は、海老粉を練り込んだ細麺ストレートで、もちろん自家製。「海老そば」では、スープの豊かな海老風味と、麺の風味が呼応して、独特のハーモニーとなっていましたが……スープの味がバラついているため、両者シックリとは噛み合いません。最初は、麺を変えたかと思ったほど。
えび金@築地・20141128・具材
 具材は、鶏チャーシュー、メンマ、ゆでモヤシにスイートコーン、そして揚げネギがパラリ。スープが甘めの調味ですので、揚げネギ、スイートコーンとの相性は悪くありませんが、コク・キレがばらついたスープには、ゆでモヤシも鶏ムネ肉も相性イマイチ。

えび金@築地・20141128・卓上 なんとかアトヅケでまとめようとしたのか、強めのケミカルだけが後味に残った、ちょっと残念な一杯。要は味の「軸」に何を持ってくるか、決め切れていないということだと思いますが……海老頭のコクを活かすべく、コク重視で赤味噌あたりをチョイスするのが、まずは常道と思えたり、それだと月並みだとも思えたり……近所では新規出店が目白押しで騒然としておりますので、こちらもこの騒然とした味をまとめるべく、早めの対策が肝要かと。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR