胡座@両国 「胡坐の味噌ラーメン」(12月限定)

胡坐@両国・20141223・ガード
 怒涛の年末進行も最初の山場、それを何とか乗り越えて、明日から別の山場ですが……そんな谷間の一夜。お気に入りのお店、両国・胡座が12月限定で味噌を出すと聞きつけ、そちらへ。
胡坐@両国・20141223・店舗
胡坐@両国・20141223・ポップ
 この店は魚介系食材の扱いが一級品、ポップの写真でもホタテがクローズアップされており、コイツは期待できそうです。暖簾をくぐって右手の券売機で、「季節の麺」(780円)ボタンをポチッとな。何気なく卓上メニューに目をやると、つまみメニューが随分増えましたな……どれも小粋な一皿のようで、各280円と結構お手頃。ここのご主人は和食出身ですのでクォリティは間違いなさそう、今度試してみましょうか。
胡坐@両国・20141223・味噌
胡坐@両国・20141223・スープ
 では、スープを一口……うほっ、なんとも強烈な味噌っ濃さ。味噌は何種かブレンドしてあるようで、豆味噌的な芯の強い味と、クッキリとした麹のまろみが印象的。しかも、ここまで味噌が強いと塩がトガリそうなものですが、強めではあってもカドはなく、旨味・甘味もシッカリ伝わってきます。ニンニク・唐辛子といった演出はほとんどなし、写真の通りラードもかなり少な目で、ひたすら「味噌」をグイグイ訴えかけます。
胡坐@両国・20141223・麺
 麺は、やや太めの中太ストレート。加水率高めでプリッとした口あたり、弾力・ノド越しとも申し分なく、スッキリと透明感ある味わいも、味噌っ濃いスープと絶妙の相性。
胡坐@両国・20141223・具材 具材は、豚バラ、ホタテ、ニンニクの芽と、キャベツ・モヤシ・ニンジンといった野菜類、そして薬味のネギ二種。ホタテはスープの中に5、6個は沈んでおり、噛むほどに弾ける濃密な旨味が、濃厚な味噌に実によく合う。胡坐@両国・20141223・ホタテ

 後半へ向け、丼縁の豆板醤を溶かし込み、さらに丼と一緒に供される七味を適量振り掛けますと……もともとラード少な目でビシッと味噌にフォーカスの当たった味わいが、さらに引き締まってシャープな味に。私のような下世話な人間は、こういう展開だとニンニクを投入したくなりましが、それを敢えて制するように、ニンニクの芽を添えてあるあたりが、いかにも「和食」的。

胡坐@両国・20141223・卓上 濃い味噌でパンチをきかせながら、魚介系食材でキッチリとアクセントを加えてくるという、いかにも「胡座」らしい洒落た一杯。冬といえば味噌、そして両国で味噌といえば「ときせい」が代表的で、ラードによるコッテリ感がウリのお店。それに対して、敢えてラードを抑え味噌っ濃さを前面に押し出して、両国「冬の陣」に構えようということでしょう。国道14号をはさんで、早くも火花が散っておりますな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR