中国料理 永新@麻布十番 「五目そば」

永新@麻布十番・20150220・広場
 土曜の昼下がり、今日も今日とて休日出社。休日だというのに仕事はかなりせわしなく、ランチタイムくらいちょっとユッタリしたくて麻布十番まで遠征。ダメモトで京都から進出してきた超有名店をのぞいてみますが……のぞくまでもなく大行列。ま、ユッタリするのが目的ですので、ここは老舗の「永新」へ。
永新@麻布十番・20150220・店舗
永新@麻布十番・20150220・メニュー
 前回訪れたのはかなり前ですが、その際「五目そば」に注文が集中していることに気がつきながら、ニッチなメニューを頼んでしまい、以来ちょっと悔やんでいました……今日はもちろん「五目そば」(1,000円)を注文。麻布在住のリッチなご家族・ご夫婦のお客さんがほとんどで、品の良い談笑が響く、落ち着いた雰囲気の店内……私のような「プロレタリアート」は、ちょっと肩身が狭いかも。
永新@麻布十番・20150220・五目
永新@麻布十番・20150220・スープ
 では、スープを一口……うわ、これはもう、脳天突き抜けるような美味さ。アッサリとはしていますが、クリアでピュアな丸鶏スープ、コイツに野菜の旨味がフンダンに溶け込み、その旨味を計算し尽くした見事な塩加減……シンプルな味わいだからこそ「宇宙」が宿り、底知れぬ深淵が支えるシンプルさだからこそ、誰が食べても美味い。コイツはもはや、「究極」といっていい野菜塩スープですな。
永新@麻布十番・20150220・麺
 麺は、やや細めの中太縮れ。コチラも多加水にしてかん水控えめ、余計な風味は一切排除しながら、透明感あふれる人懐こい味わいが、ジワジワ押し寄せてくるような感覚。コイツが「シンプル&リッチ」なスープと絡むと……家族の談笑を聞き流しながら、満点の星空を見上げるような、温かさ、清々しさ。
永新@麻布十番・20150220・具材
 「五目」なので具材はフンダン、白菜・青梗菜・ニンジン・タケノコ・キクラゲなど野菜類がタップリと、海老・イカなどの魚介類が少々、それにチャーシュー・玉子もついて、なんともリッチ。個人的には、「五目」なのに椎茸を入れない「美学」に心打たれましたが……この世界観に、椎茸のグアニル酸を加えると、おそらく味が「濁る」。計算し尽くされ、おそろしく「完成」された食材構成ですな。

永新@麻布十番・20150220・節分 以前食べた「鶏肉細切りそば」でさえ、「予定調和の極致」と感じましたが、この一杯はそれをさらに突き抜けていますな……それほどまでに、「奇跡的」な美味さ。こんな至高の一杯を、いつものように頬張りながら、祖父と孫が談笑する、なんとも眩しい「ブルジョアジー」の穏やかな時間……ま、それもまた良し。少しだけオコボレにアズカりながら、「日々平安」な麻布十番を後にして、「蟹工船」の新橋に戻る、プロレタリアートなオジさんでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR