らあめん 渋谷三丁目@渋谷 「のり玉らあめん」

渋三@渋谷・20150929・明治通り
 朝から大雨だった一日、そのままスゴスゴ家路につく予定でしたが、渋谷駅改札近くまできて明治通りを眺めると、小止みになった模様。この隙に、「名店参拝」しておきますか……「らあめん渋谷三丁目」(通称「渋三」)へ。場所は、明治通りを恵比寿方向へ進み、ご覧の歩道橋を横目に見ながら、さらに100mほど。
渋三@渋谷・20150929・店舗
渋三@渋谷・20150929・メニュー
 2004年オープンで、経堂「らあめん英」の系列店とか。メニューは「らあめん」と「たんめん」の2系列、「らあめん」はスープを3種類(白・赤・黒)から選べ、麺・スープの好みも指定できます。取りあえず、「のり玉らあめん」(830円)を「かため・ふつう」で。
渋三@渋谷・20150929・のり玉
 では、スープを一口……噂は本物、コイツは美味い。豚骨を24時間炊き出したというこのスープ、そのせいか臭みはほとんどなく完全乳化、さらにゼラチン質が大量に溶け出しコラーゲンたっぷりで、サラッとした口あたりから舌の上でトロッとした粘性を発揮する、絶妙の「豚骨」感が楽しめます。もちろん旨味も溢れんばかりで、ソイツを切れ味鋭いカエシを使って、キュッと引き締めています。
渋三@渋谷・20150929・麺
 麺は、自家製の極細ストレート。かなり長めに切り分けた麺で、すすり込むというよりは、持ち上げて噛り付く感じ。キッチリかためのゆで上がりで、平笊による万全の湯切によって粉っぽさも一切なし、噛り付いてはポリポリ噛んで、ホクホクとした甘さを楽しみます。
渋三@渋谷・20150929・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔に味玉、そして薬味のネギ。チャーシューは一見モモ肉のようにも見えますが、非常に柔らかく仕上がっていて食べやすい。味付けも、キレ味鋭い豚骨で丁度引き立つようにセッティング、麺に絡めてもこれまた美味い。渋三@渋谷・20150929・味玉


 それに、味玉もご覧の仕上がり。豚骨店の味玉は固ゆでが多く、味付けも大ざっぱという印象ですが、まさに対極的なほど丁寧な仕上げで味も繊細。
渋三@渋谷・20150929・辛子高菜
 終盤は、辛子高菜とニンニクで味変に挑戦。辛子高菜は見るからに辛味重視の一品で、たったこれだけでスープは一気にヒートアップ。一方、スープの「密度」が高いので、少々のニンニクでは大きな変化はありません。

渋三@渋谷・20150929・卓上 「東京とんこつ」を名乗る店は結構ありますが、どちらかというと「博多系より素朴でアッサリ」的なニュアンスで使われ、事実そんな印象のラーメンが多いように感じていましたが……圧倒的なクォリティの「東京とんこつ」、ここにあり。こんな店が、中心街からかなり離れた場所にポツネンとあるのですから……またしても、渋谷という街の奥深さを思い知らされた一夜でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

芝蘭@豊洲 「タンタン麺」

芝蘭@豊洲・20150926・フォレシア
 あれだけ準備・計画に労力を要した夏休みから約1カ月、またシルバーウィークだ五連休だと言われても、とくに何をやるアテもなく、さりとて家族サービスもせねばならず……例によって、ららぽーと豊洲にでも連れて行きお茶を濁すことに……ディナーはフォレシアに入っている「芝蘭」で。フォレシア入口を写真に撮ると、なんかCGみたいになってしまいました。
芝蘭@豊洲・20150926・店舗
芝蘭@豊洲・20150926・よだれ鶏
 神楽坂にある本格四川料理のお店、豊洲店はその支店第一号になります。各自ランダムに注文開始、私はまず点心と「よだれ鶏」からスタート。口腔を満たす唐辛子の爽やかなキレ、そして鼻腔を抜ける四川料理特有の「香(シャン)」、軽快にして味わい深い一品です。芝蘭@豊洲・20150926・酢豚

 辛さに弱いメンバーは「黒酢スブタ」を注文。コチラは一転、黒酢と甘味でグッとコク深い味付け、カリッと上がった豚肉の軽快な肉汁と混ざって、おもわずニヤリとする美味さ。
芝蘭@豊洲・20150926・メニュー
 ま、そんなこんなでシメの麺は、ご覧のメニューから「タンタン麺」(1,080円)をチョイス。「ライス」を一緒にオーダーする私を、家族が不思議そうに見ていましたが……そうか、「担々オジヤ」狙いなんて、ラヲタ特有の文化なのかな。ま、今に見ておれ。
芝蘭@豊洲・20150926・担々麺
芝蘭@豊洲・20150926・スープ
 では、スープを一口……なるほど、どこか「爽やか」さ漂う味わいで、そのトーンが「よだれ鶏」とも通じますな。ベースは単なる丸鶏ではないようで、野菜の甘味とスッキリ感を前面に出し、ホノカな酸味もある軽快な味わい。芝麻醤によるコクは非常に控えめで、辛味も「麻(マー)」を抑えて「辣(ラー)」を程よく効かせる感じ、スキッとしたベースにキリッとした辛味が駆け抜ける、そんなライト感覚のスープです。
芝蘭@豊洲・20150926・麺
 また麺が非常に面白く、かん水を使わない白い素肌の中細ストレート。ソフトな口あたりと、軽くモチッと歯に余韻を感じさせながら、スルリとノド奥に消えていく潔さ。甘みも実に「清純」な響きで……四川あたりは美人が多いと聞きますが、まさに中国美人を思わせるような、たおやかな麺。
芝蘭@豊洲・20150926・具材
 具材は、挽肉に青梗菜、そしてネギがパラリ。スープの動物成分や、芝麻醤のコクが弱い一品ですので、いきおい甘辛く炒めた挽肉の独壇場、スープに絡んでも麺に絡んでも、強烈な印象を残します。青梗菜による「箸休め」も、必要にして十分。芝蘭@豊洲・20150926・オジヤ

 最後は、各自ライスを取り分け「担々オジヤ」。サッパリとした味わいのスープですので、担々オジヤもお茶漬け感覚。その味わいは、家族にとっては衝撃だったようで、少量のライスとスープが奪い合いになりました。

芝蘭@豊洲・20150926・ビール 担々麺も日本の蕎麦も、もとは天秤棒を担いで歩く、屋台とも言えぬ「売り歩き」により広まった一品。チョイと立ち寄りサッと食う、アト引かせぬ潔さの中にも、「次回」へと誘う引っ掛かりを残す……そんな、担々麺本来の「潔さ」と魅力が詰まった一品。ランチに単体で食べて良し、ディナーのシメにさらに良し、「一杯入魂」の担々麺専門店にはない独特の「潔さ」が、なんとも心地よいですな……もともと、「売り歩き」の担々麺は汁なしだったとか。次回はコイツでランチなぞひとつ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR