ピロピロ麺屋@末広町 「元祖ピロピロ麺+煮たまご」

ピロピロ麺屋@末広町・20151215・交差点
 グッと冷え込んだ金曜夜、ホッとあたたまりそうな一杯求めて、末広町へ。交差点も寒々とした光景、路地に立つ呼び込みのメイドさんも、ちょっと寒そうですな。
ピロピロ麺屋@末広町・20151215・店舗
ピロピロ麺屋@末広町・20151215・券売機
 11月オープンの「ピロピロ麺屋」、都心では珍しく佐野ラーメンを出すお店で、以前新橋に専門店がありましたが(閉店)、それ以来かもしれません。しかも、佐野ラーメンを代表する店「万里」をオマージュしたとかで、私は本場で食べたことがないので、ちょっと楽しみ。メニューは、「元祖ピロピロ麺」とそのトッピングバリエーションのようですが、「豚骨ボロネーゼ」というメニューがちょっと謎。とりあえず、「元祖ピロピロ麺」(680円)と、一週間のご褒美「煮たまご」(100円)をポチッとな。
ピロピロ麺屋@末広町・20151215・ピロピロ麺ピロピロ麺屋@末広町・20151215・スープ
 スープは、佐野ラーメンにしてはやや色が濃いめ。まずは一口……いやぁ、佐野特有のホッとする味。豊かな鶏ガラの旨味と、魚介の透き通るような旨味が響き合うこのスープ、見た目ほど醤油は主張せず、「佐野」の領域内でコクとキレを満喫できます。この「透明感」こそ「佐野」の命、さりげなく表現されたピュアな味わいは、少しでも雑味が入ると壊れそうな「儚さ」で、それが何ともいとおしい。
ピロピロ麺屋@末広町・20151215・麺
 麺は、まっ平らの平打ち麺で、提供時に麺棒で延ばし縮れを加えたもの。これほど平らなのにゆで時間は2分30秒とそこそこ長く、おかげで「えっ?」と思うほどの柔らかさ。モノの本には、「佐野」にはワンタン皮のような麺を出す店があるとありましたが、これがまさにそれですな……加水率高めでかん水も控えめ、そのせいか国産小麦の純朴な甘さがそのまま舌に伝わる感じで、これもなんだかイイ感じ。
ピロピロ麺屋@末広町・20151215・メンマ
 具材は、チャーシュー、メンマ、薬味のネギに、追加の味玉。バラ肉・チャーシューは非常な薄切りの上、ごく淡い味付けで存在感がやや希薄。一方メンマは食感シャキシャキ、麺が超ヤワなだけに、いいアクセントになりますな。ピロピロ麺屋@末広町・20151215・味玉

 そして、味玉はかなり濃いめの味付けで、やや単調な味わいに陥りがちなこの一杯にあって、抜群の活躍。コイツは追加をオススメします。

ピロピロ麺屋@末広町・20151215・口上 バブルがはじけて少し経つ頃までは、秋葉原なら昭和通口、銀座なら五丁目あたりから新富町方面にかけてなど、ラーメン屋台が何軒か散在していたものでした。そんな屋台で出す麺は、「ピロピロ麺屋」ほど幅広ではないものの、みな揃って中太平打ちで激ヤワのゆで加減(お湯を入れて5分程度のカップヌードル状態)、ソイツが飲み過ぎた胃にはなんとも優しく……そんな時代を知る世代には、懐かしさすらこみ上げてくる食べ応え。しかし、家系店でもないのにやたら「麺カタメ」を注文する若い方々には、ちょっとショックな食感かも知れませんな……若者の街だけに、やや心配なオジサンでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR