らーめん 香月@六本木 「醤油らーめん」

香月@六本木・20160130・交差点
 朝から仕事が押しまくって昼メシ抜き、そのまま大江戸線で移動しておりましたが……さすがに15時近くで空腹も限界。そういえば、あの「香月」が六本木で営業再開したとの情報……というわけで途中下車。いや、六本木に来るのはほんとに久々ですな。
香月@六本木・20160130・店舗
香月@六本木・20160130・券売機
 いわゆる「ホープ軒」系といわれる系列では直系、同じ屋台チェーンから独立した直系店としては「ホープ軒」をはじめ「弁慶」「土佐っ子」などがあり、各地の同名店はほぼその孫スジにあたります。その「香月」も数店舗を展開後、13年の恵比寿店閉店をもって同名店はすべて消えましたが……満を持して復活。メニューは「醤油」「塩」の2系統、店員さんは特に訊ねませんが、麺の固さ・味の濃さ・背脂量で好みを指定できます。カタ・コク・多めの「三拍子」がオススメだそうですが……ま、いつも通り「普通」で。
香月@六本木・20160130・醤油香月@六本木・20160130・スープ
 ドデカい広浅の丼、ナミナミとつがれたスープ、なんかタイムスリップしてきたような丼姿。まずは、スープを一口……うん、シンプル&ビューティフル。風味豊かな鶏ガラ主体に、ゲンコツで硬質なコクを添えながら、背脂に上手くつなげる、このバランス。薄口醤油系のタレは塩味が相当強めですが、これを背脂で上手く丸めて、マイルドに感じさせるという、この仕掛け。シンプルな構成のスープをグイグイ飲ませる、伝統の技が冴えわたります。
香月@六本木・20160130・麺
 麺は、多加水の中細縮れ。「普通」指定でしたがかなりカタめのゆで上がり、コイツをワシワシとカッこみますと……多加水麺特有のスキッとした甘みが、キレたスープで引き絞られ、その後柔らかに背脂に馴染んでいって……なにかのCM通り、「美味いものは脂肪と糖でできている」、それを実感できる瞬間です。
香月@六本木・20160130・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマと薬味のネギ。バラロール・チャーシューはホロホロの仕上がり、適度にスープを吸ってビシッと味が決まる設定で、90年代ラーメンブームを彷彿とさせる伝統のスタイル。ネギやメンマも、麺・スープのコンビネーションを邪魔しない程度の、絶妙な量。

香月@六本木・20160130・卓上
 バブルがハジけたあとの90年代には、背脂醤油が結構流行り、六本木交差点近くにも似た一品を出すお店があって、よくお世話になりましたが……食事中に突然、目をヒキつらせ顔を真っ赤にした三つ揃え高級スーツ姿のニイさんが、あちこちに体を派手にブツけ、ヨロめきながら店に入ってきました。しかし、すぐ後を追ってきた金髪ロンゲで派手なスーツをキメたニイさんが、肩を掴んで連れ戻しておられましたが……昼間からラリってるか泥酔してるか、多分その両方ですな。そんな雰囲気含めて、バブル後の殺伐とした六本木そのもの、ちょっとした「タイムスリップ」感を楽しんだ、オジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

麺舎 十紋字@末広町 「ラーメン」再び

十紋字@末広町・20160128・交差点
 昨日まで、正月明けとは思えない暖かさでしたが、少し寒が戻ってきて、温かいラーメンがなんとも恋しい。秋葉原の某新店をのぞいてみますが、スープ切れなのか早仕舞い。ただ、実はなんとなく、「淡麗魚介系」より「ガツンと豚骨醤油系」が食べたかったんですよね……舌も胃も、なんとなくオセチ・モードから抜けないもので。
十紋字@末広町・20160128・店舗
十紋字@末広町・20160128・券売機
 というわけで、末広町までテクテク歩いて、昨年2月オープンの「十紋字」を再訪。オープン時に一度訪れていますが、当時は「仮営業(?)」だったのか従業員が研修中で、「練習作」的な一杯を食べるハメに。あれから11カ月、さすがに「商品」が提供されるだろうと、あの日と同じ「ラーメン」(720円)をポチッとな。好みは全部「普通」でお願いしました。
十紋字@末広町・20160128・ラーメン十紋字@末広町・20160128・スープ
 いやぁ、この華麗な丼景色、正月明けはこうでなくっちゃいけません。まずは、スープを一口……この「ドスッ!」とくる重量感、たまりませんなぁ。神田の名店「わいず」直系のこのスープ、ガッツリ炊き出された豚骨に、脂分がドッカリ乳化して、さらに強めのカエシでドドンとコクを叩き込み、なんとも「ヘビー級」なパンチ力。しかも、これだけ荒ぶりながら、妙な臭み・雑味が一切ないというクォリティ、まさに神田名物ここにあり。
十紋字@末広町・20160128・麺
 麺はこのグループ共通で、かなり太めの中太麺が、グキグキと屈曲したモノ。前回は、研修中のためか生ゆででしたが、今回も「普通」指定に対して、かなりカタめのゆで上がり。「わいず」系は柔らかめが合うんですが……咀嚼により甘さを引き出す必要はありますが、その訥々とした甘みがまたリズム感を生み出して、ま、これはこれで一興かも。
十紋字@末広町・20160128・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、ホウレン草、海苔にネギ。肩ロース・チャーシューは、薄味ながら全体に味のしみた一品で、スープとのコントラストを意識しながら、それが強くなり過ぎないよう上手く調整。昔の「わいず」はもう少しコントラストを低めにしていたと思いますが、それなりに進化させているのでしょう。十紋字@末広町・20160128・能書き

 後半の味変は、カウンターの案内通り「生ニンニク一杯とコショウ少々」で。ニンニクでドーンとコクが増すのは当然として、「わいず」系にコショウを試してみるのは初めてでしたが……うん、イイ感じで味が締まり、旨味のフォーカスが絞られます。

十紋字@末広町・20160128・麺箱
 私は昔、オーバー・リッターのバイクに乗っていたのですが……大排気量のエンジンから重低音と低周波が体に伝わり、胃腑が揺さぶられるようなあの「インパクト」を、ラーメンで体感できる一杯。それも、ハーレーのような「ヘビー級パンチ」ではなく、BMWボクサー・ツインのような、重くてもリズミカルなパンチである点が、食べさせてなんぼの料理としては、見逃せません。そのため、ついついスープ完飲寸前までいってしまいますが……七草粥の日に、逆の刺激を体に与えてしまって、多少胃もたれしてしまったオジさんでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR