元祖 東京家系ラーメン 横横家@湯島 「ラーメン(小)」ベース

横横家@湯島・20160228・交差点
 雨の土曜日、家でゆっくりしたいところですが休日出社。ランチはしかたなく、「なるべく駅から濡れずに行ける宿題店」で脳内検索したら、湯島「横横家」がヒットしましたので、そちらの方へ。
横横家@湯島・20160228・店舗
 2月オープンのこのお店、金沢八景のお店が移転したものだそうですが、看板には「東京家系」との不思議な文句、他では見たことない言葉ですので「元祖」なのもムベなるかな。この店のシステムがちょっと変わっておりまして……
横横家@湯島・20160228・オーダー1
 入店したら、「ラーメンの大きさ」と好みを選びます。「並(1玉・160g)」(500円)を「全部フツー」でオーダーしますと、カエシと脂を入れた丼がトレイにのせられ、手渡されます。横横家@湯島・20160228・オーダー2

 そのトレイを持って、横にある写真のようなコーナーに移動、好きな具材を自分でとります。この日は「チャーシュー」(50円)を2枚と、「青菜」(60円)を2皿、それに「海苔」(30円)をいただきました。ちなみにネギは無料で、これでシメて810円。
 さらに横に移動しますとレジがあり、店員さんが金額を打ち込み、客が金を入れてツリを受け取るシステム。その間に麺ゆでが進行しており、ほどなく声がかかりますので丼を渡すと、それにスープが注がれて麺も投入、ご覧のような姿となります。コイツを持って、好きな席へ。
横横家@湯島・20160228・ラーメン小横横家@湯島・20160228・スープ
 では、スープを一口……なぬ、珍妙なシステムとは裏腹に、超本格的な豚骨醤油。完全乳化の一歩手前で仕上げた豚骨は、かなり濃厚でトロリとした粘度。コイツにかなり多めのカエシが馴染んで、コクをズシンと舌に響かせながら、モタつきもキレで巧妙に抑えてあって、非常に高度なバランス感覚。全部「フツー」指定でしたが、この状態で味濃いめ、脂少なめですので、「好み」を指定される際のご参考。吉村家直系との噂でしたが、確かにかなり「年季」を感じる、練り込まれた完成度。
横横家@湯島・20160228・麺
 麺は、かなり太めの中太ストレートで断面がやや偏平した、いわゆる家系麺。麺肌に少しザラツキがありシットリとした舌触りで、標準的な家系麺とはやや趣を異にしますが、弾力・コシとも申し分なく甘味もパワフル。準ヘビー級のスープに対しても、全く負けておりません。
横横家@湯島・20160228・盛付け
 麺・スープを一口いただいたところで、自分で具材類をトッピング。丼自体が小さめですので、写真では具材がかなり大きく見えますが……しかし、ダブルにしたホウレン草は、他店でトッピング増しにするより多めですし、海苔も薄めながら4枚入り。チャーシューも2枚にして、これでシメて具材250円なら悪くないかも。ただし、ホウレン草はややスジがカタめで風味も弱く、チャーシューも可もなく不可もなく。ま、ホドホドのクォリティとはいえますが、スープの出来がよいだけに、ちょっと見劣りしちゃうかも。

横横家@湯島・20160228・営業時間
 讃岐うどん店のようなユニークなシステムに対して、本格的な味わいが醸すギャップが面白い一杯。トッピングの量・バリエーションを直接確認しながら選べるのも面白いし、卓上アイテムも非常に豊富。この日は「行者にんにく」と「からしみそ」を試しましたが、ソフトなタッチとシッカリとした効きで、満足度もさらにアップ(「無臭にんにく」もありますよ)……ただよく考えると、標準的な構成(麺・並で具材も家系標準)にして640円ですから、「セルフ」感満載の割には、さほど安くない印象も。ま、トッピングを目で見て自分でとる面白さがウリなんでしょうな……なんか、昭和期の定食屋のような雰囲気もあって、ちょっと懐かしさを感じたオジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

麺処 憧求@渋谷・神泉 「柚子醤油麺」

憧求@渋谷・20160224・道玄坂
 今日は一日渋谷にデバってお仕事ですが、久々に午前中でスパッと仕事の区切りがついたので、ノンビリ散歩しながらランチでも。向かったのは道玄坂、昔○○ホテルが密集していたあたり(今でもあって、ちょっとビックリ)。
憧求@渋谷・20160224・店舗
憧求@渋谷・20160224・メニュー
 訪れたのは「憧求」(ドーグ)というお店で、昨年9月オープン、「花魁」というBARのランチ営業。メニューは「柚子醤油麺」と「豚骨醤油麺」の2系統、12食限定で「豚骨裏」(塩味)も提供中。限定も写真がキレイでかなり迷いましたが、再訪も可能ですし、まずは看板メニューの「柚子醤油麺」(750円)に、「味玉」(100円)つけて。料金は後払い制です。
憧求@渋谷・20160224・柚子醤油憧求@渋谷・20160224・スープ
 まずは、スープを一口……おぉ~、なんか「蕎麦屋」的な潔い味。「カエシ」というよりは、「割下」に近い風味の醤油ダレ、これが鹿児島産の鰹節・煮干しからとった出汁で関東風の「蕎麦つゆ」程度の濃度に落ち着いたところに、宮崎産の柚子が全体に強く響き渡る訳ですが……柚子の果汁を加えたというよりは、柚子をパウダーにして全体にきかせたような力強さで、鮮烈にして爽やかな後味。なんかこう、「ラーメン」というよりは、「柚子蕎麦」に近い味わいですな。
憧求@渋谷・20160224・麺
 麺もこれまた面白い。細麺縮れに小麦のカラを練り込んであり、ワザとボソッとした食感を演出、スープが「蕎麦つゆ」っぽいこともあり、なんか本当に「蕎麦」を食べているような感覚に。しかし、噛めば小麦の香ばしさと甘味が口に広がり、これはこれで不思議に合うなぁ……
憧求@渋谷・20160224・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、水菜に海苔・ネギ、そして追加の味玉。チャーシューは2種で、豚肩ロースと鶏ムネ肉ですが、面白いのは鶏の方で、スープがシッカリしみて柚子とムネ肉のサッパリ感が不思議にシナジー、醤油で味も引き締まって、なかなかユニークな味わいです。憧求@渋谷・20160224・味玉

 一方、味玉はご覧のような仕上がりで、白身と黄身がバランスよく味付けされており、単体としてはハイレベル。しかし、これで「鮮烈」系のスープを汚すのはもったいなく、結構気を遣います……この一杯には敢えて、黄身をゼリー化させたタイプの方がよいのかも。

憧求@渋谷・20160224・店内 蕎麦とラーメンの「ハイブリッド」を狙った作品にはたまに出会いますが、ここまで高度に融合させた一杯は珍しい。潔さとサッパリ感が、江戸っ子気質にピッタリ合って、冬より夏に食べると一層美味く感じそうな一杯ですな……ただ、店内には小さな丸テーブルが3つしかなく、一人ずつ座ると3人で満席状態。先客2名は常連さんで、スマホの話で長々と盛り上がっておられましたが……これ以上客が来たら、あのBARカウンターで立ち食いできるのかしら。非常にユニークな「作風」ですので、もっと席数を増やしてもいいのかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR