つけめん ちっちょ@渋谷(移転後営業再開) 「牛ホルモンつけ麺」

ちっちょ@渋谷・20160331・交差点
 昨年秋、渋谷での仕事が増えてから、噂の「ちっちょ 極」訪店を楽しみにしておりましたが……訪れた時には、すでに「改装休業」中。てっきり、同じ場所で再開するのかと思いきや、その後入ったのは別の店(後日ご報告)、もう会えないのかとネットをクリクリ検索しておりますと……前店からさほど遠くないところに、「ちっちょ」という店が。場所は、神南小学校下交差点のほど近く(写真正面から右に入る)、さっそく訪店。
ちっちょ@渋谷・20160331・店舗
ちっちょ@渋谷・20160331・券売機
 お店は地下一階、入店してご主人に訊ねてみますと、やはり移転再開したものだとか。もともと高知が本店のこのお店、大阪に進出した後、渋谷に出店したのが09年、ホルモンを使ったつけ麺で一世を風靡しました。つけ麺より高い「手もみ麺中華そば」も激しく気になりますが……まずは筆頭ボタンの「牛ホルモンつけ麺」(850円)を、ポチッとな。麺量は、並220g・大330g・特440g(大・特は100/150円マシ)。
ちっちょ@渋谷・20160331・ホルモンつけ麺ちっちょ@渋谷・20160331・つけ汁
 では、つけ汁を一口……おぉ、「豚骨魚介の進化形」ここにありですな。ベースは、豚骨・鶏ガラのようで、クドさを感じさせない程度の濃厚感と、ハードさを感じさせない柔らかなコク。これに、牛ホルモンの風味が絶妙に絡んで、さらにカツオ節・サバ節を上手く使った魚介系が、ごく自然に全体に馴染んでいます。ホルモンから脂もにじみ、それなりにオイリーなのですが、全体のまとまりの良さで、クセやコッテリ感を気にさせないところが、なかなか見事。驚くべき完成度と言えましょう。
ちっちょ@渋谷・20160331・麺
 麺は自家製で、屈曲したかなり太めの中太麺。そのまま一口いただきますと……多加水麺なのに甘みが強く、ちょっと驚き。プリプリした口あたりと、適度に重みのある歯応え、それにうっすら油でもまぶしてあるのか、取り分けやすさとスムーズなススリ心地が印象的。
ちっちょ@渋谷・20160331・麺あげ
 コイツをつけ汁にくぐらせ、ズバァ~~ッとイキますと……いやぁ、文句なし。つけ汁も甘めのカエシを使っていますが、それが麺の強い甘みを取り巻き、盛り立てるようなバランスで、得も言われぬ「口福感」。後半、麺にレモンをしぼっていただけば、ホルモン風味や動物系を従えながら、さらに味が「極」まるクライマックス。麺にスダチやレモンを添える店はザラにありますが、ここまでビシッとフォーカスが合う一品は珍しい。
ちっちょ@渋谷・20160331・ホルモン
 具材は、牛ホルモン、メンマ、キャベツに、薬味のネギ。牛ホルモンンは5~6個入り、キチンと脂身に火が通っており、しかもシッカリ下味もつけてあって、なんともウマウマ。キチンと脂身を調理してあるからこそ、つけ汁にも味が溶け込もうというモノで、この辺、どこぞのお店に見せてあげたいものですな……メンマは結構たくさん入っており、最後まで麺の食感に変化を与えてくれます。
ちっちょ@渋谷・20160331・スープ割
 スープ割をお願いすると、「海苔足していいですか」とご主人、もちろんOKして一口いただきますと……これまでイノシン酸系の旨味で充満していたつけ汁に、海苔のグルタミン酸が加わって、爆発的なシナジー効果。あまりの旨味に、チョイと目をみはりました……もちろん魚介出汁が加えるサッパリ感も、文句なし。

ちっちょ@渋谷・20160331・麺量表記
 一世を風靡した「豚骨魚介」……あまりにも追従者が多すぎ街にあふれて玉石混合、「マタオマ」とか「石を投げれば」とかサンザン言われる中で、最後は「World War Z」的な悲壮感すら漂いましたが……まだまだ「進化」の可能性があることを、ハッキリと世に示した一杯。ま、つけ麺用にしてはやや麺が長い気もしましたが、こういうタイプが好きという方もおられますし些細な問題。それよりも、この自家製麺のクォリティはハンパなく、これだと「手もみ麺」はどうなることやら……必ず、近日中に再訪します。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

大勝軒 まるいち@渋谷 「らーめん」

まるいち@渋谷・20160329・明治通り
 3月に入っても厳しい冷え込みでしたが、それも少し緩んだ一日。渋谷での仕事を終え、帰りがけに2日前にオープンした「大勝軒 まるいち」をのぞいてみることに。あの「大勝軒のれん会」分裂騒ぎ以来、この系統からは足が遠のいていましたが、あの騒動「外」の店なので、まぁいいかなと。場所は、渋谷警察署の裏手のあたり。
まるいち@渋谷・20160329・店舗
まるいち@渋谷・20160329・券売機
 公式HPでは「東池袋大勝軒で最後の弟子として修行」とありますが、結局「のれん会」には入らず独自に法人化して、新宿、大宮などに数店舗を展開してきた、この「まるいち」。メニューは「つけ麺」「らーめん」の2系統に「辛」バージョンもあり、さらに「つけ麺」には「塩」「味噌」「カレー」もあって、「まぜそば」なんてメニューも。最下段右端には「まぜそば用マヨネーズ」(50円)というボタンもありますが……アイテム別売りとは、こんなの初めて見ましたな。とりあえずは、「らーめん」(770円)をポチッとな。
まるいち@渋谷・20160329・らーめんまるいち@渋谷・20160329・スープ
 では、スープを一口……ま、本来の東池袋系ではありませんが、思いのほかまとまりの良い味。東池袋系よりは、豚骨・鶏ガラなどの動物系がグッと濃く、その割にはサバ節主体の魚介系もキッチリとバランスがとれており、カエシも甘めで飲みやすい。こういうスタイルの派生店・インスパイヤ店が随分とありますので、もはや東池袋系というと、こういう味が「ステレオタイプ」化しつつありますな……直系はもう少しシャバくて、スープ透明度もあるのですが。それにしても、個人店的な「危うさ」を全く感じさせない安定感、川越に製麺工場を持っているようですが、そちらでスープも作っているのかしら?
まるいち@渋谷・20160329・麺
 麺は自家製で、ちょっと太目の中太ストレート。パツンとした口あたりの多加水麺、コシとしなやかさを両立させつつ、ややカタめに感じさせる見事なゆで加減で、玉子麺ゆえ甘みも強い。こちらも安定のクォリティ―ですな……麺の甘味に、スープの甘味がシナジーして、かなり日本人受けしそうな「美味さ」です。「大勝軒」らしく、麺量も標準(140g程度)よりはやや多め。
まるいち@渋谷・20160329・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔、そして薬味のネギがタップリ。この肩ロース・チャーシューもメンマも、可もなく不可もなくというか、「安定」した味わい。スープ・麺が「セントラル・キッチン」的に安定した味わいですので、まぁ合っているといえば、そういえますな……海苔は、丼縁が透けるほど薄いモノ。

まるいち@渋谷・20160329・卓上
 記号化された「大勝軒」の味わいを、安定のクォリティで提供する一杯。しかし「安定」とはいっても、スープも麺もよく練り込まれた味・質感で、万人が楽しめる領域にまで高めた水準、それはそれで見上げたものです。ただし……些細なことですが、お冷の水がちょっとマズイ。都心の水道水は、蛇口から出したモノを外気に触れた状態で保管すると急激にまずくなるといいますが、そんな味がしましたな……工場でお茶でも作って、配備してはいかがでしょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR