二階堂@九段下 「味玉中華そば」

二階堂@九段下・20160726・交差点
 雨の日が続きましたが、午後から晴れた木曜日。神保町の新店を目指すその前に、グルッと九段下まで遠回りして、前回かなり気に入った「二階堂」をのぞいてみることに。少し遅い時間でしたので、てっきりスープ切れ終了かと思いきや営業中、暖簾越しに店内をのぞくと先客ゼロで、ちょっと意外。そのまま入店することに。
二階堂@九段下・20160726・店舗
二階堂@九段下・20160726・券売機
 券売機上は「中華そば」が筆頭メニューですが、前回は初訪なのに「煮干そば」を注文するという失礼千万。しかし、コイツが結構美味くて大満足、これは是非筆頭の「中華そば」をいただかずにはおられません。「冷やし中華」ボタンに心揺さぶられながらも、「味玉中華そば」(850円)をポチッとな。
二階堂@九段下・20160726・中華そば二階堂@九段下・20160726・スープ
 三つ葉の緑が、目にまぶしい丼姿。まずは、スープを一口……いやぁ予想通り、「さりげなく」美味い。丸鶏的な、鶏のふくよかな風味がフワッと広がりますが、その直後にスッキリとした魚介の旨味や香味野菜の透明感が、そよ風のように吹き抜けて、鶏と穏やかに交わるという……なんともいえぬ、落ち着いた味わい。カエシは、小豆島産を中心に数種の生醤油をブレンドしたモノだそうですが、確かに生醤油特有の味のトガリが感じられ、やや強めのキレを加えています。全体として、「東京ラーメン」的なニュアンスが、強く感じられるスタイル。
二階堂@九段下・20160726・麺
 麺は、かなり細めの中太ストレート、偏平した断面のモノで、「煮干そば」(かなり太めの中太縮れ)とは違う麺。違うのは太さ・形状だけでなく、多少加水率も抑えてあって、国産小麦特有の可憐で繊細な甘みがよく伝わってきます。しなやかなゆで上がりの麺を、ズズ~~ッっとすすると、動物系主体のふくよかな旨味が広がって、直後にスッとキレながら、スルリとノド奥に消える、この感じ。まさに、「中華そば」の醍醐味そのものですな。
二階堂@九段下・20160726・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔に三つ葉、そしてごく少量のネギと、追加の味玉。ちょっと驚いたのはチャーシューで、「煮干そば」では濃く味付けた極厚のバラ肉でしたが、コチラは低温調理で薄味に仕上げた肩ロースで、厚みも標準的。もちろん、かなりキレ味鋭いスープですので、肉本来の旨味を重視したこの一品はよく合うのですが……食後にネットでも確認しましたが、やはりメニューによってチャーシューを変えている模様、ここまでコダワっている店は実に稀少。
二階堂@九段下・20160726・味玉
 味玉は前回同様、白身も黄身もシッカリ味付けされた逸品で、写真ではゼリー状に硬化した黄身の「表面」が見えていますが、中身はシッカリとトロ~リとした仕上がり。メンマは「煮干そば」同様に風味の良いもの、三つ葉は「煮干そば」にはない演出でしたが、個人的にはちょっとうるさく感じるな……ここだけなぜか、「東京ラーメン」っぽくありません。

二階堂@九段下・20160726・醤油など
 「煮干そば」は、瀬戸内のイリコを多少派手に演出した一杯でしたが、こちらは丸鶏のふくよかさを中心に、「ネオ・クラシカルな東京ラーメン」的な落ち着いた仕上がりで勝負。どちらもよく練り込まれた「いぶし銀」的な「玄人仕事」で、甲乙つけがたい完成度ですが……それにしては、この客入りはナゼ? この近辺はラーメン不毛地帯で、あまり訪れることもないため「商流」を知らないのですが……これがロケーションのせいだとすれば、実に残念。みなさん、コイツを食べなきゃ損ですぜ、多少足を延ばしてでも、是非。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

博多 一風堂 豊洲店@豊洲 「博多 細つけ麺」

一風堂@豊洲・20160724・フォレシア
 今日は豊洲に出張って仕事、結構ヘトヘトに疲れ果て、そのまま真っ直ぐ帰ろうかと思いましたが、豊洲フォレシア「一風堂」前を一応通りがかってしまうところが、ラヲタのサガ。この店は滅多に限定なんかやりませんが……お、やってる。そのままフラフラ訪店。
一風堂@豊洲・20160724・店舗
一風堂@豊洲・20160724・ポップ
 7月31日までの限定は「博多 細つけ麺」、8月1日からは「東京 太つけ麺」を出すとの情報も。「オリーブ」「Wの辛さ」とのウリ文句も引きが強く、もちろんコイツを注文。
一風堂@豊洲・20160724・つけ麺一風堂@豊洲・20160724・つけ汁
 この店の「白丸」を見慣れた目には、オリーブがかったスープ表面が印象的。では、つけ汁を一口……おぉ、結構「オリーブ」がキテいます。ベースは、一風堂自慢の「博多絹ごし豚骨スープ」で、他メニューと同じもの。豚骨を完全乳化させず、スッキリ感とフル・ボディ感を両立させた、自慢のスープ。コイツに合わせてあるのは、かなり香り高いオリーブオイルで、具材として入るオリーブの実からもエキスがホトバシッて、実に格調高い風味が全体を覆います。薄口系と思わしき醤油ダレもキレキレの効き方で……なんかこう、「シャキッ!」としたスタイルが印象的。
 麺は、他メニューと共通で、細ストレートのいわゆる博多麺。メニューには麺量200gとありますが、加水率の低さゆえか、かなり多めに感じますな……博多麺2玉(だいたい240g)程度に感じるボリューム。
一風堂@豊洲・20160724・麺上げ
 コイツをつけ汁につけ、ズバァ~~ッとイキますと……オリーブの風味が爽やかにスゥ~ッと口腔に広がって、後から豚骨のふくよかさ、麺の甘味がゆっくりと花開く感じ。それらが、キレた塩味とともに、シャキッとノド奥に消えていきます。
一風堂@豊洲・20160724・辛味投入
 用意された辛味を投入しますと、つけ汁はご覧のようなアグレッシブな姿に。しかし、辛味はほどほどで、塩味のキレが少し増して、豚骨のボディ感が引き締まるかたち。
一風堂@豊洲・20160724・辛子高菜
 卓上の辛子高菜を加えれば、さらにキレが増して旨味が増しますが、このあたりは各自お好みで。具材は、細切りのチャーシューにスライスしたオリーブの実、そして薬味のネギと実にシンプル。
一風堂@豊洲・20160724・スープ割
 スープ割もオーダー可能で、どうなって返ってくるかチョイと楽しみにしていましたが……割スープはデフォの豚骨。塩味は、ちょうどラーメンのレベルにまで薄まり、辛味とオリーブが微妙に効いた感じで、コイツに麺を浸して食べても面白いかも。全部食べた後に発注してしまい、チョイと後悔。

一風堂@豊洲・20160724・卓上
 私は基本的に豚骨のつけ麺は食べない主義で、辛味が加えられた程度のヒネリでも、やはり触手が伸びませんが……さらにオリーブを使い、「2回ヒネリ」を加えた一杯。美味さももちろんですが、低加水麺200g以上の威力はなかなかのもの、つけ麺専門店では主流の高加水麺とは、腹持ちが全く違います。これだと、今宵のウォーキングは必須になってしまいますが……とりあえず、月島まで歩いてゴマかしたオジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR