四条富小路 麺屋虎杖@有楽町 「きのこカレー担々麺」

虎杖@有楽町・20170323・地下フロア
 交通会館の地下に築地「虎杖(いたどり)」が店を出したとか。有楽町でも人通りが少ない「穴場」的なロケーションであること、かの名店「ひょっとこ」があるフロアであることから、出店には相当な度胸が要りますな……結構な自信作を出すとみて、さっそく訪店。
虎杖@有楽町・20170323・店舗
虎杖@有楽町・20170323・メニュー
 築地を中心に海鮮料理・海鮮丼などを提供している「虎杖」グループ、もともとカレーうどんも人気でした。それが2007年頃から、築地「南店」で柚子塩のラーメンを出したり、その後「裏店」でカレーつけ麺を出したりしていましたが、その流れは築地ではとだえ、京都四条に出した店でカレーつけ麺を提供していた模様。そして、満を持して(?)有楽町に3月カレー系のお店を出店。麺メニューは「カレー担々麺」一本で、あとはそのバリエーション。デフォのメニュー写真がチョイと寂しく、ヘルシー系のトッピングが追加されたものということで、「きのこカレー担々麺」(850円)をチョイス(料金後払い制)。夜は酒・つまみメニューも豊富。
虎杖@有楽町・20170323・キノコカレー担々虎杖@有楽町・20170323・スープ
 まずは、スープを一口……うわぁ、これは約10年前から格段の進化。クセのない芝麻醤を濃いめに使い、これにクセのないカレーが見事に融合。細かな油滴となってスープに馴染む辣油と、カレー本来のスパイシーな風味が、コクに重みのある「融合体」の表面を適度にケバ立て、「浮揚感」を与えています。実に分かりやすい味の構成で、コイツは美味い。約10年前、インド風のクセのあるカレーを生クリームでまとめながら、それをなぜか柚子胡椒でスパイクさせるという、難解なアプローチだったカレーつけ麺とは、見違えるよう。
虎杖@有楽町・20170323・麺
 麺は中細ストレートで、加水率はやや高め、そして麺量は120g程度でやや少なめ。挽肉のコクも混じると、スープはかなり濃厚に感じられますが、それをスッキリとした甘さの多加水麺で受け流そうというアプローチ。スープも麺も、敢えてキャラを立てずに、一体感を重視するやり方ですな……個性テンコ盛りだったかつての「虎杖」とは、見違えるよう。
虎杖@有楽町・20170323・具材
 具材は、肉味噌に青梗菜、キノコにネギと、糸唐辛子。肉味噌がスープの濃厚感をグイグイ深めようとするのに対し、キノコのフンワリした味わいがそれを引き留めようとする、予想通りの見事なバランス。ちゃんと青梗菜をのせてくれるあたりも、代用の青菜やネギでゴマカすのが昨今の風潮ですので、ありがたや、ありがたや。

虎杖@有楽町・20170323・卓上
 どうしてもカレーはヘビーな印象を与えがちですので、同じくヘビーな印象の芝麻醤と合わせることは、ありそうでないのが業界の流れ。それを見事に結実させたあたりが、カレーうどんを振り出しに、長年カレー系で研鑽を積んできた、「虎杖」の真骨頂といえましょう。やや量が少なめですが、もともと交通会館の地下は私のようなオジさんのパラダイスですので、これはこれで問題なし。いい店ができましたな……これで「ひょっとこ」の行列も、少しは短くなってくれると良いのですが。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR