つけ麺専門 百の輔@新宿御苑 「濃厚魚介豚骨・ビネガー(ハーフ&ハーフ)」

百の輔@新宿御苑・20170430・路地
 数カ月に1回しかない新宿方面のお仕事、本当はその日新宿御苑「百の輔」を食べようと思っていたのですが、同じく御苑の「桃の木」の最終日直前でしたので、そちらへ。ま、考えてみれば、いつもの仕事場・渋谷から新宿御苑も大した移動距離ではないので、仕事帰りにあらためて「百の輔」を訪店。夜の新宿御苑は何十年かぶりですが、裏路地は結構閑散。
百の輔@新宿御苑・20170430・店舗
百の輔@新宿御苑・20170430・券売機
 3月オープンのこのお店、「魚介豚骨」「濃厚魚介豚骨」「エビとイカ墨」「ビネガー」の4種のスープがあり、そこから「ハーフ&ハーフ」として2種選んで楽しませる趣向(単独でも注文可)、神保町「可以」などの例もありますが、結構珍しいサービスです。とりあえず、「濃厚豚骨魚介・ビネガー」(950円)の組み合わせを、ポチッとな。百の輔@新宿御苑・20170430・ポップ

 麺はなんと1kgまで無料、しかし並はなんと150gという、つけ麺屋とは思えぬ数字、コイツはどう判断すればよいのやら……これで並を頼む人も少ないでしょうし、皆さんの参考にもなるし自己ルールでもあるので、ここは敢えて並盛で。
百の輔@新宿御苑・20170430・ハーフ百の輔@新宿御苑・20170430・豚骨魚介
 おぉ、なんとも賑やかな丼景色。さっそく、二つのつけ汁を試すべく、丼をカウンター上で滑らせようとしますが……この丼、結構高台部分が小さくて、下手をするとひっくり返してしまいます、皆さんもご注意あれ。まずは、濃厚魚介豚骨の方から一口……かなり炊き込んだ重みのある豚骨に、ガッチリ食い込むサバ節が、イイ感じのコンビネーション。醤油ダレは思いっ切り甘めにフッており、コイツは明らかに別スープとのコントラストを意識していると思われ。
百の輔@新宿御苑・20170430・ビネガー
 続いて、ビネガーの方を一口いただきますと……おそらくベースは豚骨に昆布・節系の出汁を多めに加えたもので、これに非常にフルーティな果実酢と黒胡椒や唐辛子、それに(おそらく)ピザなどに添えられるオリーブオイル・ベースの辛味油も加えている感じ。非常に派手な味わいで、酸味と辛味がピンピンと尖り、「イタリアンな酸辣湯」的な味わい。
百の輔@新宿御苑・20170430・豚骨魚介麺上げ
 麺は、予想通り非常に個性派、太麺ストレートを非常にカタメにゆで上げており、ムスッムスッと重量感ある歯応え。つけ汁に浸してようやくタワむくらいのカタさですので、ノド越しは期待せず、キッチリ咀嚼しながら豊かな甘みを楽しむタイプですな……2, 3本箸でつまんでは、ヨイショ・ヨイショと噛み込むうち、150gでも十分な満腹感が得られます(客観的に見ても180gくらいのボリュームあり)。コイツを「濃厚魚介豚骨」に浸せば、つけ汁の甘みと麺の甘みがシナジーして、それを重量感ある豚骨の脂分がブワッと口腔に広げる感じ。
百の輔@新宿御苑・20170430・ビネガー麺上げ
 一方「ビネガー」の方に浸せば、つけ汁の酸味・辛味が麺の甘みをビシッと引き締め、それをオリーブオイルがサラリと口腔に広げる感じ。両者極めて対照的で、この組み合わせは一つの正解のようですな。
百の輔@新宿御苑・20170430・具材
 具材は、つけ汁(両方)には小さな賽の目切りのチャーシューと薄く切ったメンマ、それにネギ、麺皿には大判の肩ロース・チャーシューが一枚。つけ汁の具材も、切り方が工夫されて麺との絡みが実によく、それだけで結構テクニカルな仕上がりですが……白眉は、この大判チャーシュー。(おそらく)切り分けたチャーシューをもう一度醤油ダレに漬け、さらに炙りをキッチリ入れたモノ。クッキリと際立つ濃い味わいで、香ばしさもナカナカ、いい仕事のモノですな。割スープは、おそらく両つけ汁に使われている魚介出汁と同じ組成、コイツを加えれば、当然のように味が「線形」に伸びていきます……

百の輔@新宿御苑・20170430・ポップ
 巧みなメニュー設計と、高度なワザが光る一杯。それゆえ基本で950円という強気なプライシングなのでしょうが……値段以外は、ほとんど誰にでもオススメできるクォリティ。ただし、唯一この麺の設定は個性的。少なくとも、「中高年」でも「高年」直前のオジサンには、150gでもそれなりの満腹感。これを1kgも食べられる人がいるのでしょうか……ご注文の際は、十分にご注意を。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

麺屋 我龍 新橋店@内幸町 「極上桜姫」

我龍@内幸町・20170427・交差点
 朝鮮半島ではキナ臭い雰囲気、ミサイル飛んでくるならこの日だと言われていたまさにその日、ドーセ死ぬならラーメン食べながら死にたいもの。国政中枢に近いあたりで食べていれば、ラーメン丼片手に一瞬で蒸発できるでしょう……というわけで、内幸町の新店「我龍」へ。
我龍@内幸町・20170427・店舗
我龍@内幸町・20170427・券売機
 4月オープンのこのお店、場所は「おらが」跡地でほぼ居抜き、ネット情報では北坂戸のお店が移転したモノだとか。メニューは「極上桜姫」系ラーメンと「濃厚魚介つけめん」の2系統、券売機にはすでに「限定」コーナーも用意され、今後が楽しみ。まずは、筆頭系の「極上桜姫」(780円)をポチッとな。
我龍@内幸町・20170427・極上桜姫我龍@内幸町・20170427・スープ
 カウンターのお洒落なポップ(写真は下掲)に目を奪われているうち丼到着。まずは、スープを一口……コイツぁ「硬派」、ポップの雰囲気とはまるで違う、骨太な美味さが印象的。「桜姫」というのは宮崎のブランド鶏、おそらくその肉付きのよいガラ使って、トロリとするまでジックリ炊き込んであり、鶏の風味と旨味が驚くほどに力強い。さらに、そのトロミを損ねない程度に魚介出汁が仕込んであり、サバ・カツオの節系が鶏の風味をギュッと引き締め、さらに力強く感じさせます……いやぁ、コイツは美味い。
我龍@内幸町・20170427・麺
 麺は、中太ストレート。低加水の麺を固めにゆで上げ、パツッとした口あたりとポクポクとした歯切れ、全体的に食感に重みがあり、それでいて麺量は160gほどとやや多め、コイツは食べ応えがありますな。粉もおそらく国産系主体で、クセがないのに力強い。コイツが、トロリとしたスープをタップリ持ち上げて……グン、グン、グンッと、味わいが口の中で暴れる感じ。もとは北坂戸の店だというのがよくわかる、郊外店特有の「野趣」を楽しめます。
我龍@内幸町・20170427・具材
 具材は、鶏チャーシュー2枚にメンマ、薬味のネギと糸唐辛子。鶏チャーシューは、ムネ肉を低温調理で仕上げたモノ、超大判でしかも超厚切り、この日はたまたまか切り落とし部分も入っており、ここにも郊外店特有の「野趣」プンプン。しかし、シンプルな味付けながら塩麹を使っているのか味に深みがあって、その食べ応えには大満足。多めに入る糸唐辛子も、イイ感じでキレを絡ませてきます。

我龍@内幸町・20170427・ポップ
 スープ・麺・具材、全てが味わい深く、すべてに食べ応えもボリュームもあって、このご時世これで780円とは……ついに新橋に、「期待の新星」が現れましたな。こういう「分かりやすい価値」を作り出す店は必ず伸びる、普段仕事でベンチャーさんなどを多く見ているので分かります。行列店になる前に、つけ麺も食べておかねば……この店の丼抱えながら、北朝鮮のミサイルで蒸発するなら、それはそれで本望です。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR