ふるめん@六本木一丁目 「担々麺」

ふるめん@六本木一丁目・20170425・坂道
 先日「煮干し醤油」をいただいて、その美味さに驚いた「ふるめん」。その時見かけた路上看板では、メニュー人気第2位は「担々麺」……コイツは気になる。週末、またテレ東横の坂を六本木通りへ下り、お店へ向かいました。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・店舗
ふるめん@六本木一丁目・20170425・メニュー
 相変わらず小ざっぱりとしたお洒落な店内、禁煙ではありませんが、吸う方もiQOS使ってまわりに気配り……チョイと「六本木」チックな雰囲気ですな。メニューはご覧の通りで「担々麺」(950円)を注文、薬味はネギかパクチーを選べますが、とりあえずパクチーで。湯煎したボウルの中でスープと芝麻醤を合わせるなど、結構丁寧な調理工程。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・担々麺ふるめん@六本木一丁目・20170425・スープ
 相変わらず、華麗な色合いの丼景色。辛味ダレはパクチーの下に隠れていますが、まずはコイツを混ぜ込まず、スープを一口……いきなりガツンと来る「和山椒」。ベース・スープに魚介系が効いているせいか透明感が強く、おかげで芝麻醤もさほど濃くは感じませんが、その大人しくクリアな空間にキンキン響く、和山椒独特の青っぽい風味。辛味ダレを溶かし込んでも、辛味とコクがグッと強まりはしますがやや単調で、山椒の「キンキン」は目立ったまま……これは、賛否分かれますな。ネット情報にあった別添えの辣油も、この日はありませんでした。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・麺
 麺は、他メニューと同じで、やや太めの中太ストレート。ゆで加減も「煮干し醤油」と同様にカタめにゆで上げ、多少ヘビーな食べ心地。これでも、スープが濃厚ならある程度噛み合うんでしょうが、和山椒でクリア感が強調されたこのスープとの相性は、どうもチグハグ。
ふるめん@六本木一丁目・20170425・具材
 具材は、蒸し鶏に搾菜、福神漬け(?)に薬味のパクチーなど。蒸し鶏にはキチンとした味がついており、芝麻醤との相性も抜群、パクチーが加える鮮烈な風味も、和山椒のクリア感と上手く呼号、これらのコンビネーションは悪くありません。福神漬けで紫蘇風味と酸味を加えようという演出も、和山椒と見事にマッチ。

ふるめん@六本木一丁目・20170425・卓上
 「担々麺には花椒」という既成概念から一歩踏み出した、勇気ある試み。ただ、その試みをサポートするには、もっとベース・スープの動物系に「個性」が必要な気が……たとえば鰻蒲焼では、本来クサミのある鰻を強烈なタレで仕上げるからこそ、和山椒の「キンキン」感が効いてくるように、クセのある動物系に濃厚な芝麻醤が絡んでこそ、和山椒も活きてくるな……そんな印象。今後の改良に期待します。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Oriental Kitchen ごまだら@小川町 「ごまだらタンタン麺」

ごまだら@小川町・20170423・交差点
 メッキリ暖かくなってきて桜満開、花見もまさにピークですが、こうなるとオフィス街の新店はむしろ空いているだろうと「逆張り」、小川町の「ごまだら」へ。場所は「THANK」のちょうど裏手(「表」といった方が正確か)。
ごまだら@小川町・20170423・店舗
 お店に着くと、店内では何やら撮影後の撤収作業、「貸切ですか?」と尋ねると、綺麗な洋服を着たオネーさんが「いえ大丈夫です!」……どこかで見たことがあると思ったら、あの「ラーメン女子大生」だった人なのね。まだまだ頑張っておられるご様子。
ごまだら@小川町・20170423・メニュー
 (カウンター席の照明が黄色く、少し補正しましたが結果イマイチ、ご容赦)3月オープンのこのお店、なんでも湯島の担々麺の名店「阿吽」の元店長がプロデュースされたとか。メニューは「汁なし麺」「タンタン麺」「ゴマボナーラー」「パンプキンごま麺」の4種類。創作系と思われる後半2種に激しく惹かれますが……まずは基本の味わいを確認することにして、「ごまだらタンタン麺」(850円)をば(後払い制)。
ごまだら@小川町・20170423・担担麺ごまだら@小川町・20170423・スープ
 野菜系の彩りが、フレッシュな印象を与える丼景色。まずは、スープを一口……独特な芝麻醤が印象的。白胡麻主体の芝麻醤、非常に細かく念入りに胡麻を挽いてあるせいか、ミルクかクリームでも入っていると思えるほどの、まろやかさ。甘みもコクも最大限に発揮され、この力強い味わいが全体を通底していきます。辣油は辛さのキレを意識した調整、花椒は序盤に軽く、後半やや力強さを感じさせる程度のきかせ方で、あくまで芝麻醤を中心にまわりを固めるフォーメーション。
ごまだら@小川町・20170423・麺
 麺は、やや太めの中太ストレート。柔らかめがお約束の担々麺のなかでは、多少かためのゆで加減で、プリッとした口あたりとやや重めの歯ごたえが印象的。甘みも非常に強く、芝麻醤の力強くまろやかな甘みとシナジーして、辛味が全体をシャープに引き締めるような役回りで……いやぁ、なかなか見事な完成度。
ごまだら@小川町・20170423・具材
 具材は、肉味噌と、レタスなど葉物野菜数種と水菜など。非常にマイルドながら、ともすればやや重さも感じさせる芝麻醤が主役だけに、これを野菜のフレッシュ感で受けようという具材設計は大正解、数種混じってフレッシュ感にも変化があり、全く食べ飽きしませんな。肉味噌も、コクをスープに移すというよりも、スープを吸ってコクを出すタイプで、麺に時たま絡んでは、旨味をジュワーッと発揮して、よいアクセントになってます。

ごまだら@小川町・20170423・卓上
 この近くには「かつぎや」「辣椒漢」があり、神保町・小川町あたりでも「担々麺の聖地」的なロケーションですが……そこに湯島の名店が「殴り込み」という理解でよいのかしら。それにしてもこの芝麻醤、チマタの担々麺からどこかに一歩踏み出そうとするような、一種独特なスタイルですが……これはやはり、「ゴマボナーラー」「パンプキンごま麺」といった創作系が「主戦力」なのかもしれません。基本メニューは確認できたし、近々「本丸」を攻めに、是非。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR