燕三条 工場食堂@虎ノ門・内幸町 「侍ラーメンさんの背脂ラーメン」

工場食堂@西新橋・20170927・交差点
 虎ノ門ヒルズの近くで、期間限定で本場・燕三条のラーメンが食べられるとか。ここのところ都心でも燕三条ラーメンを出す店が次々オープンしておりタイムリー、さっそく訪店。場所は、汐留方面から伸びる「マッカーサー道路」(いまは「新虎通り」と呼ぶんだとか)が、虎ノ門ヒルズに突き当たるあたり。
工場食堂@西新橋・20170927・店舗
 「新虎通り」周辺に小さな商業設備を散在させ、「旅する新虎マーケット」として全国の魅力を集めようという企画。7月から10月1日までは「夏の章」として新潟県の5市を特集、商業設備のうち「STAND 3」が燕市・三条市を取り上げた「工場食堂」で、そこで三条市の老舗「侍ラーメン」の定番が食べられます。夜のメニューはご覧の通りで、ラーメンの他はつまみ系が中心。
工場食堂@西新橋・20170927・メニュー
 ドリンクメニューには、地元で製造した24金のステンレス・カップで飲めるとありましたので、ちょっと自己ルールを踏み倒してバドワイザーを頼んでみましたが……出てきたのは普通のグラス(写真は下掲)、地ビールを頼まないとダメなのかも。ま、そんなこんなで「侍ラーメンさんの背脂ラーメン」(850円)を注文。
工場食堂@西新橋・20170927・背脂ラーメン工場食堂@西新橋・20170927・スープ
 背脂が覆うスープ表面に、雪のようにのる刻みタマネギが美しい。まずは、スープを一口……いいなぁ、この「田舎臭さ」がタマリマセン。燕三条ラーメンは、もともと地元工場で働く人たちへの出前として発達したもの。出前中に冷めないように背脂でスープを覆い、汗かいて働く工員のために塩分高め。ベースは動物系が豚骨主体で、魚介系が煮干し主体、双方ともかなり「ワイルド」なのが燕三条系の特徴ですが、まさにこれら特徴をほぼ体現。このスープでは、煮干しはやや控えめな主張ですが、豚骨が特に力強く、食欲をそそる程度に臭みもあって、コイツはタマリません。
工場食堂@西新橋・20170927・麺
 麺は、極太の平打ち麺。これも燕三条系では本来のスタイルで、工場に出前する間にノビないようにする工夫。ワサワサとした荒っぽい口あたりに、硬質な歯応え。多少ゆでが足りないフェットチーネのような食べ心地ですが、コイツがワイルドなスープと背脂をまとって、強引に口の中で暴れまわる感じが、また格別。それに固ゆでですので腹持ちも結構よく、このあたりも工場で働く人々に、支持されてきた所以でしょう。
工場食堂@西新橋・20170927・チャーシュー
工場食堂@西新橋・20170927・メンマ
 具材は、チャーシュー、メンマと、刻みタマネギとネギ少量。注目はメンマで、醤油で濃く味付けながら食感パリパリという、都心では滅多に見かけないタイプ。でも、燕三条系では標準的なスタイルですので、未体験の方は是非。チャーシューもモモ肉使用でカタめの食感、このあたりの田舎臭さも、堪能すべきポイントですな。

工場食堂@西新橋・20170927・卓上
 ここ数年、神保町とか曙橋とか御茶ノ水とか、燕三条系を出すお店がずいぶん増えてきましたが、それらがいかに都心の客にフィットするよう改良努力を重ねているか、如実に分かってしまう「源流」的な一杯。ラーメンは、私たちラヲタの「嗜好品」である以前に、現場のニーズに応えるために発展してきた「実用品」であることが、明瞭にわかる一杯。「実用品」特有の「機能美」が、得も言われぬ光を放ちますな……食べられるのは9月中、ご興味ある方は是非。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

旭川ラーメン 番外地 百軒店@渋谷 「味噌ラーメン」

番外地@渋谷・20170923・お祭り
 昼間28度くらいだった気温が、日が落ちてもそのまま続き、結構蒸し暑い9月の夜。道玄坂にはあちこちに幕が張られ、どうやら百軒店にある神社のお祭りかしら。ふと、百軒店入口にできた新店を思いだし、フラフラ訪店。
番外地@渋谷・20170923・店舗
 昨年10月オープンのこのお店、まぁ新店とはいっても八重洲地下のお馴染み「番外地」の暖簾分け店。八重洲のお店の創業は1965年とのこと、赤羽にもお店があるようですが、創業50年以上経過して突然3店舗目ということですか……あの広い地下街でもJR八重洲口に近いあたりにあって、昔は地方からの出張者を新幹線に送り出す前の、最後のシメで何回か訪れましたが、味はよく覚えていません。
番外地@渋谷・20170923・メニュー
 旭川ラーメンのお店ですが、メニューは筆頭の特製はともかくとして、その次がバターコーンで生姜へ続くという、なんだかよく分からない構成。基本のラーメンには味噌・醤油・塩があり、とりあえずその中でも筆頭の「味噌ラーメン」(800円)をオーダー。料金は前金制です。
番外地@渋谷・20170923・味噌番外地@渋谷・20170923・スープ
 ナミナミと注がれたスープに沈む麺と具材、以前広尾で旭川「天金」出身の方のラーメンを食べたことがありますが、丼景色が似てますな。まずは、スープを一口……おぉ、老舗にしてはアグレッシブな味わい。味噌ダレは赤味噌主体で、そのままだとやや重く平坦な味わいになるところを、高めの塩分濃度でキレを出し、ニンニクでコクを盛り上げて、やや多めのラードでコッテリ感もプラス。どちらかといえば札幌系の味わいですが、老舗なりに「攻めた」味です。
番外地@渋谷・20170923・麺
 麺は、中太のちぢれ麺。旭川系の麺と違って多加水で、口あたりはプリッとしていますが、歯応えにはどこかモサッとした感じもあって、この点だけは旭川っぽい。ただ、ビビッドな多加水麺に、赤味噌主体のスープを絡ませて頬張れば、気分はそこはかとなく、「札幌」ですな……
番外地@渋谷・20170923・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ネギとシンプル。バラロール・チャーシューもメンマも、トラディショナルな味と食感。後半、卓上の豆板醤を投入してみましたが、辛さ以上にコクがグッと深まる感じで、コイツはなかなか……ただ、さらに塩っぱくなりますので、スープ完飲はご法度ですな。

番外地@渋谷・20170923・卓上
 百軒店あたりでサンザン飲んで、ヘベレケになった酔客にも、ガツンとパンチがききそうな一杯。深夜は始発まで営業というのも、酔客には使い勝手がよさそうで……バブルの頃は、表参道あたりで飲んだくれ、渋谷に流れて百軒店や駅前あたりで始発まで飲み明かしたものですが……シメにこれを食べスープを完飲すれば、塩分とケミカルでシビア・ダメージ間違いなしですな。酔ってご来店の際は、くれぐれもお気を付け下さい。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR