ばりき家@高田馬場 「豚骨醤油ほうれん草増し」

 どうも最近忙しく、「どうしても行っておきたい」と思うお店にも、週1軒行けるか行けないか。この日もなんとか時間をひねり出して、高田馬場「ばりき家」へ。
ばりき家@高田馬場・店舗
ばりき家@高田馬場・前門の虎
 立川の人気店と聞いておりますが、出店したのは高田馬場駅の西口方面でも特にラーメン屋が密集する地帯。しかも、よりによって「純連」「ぼたん」と隣接し、まさに「前門の虎、後門の狼」状態。以前、札幌の人気店「山桜桃」も同じ場所に出店し、かなり苦戦した場所です。
ばりき家@高田馬場・券売機 家系のお店ゆえ、メニューは「豚骨醤油」と「塩」の2本立て、ただ太麺・細麺が選べるところが、ちょっとユニーク。初訪ゆえ、まずは基本系から「豚骨醤油ほうれん草増し」(780円)をポチッとな、「太麺・固め・少なめ」でお願いしました。厨房のお二人は非常に手慣れたオペレーションで、約4分で丼到着。
ばりき家@高田馬場・ラーメン
ばりき家@高田馬場・スープ
 おぉ、褐色のスープに褐色のチャーシュー、かなりアグレッシブな丼景色。では、スープを一口……豚骨はかなりハードに炊き出してあり、髄とゼラチン質がタップリと溶けだして、レンゲの中でプルプルするようなスープ粘度。しかし、味は見た目ほどワイルドではなく、加えた鶏ガラのせいかコクはスマート、髄が加える香ばしさもホドホドで、カエシもかなり濃く見えますが、カドをゼラチン質で上手く丸めてあります。ただし……そのゼラチン質のせいで、味の焦点がイマイチ定まらず、「ボヨヨン」とした味わいの中で、旨みだけが強烈に訴えかけてくる、そんな感じ。
ばりき家@高田馬場・麺上げ 麺は太麺で細かく縮れが入ったもの。ちょっとゆでムラがありますが、キッチリ固めのゆで上がりでコシも十分、甘みも豊かでスープの迫力に全く負けていません。細かい縮れとスープ粘度の組み合わせは絶大で、太麺なのにスープをドップリと持ち上げて、口の中に濃密な味を広げます。

 具材は、チャーシュー・海苔に、増量したホウレン草。肩ロース・チャーシューはかなり薄く切り分けられていますが、非常に味付けが濃いので、この薄さでちょうどいいかも。ホウレン草も丁寧な下ごしらえで風味抜群、海苔もまずまずのクォリティです。
 終盤、例によってニンニク、豆板醤を試してみましたが、分厚いゼラチン質に阻まれて、ボヤッとしたレスポンス。こうなると、ちょっと考えモノですな……しかしまぁ、こういうどこか「広東麺」的なトロミの家系もまた一興、非常に真面目に作られた一品ですので、「塩」も結構やりそうですな。
ばりき家@高田馬場・心意気
 立川での人気に甘んじず、ラーメン聖地・高田馬場の「最難関スポット」に出店した上に、「地域で一番になる」というその心意気、見上げたもんです。横でスマホいじくりながらタラタラとラーメンすする若者に、ツメのアカ……じゃなくて、「豚の骨髄」でもブチ込んでやってください

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR