(店名未定のラーメン店)@西武新宿 「醤油らーめん」

名前のない店@新宿・ガード この店の話題はネットで知っていましたが、「まぁ、店名が決まってから行ってみるか」と考え、そろそろ1カ月。西武新宿北口のガードをくぐって、様子をうかがうと……まだ看板はありませんでした。ここは、かつて「わさび」があったところ。
名前のない店@新宿・店舗
名前のない店@新宿・引き戸
 入口のサッシは手動でして、コイツがクセ者。なんとなく、真中に手をかけて、右にあけてしまいそうですが、実は真中2枚はつながっていて一緒に動き、さらに一番右のサッシも動いてしまって、入ることができません。正解は、真中2枚を左に動かすんですが……わかるか、そんなもん。
名前のない店@新宿・券売機
 入口右手の券売機をチェックすると、もう限定が始まっているし……店名もないのでプレオープン状態かと思いきや、すでに本格営業に突入している模様。とりあえず初訪ゆえ、筆頭ボタンの「醤油らーめん」(730円)と「味玉」(100円)を、ポチッとな。厨房のオペレーションは実に手慣れたもので、丼は約5分で到着、なんとも美しい盛りつけです。
名前のない店@新宿・醤油ラーメン
名前のない店@新宿・スープ
 では、スープを一口……見かけはシンプルですが、かなり凝った味の構成。しっかりとコクがでているベーススープ、やや甘めのカエシが動物系の旨みとキレイにシナジーしており、さらに香味油で仕上げていますが……カエシからか香味油からか、微妙に辛味を加えて隠し味にしており、クッキリと際立つ甘みと旨み。さりげない「小技」が光るカッチリした味、「玄人」好みのスープですな。
名前のない店@新宿・麺上げ 麺は細ストレートで、多少柔らかめのゆで加減。しかし、その方がむしろ麺の甘みが引き立って、辛味でクローズアップされたスープの甘みと実によく合う。さらに、軽快な歯切れとしなやかなノド越しで、スイスイ箸が進みます。
名前のない店@新宿・味玉 具材は、チャーシュー、メンマ、薬味の白髪ねぎ・糸唐辛子にアクセントのミツバ、そして追加の味玉。低温調理でローストポークっぽく仕上げたチャーシューも見所ですが、ハイライトは実は穂先メンマで、漢方のようなハーブのような、独特の風味が付けられていて、これが爽やかなアクセントを加えます。味玉もご覧の通りの仕上がりで、スープに辛味の伏線が引いてあるため、糸唐辛子が加えるリズムも実に効果的。

名前のない店@新宿・卓上 極めて高い完成度、「玄人」的にも「素人」的にも、存分に楽しめる一杯です。そして、なんとなくですが……淡い辛味を帯びたこのスープ、どこかかつての「わさび」に共通するものがありますな。ご主人も、何処かでお見かけしたような気がするし(お店までは思い出せませんが)。そこで、「お店の名前は?」とご主人にお聞きしたところ……ちょっと目を泳がせながら口元をほころばせ、「2月上旬には」とのこと。要するに、「確信犯」というやつですな。

 お店は、「東京都新宿区歌舞伎町2-46-7」あたり。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そのとおり

「確信犯」というやつですw

中の人はわさびですね

でも前よりかなりまとまってて
惹く味になってますねー

名前も付けないままが惹くことを
もう知ってしまっている感がありますねw
非公開コメント

トラックバック

名前のないお店@新宿 「醤油ラーメン+味玉サービス」

ずっと 開店祝いの花が店頭に置かれていたり ずっと 閉店売り尽くしセールをやっているような そういう手法とは 一線を画した感のある 一つの問いかけの形 店名を書かないという

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR