麺屋 翔丸@大久保 「醤油ラーメン 並盛」

翔丸@大久保・大久保
 新宿方面の仕事が押しに押し、昼時まっただ中の新宿で、サクッと食べて会社に引き上げねばなりません。「どうするか……」と頭を巡らせ、敢えて一駅先の大久保へ。
翔丸@大久保・店舗
翔丸@大久保・券売機
 狙い目は、駅入口すぐ近くの「翔丸」。この界隈では以前からメジャーな存在ですが、「撮影禁止」の店としても有名で、ちょっと足が向きませんでした(今は断ればOK)。券売機は入口右手、全くの予習不足のため、とりあえず筆頭ボタンの「醤油ラーメン 並盛」(750円)を、ポチッとな。

 12人は座れる大型カウンター、それを厨房の御主人一人で切り盛りするという超人プレイ。麺をゆで槽に泳がせ、タイマーも使わず頃合いを見極め平笊で湯切り、むしろタイマーはスープ温めに使っており、温度管理が難しい魚介系を使うお店としては、まずベストと言える製造工程、こういう店は珍しい。ロット処理の関係で時間がかかり、丼は約9分で到着。
翔丸@大久保・醤油ラーメン
翔丸@大久保・麺上げ
 麺は自家製で、かなり太めの中太ストレート。国産小麦に薄力粉をブレンドしているというだけあって、ソフトな歯応えに軽快な歯切れ、自慢のモンゴル産天然かん水もやや控えめな使い方で、しなやかな麺が口腔をサワサワとくすぐるような心地よさ。この近辺では、あの佐野実氏も絶賛する東中野「好日」の麺に通じるところがありますな。
翔丸@大久保・スープ スープは豚骨ベースですが、魚介のきかせ方が独特で、敢えて魚臭さを残し「鮮魚」感すら覚えるほど。しかし旨みは実にまろやかでエグミはなく、醤油とあいまって一種「魚醤」的なニュアンスすら感じられます。私は魚介出汁を取るのが趣味なのですが、おそらくサバ節をワザと大量に使い相当煮込まなければ、こういうニュアンスは出ないはず。

 具材はチャーシュー、海苔に、水菜・ネギ。スープが敢えてクセを強調するスタイルですので、水菜・ネギは効果的。肩ロース・チャーシューは単体では美味いのですが、その位置づけがやや不明確ですな。

翔丸@大久保・卓上
 「麺を美味しく食べる」という命題のもと、「麺の味を補完するだけの役割」としてスープを位置づけるなら、スープ単体で美味しくある必要はない、そんなメッセージが感じられる一杯。しかし、麺・スープの主・従をハッキリ位置づける「つけ麺」のスタイルを、「ラーメン」にも当てはめ直すことができるかですが……意見が分かれるところでしょうな。美味い麺に美味いスープ、そして具材とのシナジー、これら全てを「両立」させようというラーメン本来の「レゾンデートル」に対して、面白い「仮説」を投げかけた作品でした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR