てるぼうず@三田 「わんたんめん」

てるぼうず@三田・路地
 例によって金曜夕方からの不毛な会議、例によって疲れ果て、例によってラーメン店に癒しを求めて彷徨います……三田の新店「てるぼうず」へ。お店は、慶應通りからNEC本社方向へ逸れる路地を少し入ったあたり。
てるぼうず@三田・店舗
てるぼうず@三田・メニュー
 至極シンプルなメニュー、ネットによれば「たんたん亭」「かづ屋」といった系譜のお店とか。夜の一品メニューにも「皿わんたん」や「焼わんたん」などがあり、まずは「わんたんめん」(900円)を食えということですな。
てるぼうず@三田・インテリア
 白壁に白木のインテリアで、喫茶店かと見紛うほどの、なかなか洒落た雰囲気のお店。エプロン姿の女性店員さんも凛々しい立ち居振る舞いで、ますます「街のラーメン店」とは思えません。丼は約7分で到着。
てるぼうず@三田・わんたんめん
てるぼうず@三田・スープ
 では、スープを一口……なんともクリアで、スッキリとしたお味。クリアな味わいの鶏ガラに、硬質なコクの豚骨清湯を寄り添わせ、スッキリとした旨みの魚介出汁を合わせています。カエシも軽く味に輪郭線を加える程度で強すぎず弱すぎず……全体として、「スカッ」と突き抜けるようなアッサリ感。しかし、後半食べ進むほどに実に豊かな旨みがジワジワと強まってきて、決して食べ飽きしないところが面白い。
てるぼうず@三田・麺上げ
 麺は、かなり細めの中太ストレート。しなやかな口あたり・ノド越しですが、「ポリッ」と軽快な歯切れが心地よく、こういう食感の両立は結構珍しい。麺のソフトで優しい甘味が、生姜でキレを増していくスープの中で徐々にクッキリと浮き彫りになってきて、結構食べ応えがあります。
てるぼうず@三田・わんたん
 具材は、ワンタン、チャーシュー、メンマに海苔、そしてネギと生姜。ワンタンの肉餡は、生姜をきかせてくさみを抑え、挽肉特有のアクも感じさせない、スッキリとした味わい。薬味の生姜がスープのキレを増すほどに、肉餡の生姜と徐々に強く「共鳴」し始めて、ちょっと「見せ場」を作ります。肉汁でスープのキレを邪魔しないよう、敢えてホロリと仕上げたチャーシューも、なかなかイイ味出してます。
てるぼうず@三田・焦がしネギ
 終盤、卓上の「焦がしねぎ」をひとサジ投入。中身は、揚げネギ、鷹の爪、ニンニク・チップのようで、甘さ・辛さを同時に加えて味のダイナミック・レンジを広げた上に、さらにニンニクでコクに太さを与えようという「設計思想」。そして、まさに設計通りの効果が加わって、生姜が作り出した「見せ場」を、スムーズに「クライマックス」へ導きます。

てるぼうず@三田・看板
 非常に細かい要素を、実に緻密に調整して作りだされた、極めて「整った味」。しかしそれは、「静的」な美しさではなく、「アクティブ」なメリハリをもった美味しさで……上戸彩のような「動的な派手さ」でもなく、佐々木希のような「静的な美しさ」でもない。強いて例えれば、剛力彩芽のような「動的な美しさ」とでもいいましょうか……この歳のオジさんでも、ちょいとキュンとくるよな、お味でした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR