ビストロ de 麺酒場 燿(ひかる)@東中野 「越後長岡濃口醤油あっさりら~めん」

燿(ひかる)@東中野・北口
 快晴の月曜日、お昼時の東中野駅北口は、ノホホンッとした雰囲気。長岡系ラーメンを食べさせるという「ビストロ de 麺酒場 燿(ひかる)」へ。
燿(ひかる)@東中野・店舗
燿(ひかる)@東中野・メニュー イイ感じの店構え。「昭和」っぽさを出しているんでしょうが、昭和にこんなキレイ店はなかったような……昭和っぽいのは、看板の女の子の髪形だけだったり。メニューは意外にバリエーション豊かで、「長岡」や「G麺系」、油そばもつけ麺も勢ぞろい。もちろん注文は「越後長岡濃口醤油あっさりら~めん」(650円)、大盛無料との案内でしたが、普通盛りにして「味玉」(100円)をプラスしました。

 これだけのバリエーションをどうこなしておられるのか興味津々でしたが……厨房には寸胴が2本あり、1本は「G麺系」で背脂タップリ、もう一本が「長岡」系の模様。カエシは共通ですが、「長岡」系には後から塩を加えているようです。丼は約6分で到着。
燿(ひかる)@東中野・長岡ラーメン
燿(ひかる)@東中野・スープ
 では、スープを一口……私は現地・新潟県長岡市でラーメンを食べたことはないのですが、第一印象が秋葉原「青島食堂」と似ていることから、雰囲気は出ているのかも。生姜を強くきかせた豚骨主体の清湯スープ、コイツに濃口醤油を効かせるところまでは「青島食堂」そっくりですが、塩&ケミカルで「濃さ」を演出しているあたりが、ちょいと異なりますな。ただ、この方が関東の方には合いそうだし、これで大盛りにすれば働き人の満足感も高いかも。
燿(ひかる)@東中野・麺上げ
 麺はやや太めの中太ストレートで、加水率はやや高めですがソフトなゆで上がりで、スープの味もよくシミてます。大人しめながら甘味をシッカリ主張してくる麺で、濃いめのスープに結構よく合う。ワシワシ食べていると、並盛ではやや麺量少なめに感じてしまいます。
燿(ひかる)@東中野・味玉
 具材は、チャーシュー、メンマ、ホウレン草にナルト・ネギ、そして追加の味玉。チャーシューは薄切りの肩ロースですが、味がシッカリしみた一品、薄切りゆえにスープ・麺との絡みも良くて、コイツはなかなか。ただし、味玉はちょっとしょっぱいなぁ……それに、ホウレン草やメンマも麺量に対してちょっと多い。この具材の量は、「大盛り」に合わせた設定のようです。

燿(ひかる)@東中野・看板
 「青島食堂」が長岡系ラーメンの典型として語られることが多いので、本場を知らない私としては、どうしてもそういう基準で見てしまいますが……生姜、醤油、塩味をかなりデフォルメしたようなバランスで、上手く特徴を捉えているのかも。この分なら、きっと「G麺系」も、よく雰囲気出しているんでしょうな……ま、こういう「似顔絵作家」的なアプローチもアリだとは思いますが、やや「モノマネ」的な対象の捉え方になっており、「本当の魅力」が伝わってきていない気も。なんとなく、この店の「オリジナル」を食べてみたい気がした、オジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR