希望軒@新宿三丁目 「希望軒ブラック(味玉入り)」

希望軒@新宿三丁目・三丁目
 午前中の用事に手間取り、すでに正午。数日前にオープンした新宿三丁目の某店をのぞきますが、予想通り店内待ち多数。まぁ、ここは次の機会にしておいて、先日宿題になってしまった「希望軒」へ。
希望軒@新宿三丁目・店舗
希望軒@新宿三丁目・メニュー
 いかにも関西の店っぽい派手な外装、私も関西に住んだことがあり、こういう押し出しの強さは嫌いじゃありません。メニューは「とんこつ」「ブラック」「ごま味噌」に「つけ麺」が数種。看板メニューは「とんこつ」のようですが、それでは月曜昼から卓上のニンニクをブチ込んでしまいそうですので、今日のところは「希望軒ブラック(味玉入り)」(850円)で。やや麺ゆでに時間がかかり、丼は6~7分で到着。
希望軒@新宿三丁目・希望軒ブラック
希望軒@新宿三丁目・スープ
 では、スープを一口……メニューには「あっさり醤油」とありましたが、どうしてコイツは結構ヘビー。かなりオイリーなこのスープ、ベースは鶏ガラスープですがオイルは鶏油ではなく、おそらく豚の脂……ラードなのか、はたまたチャーシュー煮汁の脂分なのか。醤油は濃口使用で見かけほどは塩辛くなく、むしろ甘めに味付けてあります。全体としてなんとも独特の味わいで……上手く伝わらないかもしれませんが、強いて例えれば「コロモを醤油で味付け、豚ラードで揚げた、鶏カラ揚げ」といった雰囲気。親しみやすい味ですが、ラーメンとしては珍しい味。
希望軒@新宿三丁目・麺上げ
 麺は菅野製麺製で、やや太めの中太縮れ。プリプリにゆであがっていますので、ラーメンを食べ慣れない方は、汁ハネに十分ご注意を。加水率を調整してスープを上手く吸わせており、その割に後半のダレもなく、よくできた麺です。スープと絡んで味わいも深く、スープと麺の甘味が上手く調和して……相当ジックリと吟味されていますな。
希望軒@新宿三丁目・卓上
 具材は、チャーシュー、追加の味玉、モヤシにネギ。オイリーでコッテリ感のあるスープですので、これにモヤシを持ってくるのは大正解。チャーシューは、ハッキリとした味つけの極薄で、関西によくあるタイプ。スープとチャーシューの色彩的なコントラストは、なんとなく京都「新福菜館」を連想させますが、スープの風味が違い全くの別物。しかし、これはこれでコンビネーションが成立しています。

希望軒@新宿三丁目・店頭
 良くも悪くも、関西的な「派手でサバけて分かりやすい」味作りで、それゆえ関東の人には賛否あるかも。「富山ブラック」とも京都「新福菜館」とも違う、「神戸ブラック」とも言うべき一品になるのかしら……しかし、「第三極」としては「骨太」感に欠けるところが、少し残念。豚骨が得意なお店だそうですから、豚骨清湯あたりを中心に組み直せば、面白くなりそうですが……それだと「新福菜館」になってしまうかも。ノシ上がるため見境なく既存勢力にカミつく橋下市長を見るにつけ、「第三極」立ち上げの難しさを感じますな。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR