多々豚湯(オードブル)@茅場町 「ラーメン(並)+ほうれん草」

多々豚湯@茅場町・亀島川
 最近、新川あたりに横浜家系の店が二軒オープン、今日はそのうちの一軒へ。お店は、茅場町駅から亀島川を渡ってすぐ。
多々豚湯@茅場町・店舗
多々豚湯@茅場町・券売機
 「多々豚湯」と書いて「オードブル」……最近の子供の名前くらい、難解な読み方。家系のお店ですので、メニューは基本的に「ラーメン」「つけ麺」のみ。「ビーラー」は値段から想像するに、「ビールとラーメン」なのでしょう。とりあえず「ラーメン(並)」(650円)と「ほうれん草」(100円)を、ポチッとな、「麺固め、サービスライス不要」でお願いしました。店員さんは外国の方の模様で、このネーミングセンスもそれ故か。丼は約7分で到着。
多々豚湯@茅場町・ラーメン
多々豚湯@茅場町・スープ
 では、スープを一口……ネットではかなり薄いと聞いていましたが、この日はまずまずの豚骨濃度。看板にあるような「濃厚家系」ではありませんが、「アッサリ」というよりは「マイルド」に近い口あたりで、コクも弱めながらシッカリとした手応えがあります。カエシは相対的に強めに感じますが、ケミカルはさほど強くありませんので、キレの「上滑り」感もなし。これといったインパクトはありませんが、比較的良くまとまっている印象です。
多々豚湯@茅場町・麺上げ 麺は、三河屋製麺製の中太ストレート。家系特有のモチプリした太麺ではありませんが、滑らかな麺肌に軽快な歯切れと、三河屋さんの良さがよく出た麺で、ゆで加減もキッチリ固め。スッキリ・スマートな甘さが、ちょいキレでマイルドなスープに良く合います。

 具材は、チャーシュー、ホウレン草、海苔三枚と、家系フォーメーション。チャーシューは意外にも肉厚で固めの仕上がり、噛むほどにほどよい豚の香りが漂って、味付けも素直。海苔のクォリティはイマイチですが、ホウレン草は丁寧に仕上げてあって、このあたりに手を抜かないところに、真面目さを感じました。

多々豚湯@茅場町・卓上
 この店の隣も屋台風居酒屋ですが、この辺りは日比谷線・東西線・京葉線で家路につくサラリーマンが、チョイと一杯ひっかける場所で、飲み屋が結構点在しています。このお店は、ちょうど飲んだ帰りのリーマンが茅場町駅に向かう道端。そんなロケーションの選び方、さらに「濃厚家系」で誘いながらシメ用として過度に濃くせず、比較的スッキリとしたスタイルでリピーターを狙うアプローチと、なかなかの商売センス。私も含め、ラヲタはとかくラーメン単体を評しがちですが、店舗・商品を「TPO」にマッチさせるマーケティング・センスも含めて、「味わう」必要がありそうです。

 店舗情報は、こちら
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR