ヴィラ・スラバヤ@ららぽーと豊洲 「スラバヤカレーつけ麺」

ヴィラ・スラバヤ@豊洲・バーゲン
 久々に週末に休みがとれましたが、ららぽーと豊洲のバーゲンに荷物持ちとして強制連行。さすがに不満タラタラであることが家族に伝わったか、夕食は私の希望が採用されて、インドネシア料理「ヴィラ・スラバヤ」へ。
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・店舗
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・メニュー
 ここのカレーは結構美味い上にヘルシーで、甘めのスタウトビールと良く合うので、これを片手に辛い料理を食べるのが一つの楽しみ。メニューを開くと、いきなり目に飛び込んできたのが7月限定の「スラバヤカレーつけ麺」(1,180円)、ハイこれで即決。「青菜の炒めもの」(これ激ウマ、写真は最下掲)をアテに、ハーフ&ハーフをチビチビやっているうち、丼到着。
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・カレーつけ麺
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・麺上げ
 まずは、麺を確認しますと、多加水麺をピチムチにゆで上げたもので、長さもつけ麺用に短くカットされており、目新しさはありませんが、まずは無難なチョイス。麺さえソツなくこなしてくれれば、カレーは折り紙つきですので、あとは安心。
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・ペースト
 そのカレーですが、いつもはココナツミルクをふんだんに使ったサラリとしたものですが、このメニューでは一転、ドロっとしたペーストタイプで、平皿に少量のるのみ。コイツを麺にチョイとつけ、ズズッとイキますと……クミンやコリアンダーといったスパイスを、ココナツミルクで包み込んだ濃厚な味わいが、多加水麺のシレッとした甘さとまだらに絡んで、食べやすい上食べ飽きもせず、味のバランスも上々。
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・油そば風
 後半は、思い切ってカレーを麺皿に投入。シッカリ混ぜ込んで油そば風に。コイツをジュルリッといただきますと……うん、カレーの織りなす「まだら」感はなくなりますが、今度は挽肉が適度に絡み、間欠的にコクと旨味を弾けさせて、これはこれでいいリズム。サヤエンドウや赤ピーマンのサッパリ感も、いいアクセントになってます。
ヴィラ・スラバヤ@豊洲・サルサソース
 そして終盤は、卓上のサンバルソースをチョイと投入。店によって味が異なるこのソースですが、この店はコクより辛さを強調したタイプ。これがまた見事にカレーに絡んで、超高音と重低音が同時に加わり、味の厚みがグンと増します。

ヴィラ・スラバヤ@豊洲・青菜炒め 世のラーメン屋には、「カレーつけ麺」というメニューは結構少ない。おそらく、市販ルーの味に客の舌が慣れているため、独自のスパイスブレンドでもしない限りオリジナリティも出せず、すぐ飽きられてしまうからかな……ただでさえ、味が単調になりがちだし。逆に言えば、オリジナルなカレーを持つ店にはチャンスがあるわけで、実際そういう実例も目にしてきました……そんなセオリが、そのまま体現された一杯。世にも稀なる「インドネシア風カレーつけ麺」、7月中に是非(ご報告が遅れスミマセン)。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR