麺屋 一@水天宮 「野菜ラーメン」

麺屋 一@水天宮・箱崎JCT
 停滞する低気圧が北風を呼び込んで、7月下旬の炎熱を和らげてくれた土曜日。思う存分ウォーキング出来そうでしたので、ランチもちょっとガッツリ系ということで、箱崎の新店「麺屋 一」へ。地下鉄・水天宮駅から東京シティエアターミナル方向へ抜け、箱崎JCT(写真)をくぐって隅田川へ向かったあたり。
麺屋 一@水天宮・店舗
麺屋 一@水天宮・メニュー
 店内はやや狭くカウンター8席ほど、貼紙では「野菜ラーメン」が「大人気」で「つけ麺」が「おすすめ」とのこと。とりあえず入口左手の券売機で、「野菜ラーメン」(800円)をポチッとな、「大盛りサービス」とのことでしたが、例によって「並盛」で。ジャッ、ジャッという野菜を炒める音と、芳ばしい香りを楽しみながら、待つこと5分で丼到着。
麺屋 一@水天宮・野菜ラーメン
麺屋 一@水天宮・スープ
 では、スープを一口……クリーミィで、ポテッと濃厚な動物系、これに深いコクの醤油ダレが絡んで、マイルドにして厚みのある味。この濃く・深く馴染んで厚みを感じさせるスタイルは、味は全く違いますが、スイスやベルギー産のミルク・チョコレートを少し連想させますな……これに多めの粗挽き黒胡椒が絡みますが、非常に重心の低いスープですので、胡椒のアクセントをシッカリと受け止めて、その表情に深みを増します。さらに、炒め野菜のフンワリとした甘さが、薄皮一枚コーティングされており……重層的にして見事なバランス。
麺屋 一@水天宮・麺上げ
 そして麺は、太麺といっていい太さのストレート。ドッシリとしたコシで、ガッシリと歯を受け止めるような重みのある歯応え、噛むほどに素直な甘味が口腔に響き渡って、マイルドなスープと深く馴染んでいきます……いやぁ、この麺のチョイスは見事。
麺屋 一@水天宮・具材
 具材は、モヤシ、キャベツ、ニラ、ニンジンなどを深く炒めてあり、さらに細切れのチャーシューが絡んでいます。醤油ダレを絡めながら炒めてありますが、ヤリスギ感はなく適度な味付け。チャーシューが刻むリズムにのって、ディープ・ローストされた野菜と醤油が、「屋台」的な野趣を放ちながら、濃厚なスープに馴染んでいって……最後まで箸が止まりません。

麺屋 一@水天宮・卓上 「トナリ」が打ち出した「濃厚タンメン」というジャンル。その「濃厚」の定義は、「トナリ」では「味濃:4、味厚:2」といったバランスでしたが、少なくとも私には、その濃さがややウルサク感じられたものです。これを「味濃:2、味厚:3」程度に修正して、「濃厚タンメン」というコンセプトの補完を試みた一杯ですが……やや「重さ」は残るものの、明らかに数段の「進化」が感じられる一杯。この場所で出すには惜しい味、もっと「激戦区」で、広く世に問うて欲しい一杯でした。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR