煮干しらーめん 玉五郎@新宿三丁目 「味玉煮干しらーめん」

玉五郎@新宿三丁目・三丁目
 盛夏の日差しが降り注ぐ月曜日、午前中の仕事を済ませ代々木某店まで歩きますが……開店時間をとうに過ぎているのに「仕込中」。どうするかアレコレ考えながら新宿方面に向かい、フト思い出して最近開店した「玉五郎」へ。
玉五郎@新宿三丁目・店舗
玉五郎@新宿三丁目・路地
 大阪で「玉五郎」といえば、マイルドな「煮干豚骨」がウリの有名店で多店舗展開しており、東京で言えば「青葉」のような存在(ちょっと違うか)。私も以前、梅田でいただいたことがあります。場所は、新宿三丁目交差点から向かうと相当に分かりにくく、マルイ本館裏のヒッソリとした路地(左写真)を進んだあたり。玉五郎@新宿三丁目・券売機

 メニューは、「らーめん」「つけ麺」「辛味つけ麺」の3系統、とりあえずは「味玉煮干しらーめん」(780円)で。梅田で食べたメニューと同じはずで、食べ比べという訳です。丼は約4分で到着。
玉五郎@新宿三丁目・味玉煮干
玉五郎@新宿三丁目・スープ
 では、スープを一口……うん、相変わらず「まぁるい味」ですなぁ。魚介系は旨み重視のセッティングで、煮干しは風味を感じさせつつも、クセを極力抑えてあります。そして、動物系は鶏系の優しいコクが強く馴染んで、実にマイルド。あまりにもクリーミーな口あたりに、本当にミルクや生クリームでも使ってるんじゃないかと思えるほど。醤油もそっとコクを添える程度の使い方で……何も突出させない、「一体感」重視の仕上がりで、敢えて「万人受け」を強く意識した方向性。
玉五郎@新宿三丁目・麺上げ
 麺は、やや太めの中太縮れで、おそらく大阪と同じ小林製麺製。梅田で食した時と同様に、やや柔らかめのゆで加減で、麺の優しい甘味を存分に引き出して、マイルドで優しいスープに合わせようという趣向。両者のバランスを、キチッとイメージしたセッティングですな。
玉五郎@新宿三丁目・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔・ネギ、そして追加の味玉。梅田で食べた時はチャーシューの固さが気になりましたが、今回はホロッとした標準的なタイプ。また、梅田とは違って、メンマや味玉からビビッドな感触が伝わってきませんが……新宿で仕込んだものではないのかも。

玉五郎@新宿三丁目・卓上 以前、「豚骨魚介」の世界を切り開いた「青葉」が、いかに戦略的に「マス」相手のブランド構築に成功したかを書きました。バブルを背景とした過激な「濃厚」「ギタギタ」競争からは距離を置き、さりとて一世代前のマンネリ化した味からも距離を置きながら、「ブルーオーシャン」を狙ったその戦略。しかしその成功をもたらしたのは、90年代後半という「時代」がキーポイントでした。「玉五郎」はほぼ同じ戦略を、2000年代に大阪で実践して成長し、東京に乗りこんできたわけですが……成長時の大阪の状況をツブサには知りませんが、2010年代の東京で、この味がつかまえられる「ブルーオーシャン」が、果たしてまだ残っているでしょうか。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR