ぽっぽっ屋@晴海 「冷やしサラダ麺」

ぽっぽっ屋@晴海・トリトン
 翌日に東京湾大華火祭を控えた金曜夜、晴海トリトンスクエアでの用事を終え、帰宅ついでに施設内の成城石井で、花火見物用の酒・つまみを入手。食事も施設内の「ぽっぽっ屋」で済ませることに。
ぽっぽっ屋@晴海・店舗
ぽっぽっ屋@晴海・限定メニュー
 ここの主力メニューはいくつか食べたことがありますので、他に何かないかと券売機あたりを見渡すと、夏季限定「冷やしサラダ麺」(950円)の告知。このメニューは同店の夏定番となっているメニューですが、まだ食べたことがありませんでした。食券を買い、カウンター席で待つこと10分(麺ゆでに8分かかるとか)、丼到着。
ぽっぽっ屋@晴海・冷やしサラダ麺
ぽっぽっ屋@晴海・タレ 涼しげなガラス皿に盛られ、チャーシュー、メンマとレンゲがなければサラダにしか見えない丼景色。とりあえず、皿底のタレを少量いただきますと……サラダオイルと酢によるドレッシング風、しかしタレはなぜか茶濁しており、豚骨醤油のコクがシッカリと感じられるような……ちょっとニンニクの風味もするし。要するに、これは「豚骨ドレッシング」ですな……「ぽっぽっ屋」ですから、そういう可能性もあるかと思っていましたが、まさかそんな「無謀」なことをするとは。しかし、味として「無謀」なレベルかというと、これが意外とシックリまとまっているところが、摩訶不思議。
ぽっぽっ屋@晴海・麺上げ 麺は、「ぽっぽっ屋」らしい太麺縮れで、かなり固めのゆで上がり。ガッシリした麺を奥歯で受け止め、ムグムグ咀嚼しながらいただく感じ。麺の訥々とした力強い甘味を、タレのコクと酸味がシッカリ引き立てて、こちらもバランスとしては悪くありません。

 具材は、チャーシュー、メンマ、レタス・プチトマト・タマネギなど野菜類と、卵、キクラゲなど。正直言って、これで950円とは強気かも……チャーシュー・メンマを省略して、700円くらいにしていただければ。

ぽっぽっ屋@晴海・格言
 「ガッツリにんにく豚骨醤油」的な「ぽっぽっ屋」特有のニュアンスと、「サラダ・ドレッシング」的なサッパリ感を共存させるという、「あり得ないのにそこにある」的一杯。季節がら、「うなぎと梅干し」的な食べ合わせにならないか心配になりますが……世にも稀なる「豚骨ドレッシング」味、店に飾られた「金言」にならって言えば、「一分だけ幸せでいたければ」、勇気を持ってお試し下さい。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR