神鷹山@錦糸町 「醤油とんこつラーメン」

 日曜日(26日)、カミさんがお食事会参加ということで、晩飯難民に。昼間のウォーキングでカロリーも消費済み、ここはひとつ家系でも……というわけで、錦糸町の「神鷹山」へ。

神鷹山@錦糸町・店外観

 お店があるのは、錦糸町でも「なりたけ」や「しゃきしゃき」がにらみ合う激戦区、そのカド地に金看板をデカデカと掲げる店構えに、資本の力を感じます。

神鷹山@錦糸町・券売機

入口近くの券売機で、「醤油とんこつラーメン」(650円)と「ほうれん草」(100円)をポチッとな、いつものように「麺固め、油少なめ」でオーダーしました。日曜なのに絶えぬ客足を眺めるうち、丼は約5分で到着。

神鷹山@錦糸町・らーめん

 では、スープを一口……コク・キレ・旨みとも、それぞれ結構出ていますが、なんかチグハグ。12時間以上炊き込んだという豚骨は、非常に乳化が進んだもので実にクリーミィ、その上コクにもかなりの「太さ」が感じられます。鶏油は「少なめ」指定にもかかわらず香り豊か、カエシの効かせ方も「家系」にしてはやや控えめですが、豚骨の旨みをシッカリ下支えしようという「意図」は感じられます。食材それぞれのナチュラルな風味は上々ですが……それぞれバラバラに主張してくる感じがして、家系独特の一体感がありません。

 麺は、偏平した断面の中太麺でかなり太め、いわゆる家系独特の麺です。酒井製麺などのモッチリ・ツルリとした食感ではなく、比較的ソフトで軽快な歯応え。しかし、キッチリと固めのコシを感じさせながら、ノドごしもマズマズ。

 具材は、チャーシュー、ウズラ、海苔3枚に追加増量したホウレン草。バラ肉チャーシューは小型ですが、タップリと肉汁を残した仕上げで、なかなか美味い。炙ったこのチャーシューが大量にのる、「かぶりつきチャーシューメン」(900円)なんてメニューもありますが、その自信がうかがえます。 他の具材については、標準的なクォリティ。

 ちなみに、例によって卓上のニンニク、豆板醤も試してみましたが、ニンニクが豚骨のコクを持ち上げるほど、豆板醤がスープの甘みを際立たせるほど、全体のチグハグ感が増していきます。

  往々にして、こういうチグハグ感はカエシの問題に帰着するもの。豚骨と鶏油を合わせることは実はかなり難しく、両者慎重なスリ合わせが必要と聞いていますが、長時間営業のため豚骨は継ぎ足しとなり、バランスの崩れをカエシのケミカルと塩でカバーするケースがほとんどだそうで、そういう意味では、真面目にケミカルを抑えた結果、こうなったのかも知れません。せっかくの豚骨クォリティ、いっそ家系にはこだわらず、独自の「豚骨」「豚骨醤油」に仕上げた方が、面白いのかも。

お店のデータはこちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR