麺や 佐市@錦糸町 「海老ラーメン」

佐市@錦糸町・高架下
 急激に秋めいた空気になった今日この頃、会社帰りのウォーキングも再開できて、ようやくカロリー制約を緩めてラーメンを食べ歩けます(さほど制約もしてこなかったような……)。気になっていた錦糸町の新店「佐市」へ。お店は、錦糸町ロッテシティの裏手のあたり、総武線高架沿い(写真)から少し路地を入ったところです。
佐市@錦糸町・店舗
佐市@錦糸町・券売機
 メニューは「海老」と「蟹トマト」の二本立て、「海老めし」なんてサブメニューもちょっと気になります。とりあえず、筆頭ボタンの「海老ラーメン」(880円)をポチッとな。佐市@錦糸町・店内

 和風でシックなインテリア、重厚感のあるカウンターには、卓上調味料類の用意がありません……ネット情報ではフレンチレストランの系列店のようですが、資本力と味への自信がうかがえます。丼は、約5分で到着。
佐市@錦糸町・海老ラーメン
佐市@錦糸町・スープ
 では、スープを一口……うん、これは「分かりやすい」美味さ。第一印象としては、大久保「優創」のようなブイヤベースっぽい洋風スープにも感じられますが、実はそこまで「奇策」ではなく、ベースは豚骨強めの豚骨・鶏ガラに感じられ、魚介系もおそらく海老のみに絞り込んでおり、「ラーメンスープ」的な構成をキチンと踏襲しながら、海老の魅力を最大限に打ち出そうとしています。スープに浮かぶ油も赤味を帯びており、おそらくこの豊かな海老風味は、海老油と海老ペーストの「多重構成」によるものかも。
佐市@錦糸町・麺上げ
 麺は、やや太めの中太縮れ。かなり柔らかめのゆで加減で、加水率高めのこの麺から、「ホコッ」とした軽快な甘味が引き出されていますが……残念ながら、この「海老スープ」にピッタリとは言い難い。スープが輪郭線を強調しない「油彩画」的なタッチですので、パスタのようなキッパリした甘さや、米飯のようなベタっとした甘さなら合う気がしますが、どこか中途半端な感じがしますな。
佐市@錦糸町・海老
 具材は、海老、海苔に、カイワレ・糸唐辛子・白ネギといった薬味類。もちろん主役は海老なんですが、海老スープに海老をのせれば合わない訳がないわけで、強くローストして香ばしさを加えるならいざ知らず、どこか「漫然」としたしつらえに思えて感心しません。むしろ、海苔が加える旨みの重層感が印象的。

佐市@錦糸町・卓上 ひたすら「海老」に、フォーカスを絞った一品。しかし、その絞り方が食べ手と同じ「目線」に立っている点が、「商品」としては魅力になっていますが、「表現」「作品」としては凡庸に感じられる、そんな気がします。海老ミソのコクや殻の香ばしさに「ミクロ」な焦点をあてるとか、別の食材との対比の中で「マクロ」な魅力をあぶり出すとかしてはじめて、これまで食べ手が気づかなかったような新鮮な、「海老」の魅力を伝えられるんじゃないかな……そんな「目線」があれば、麺のチョイスも変わってくるような。しかし、このスープは美味さとして分かりやすい。「海老めし」(380円)がこのスープによる「おじや」的なものならば、それだけでも食べに再訪しようかしら。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR