三代目 ○助@新宿 「黒らぅめん」

○助@新宿・交差点
 日曜日、休日出社で仕事が長引き、おまけに台風「ジュラワット」さんに足止め食らって……睡眠不足の月曜昼。宿題店は池袋方面に山積しつつありますが、移動する気力もなく新宿あたりで。三丁目から西口界隈に移転してきた「三代目 ○助」へ。
○助@新宿・店舗
○助@新宿・券売機
 この場所は、三丁目「三代目 ○助」の関連店「極太野菜味噌 〇助」があった場所で、ご本家が居抜きで移ってきたという次第。両店とも素性のよいラーメンを出すのでお気に入り、特に三丁目のお店には何回か寄らせていただきました。メニュー構成も三丁目時代とあまり変わらず、「魚介まぜそば」が目新しい程度。今日は未食の「黒らぅめん」(700円)を麺固めで。豚骨店ですので、丼はアッという間のスピード到着。
○助@新宿・黒らぅめん
○助@新宿・スープ
 では、スープを一口……うん、相変わらず「素性」のよさが光りますなぁ。ジックリ乳化させた豚骨スープ、ミルキーな口あたりですので一瞬ソフトに感じられますが、微かな豚骨臭を伴いながら、力強くグッと舌を押してくるようなコクがあり、マー油による分厚さの加え方にもワザとらしさがなくて、派手さはないが味わい深い。「濃厚」「特濃」乱発気味の昨今ですが、だからこそ、こんな「上質」を求めたスープが輝きを増します。
○助@新宿・麺上げ
 麺は、当然ながら細麺ストレート。三丁目のお店は広かったので、ゆで湯の管理に問題があったか多少粉っぽさがありましたが、今日の仕上がりは固さも含めて完璧に近い。麺の細さと肌質で適度にスープを持ち上げて、麺本来のホッコリとした甘さをマイルドな豚骨が押し包んで、「『○助』健在」を猛烈にアピール。
○助@新宿・チャーシュー
 具材ですが、チャーシュー、キクラゲ、海苔・ネギに、キャベツが加わるところが面白い。キャベツのザックリ感とサッパリ感、そして特有の甘さが、それぞれ麺の食感や豚骨のコク・ホノ甘さにキレイに馴染んで全体をコーディネート、まるで「触媒」のようなはたらきで、この一杯に「ケミストリィ」を起こしています。ホロホロと崩れて麺にからみながら、チャーシューが加えるアクセントも見事。

○助@新宿・卓上 ラーメンが感じさせる喜びを、「驚き」「満足」「くつろぎ(安心感)」に分解するならば、「驚き」は「新奇性」に、「満足」は「品質」にそれぞれ支えられる。ま、そこまではよいとして……「くつろぎ(安心感)」につながるのは、「昔ながらの」とか「典型的な」とか「いわゆるフツーの」とか、そんな食べ手の「既成概念」に訴えることだという誤解が、作り手側にあるような気がします。人に「くつろぎ(安心感)」を与えるのは「完成度」であって、それを支える緻密な「技術」あってこそ……深く心に響く「満足」「くつろぎ(安心感)」、そしてキャベツを使った適度な「驚き」も加えられ、なかなか充実した一杯。睡眠不足でボッとした頭に、ガツンとギアを叩き込んでいただきました。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR