横浜とんこつラーメン 大黒家@勝どき 「醤油ラーメン」

大黒家@勝どき・勝どき交差点
 何とも憂鬱な連休明け、気晴らしに勝どきあたりをウォーキングすることにして、地下鉄駅出口から晴海通りを東へ。腹ごしらえは、通り沿いの新店「大黒家」。
大黒家@勝どき・店舗
大黒家@勝どき・券売機
 場所は、トリトンスクエアと勝どき駅の中間くらい、店前の通りはトリトンに入るオフィスからの帰宅リーマンで大混雑。ここは以前「らーめん元気」という店があった場所ですが、居抜きではなく内装・厨房とも一新してあります。メニューは「醤油」「塩」「味噌」の三系統、とりあえず筆頭ボタンの「醤油ラーメン 並」(650円)を、ポチッとな。例によって「固め・少なめ」でお願いしました。丼は、約6分で到着。
大黒家@勝どき・醤油ラーメン
大黒家@勝どき・スープ
 では、スープを一口……う~~ん、いわゆる「家系」のバランスとはちょっと違いますな。豚骨はかなりジックリ炊き出してありますが、背脂が少し加えられているのか少しボンヤリ感があって、おかげで豚骨特有のコクが弱めに感じられます。同じ理由でカエシの効きも弱まって、キレ・旨み共にかなり弱い。コッテリ感だけが突出した、不思議なバランス。
大黒家@勝どき・麺上げ
 麺は長多屋製麺製で、多少細めの太麺ストレート。キッチリと固めのゆで加減で、ムチムチのシコシコ、ズシッとした歯応えで食べ応えもあり、なかなかの麺です。ただ、せっかく甘味もシッカリした麺なのに、ボンヤリしたスープがその良さを盛り立ててやれないところが、かなり残念。
大黒家@勝どき・豆板醤投入
 具材は、チャーシュー、ウズラ、ホウレン草に、海苔三枚とネギがパラリ。かなり薄めのバラロール・チャーシューにも少し萎えますが、ホウレン草の少なさにも相当萎えます。後半、例によって卓上のニンニクと豆板醤を投入(写真は混ぜ後)。コッテリ感の強いスープですので、ニンニクは少し多めに入れましたが、それでも効きはイマイチで、逆に豆板醤は他店と比べてもかなり金属的な味が強く、効きもどこか上滑り。

大黒家@勝どき・トリトン ネット情報では、「大黒家」は名店「壱六家」の血統にあたり、大久保「壱蔵家」とは兄弟関係にあたるそうですが、確かにウズラがのっているあたりが共通点ですが……「壱蔵家」のマイルドでグラマラスなスープに比べて、やや「メタボ」気味なのが気になるところ。しかし、トリトン(写真)に勤めるサラリーマンは年齢層も比較的若く、この程度のギタギタ感の方がウケるかも。私には結構ヘビーでしたが……勝どき交差点のコンビニまで戻り、「黒烏龍」片手にウォーキングをスタートしたオジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR