新橋大勝軒@新橋 「塩ワンタン麺」

新橋大勝軒@新橋・新橋
 週末も来週も、休めるメドが全く立たない憂鬱な金曜日、気付けば新橋駅前を歩いていました。このまま電車で帰るのもアレだし、ちょっと「新橋大勝軒」をのぞいてみることに。
新橋大勝軒@新橋・店舗
新橋大勝軒@新橋・券売機 09年にオープンしたこのお店、開店当初から「味噌」を出すなど、大勝軒系のお店の中でもオリジナルメニューに積極的。お店をのぞく度に、新しいメニューが登場しています。新橋大勝軒@新橋・ポップ

 もっともこのオリジナルメニュー、結構クォリティにバラツキがあり、なかには「油そば」なんて傑作もあるにはあるのですが……今回特に目を引いたのはこの「塩ワンタン麺」(780円)、券売機で「新橋オリジナルラーメン」の食券を買い、メニュー名を告げて渡すというシステムです。丼は約7分で到着。
新橋大勝軒@新橋・塩ワンタン
新橋大勝軒@新橋・スープ
 では、スープを一口……へぇ~、ちょっと面白い。ベースは鶏ガラ主体の動物系、少し生姜がきいており、旨味よりもスッキリ感重視の設定です。これに魚粉で風味づけしていますが、スタンダード・メニューの「ラーメン」や「もりそば」に使っている粉と同じものらしく、「塩」なのにシッカリ「大勝軒」フレーバーが漂って、キッチリとオリジナリティを打ち出しています。
新橋大勝軒@新橋・麺上げ
 麺は自家製の中太ストレート。他メニューの麺より細めに仕上げた特製ですが、大勝軒系特有のスッキリした甘味の一品ですので、スッキリ系スープにはもちろん合います。概して、「塩」なら甘味ハッキリの細麺なんかを選択する店が多い中、スッキリ&スッキリの組み合わせはむしろ少数派。「自家製細麺」なんて謳いながら、せいぜい中太になってしまうあたりにも、また大勝軒系っぽい「愛嬌」がありますな。
新橋大勝軒@新橋・ワンタン
 具材は、ワンタン6個にメンマ・ネギ、そしてなぜか青梗菜が一枚。もちろん注目はワンタンですが、生姜やスパイスといった小細工はあまりなく、むしろ肉餡を少し熟成させたような風味があって、旨みも豊か。ただし、作り置きの「自然熟成」のような気もしないではありませんが……ま、結果オーライ。

新橋大勝軒@新橋・卓上 こんな逸話があります……あのマクドナルドで、ヘルシーブームに便乗してサラダメニューを作ったものの売上イマイチで、むしろヘルシーブームの中に合っても、ビッグマックが飛ぶように売れる。つまり、客は「マクドナルド」というブランドに「ヘルシー」は求めておらず、お年寄りでさえ、たまに来店すれば気合いを入れて、ガッツリとカロリアスなメニューを注文する。では、「大勝軒」というブランド・イメージに、客が何を期待しているのかと言えば……おそらく「塩ワンタン」ではないのでしょう。あるいはそういった事情が発注数を押し下げて、ワンタンのクォリティにも影響しているのかもしれません。非常によく考えられた商品ですが、ご主人の努力がちょっと裏目に出ているような一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR