あら焚き豚骨 あらとん 東京新宿御苑前店@新宿御苑 「醤油らーめん(並)」

あらとん@新宿御苑・新宿通り
 札幌「あらとん」といえば、麺屋武蔵出身のご主人が札幌場外卸売市場で立ち上げた、魚のアラを使うという斬新な手法で有名な店。その「あらとん」が新宿御苑に凱旋出店したとのこと、早速訪店。
あらとん@新宿御苑・店舗
あらとん@新宿御苑・券売機
 メニューは「醤油らーめん」と「つけめん」の2系統。それぞれ100円増しで「特製」にできて、ちょっとお得感がありますが、基本メニューのお値段が800円と「強気」ですので、微妙なところ。今日のところは「醤油らーめん(並)」(800円)で。実は「あらとん」は、約2年前にデパートの催事でいただいたことがありますが、「催事価格」でも730円でした。
あらとん@新宿御苑・醤油
あらとん@新宿御苑・スープ
 では、スープを一口……おぉ、口いっぱいに広がる「鮮魚系」の風味。大型魚特有のムァッとした豪快な押し出しですが、これで生臭みを一切感じさせないのが、ある意味凄い。その秘訣は醤油ダレで、たまり醤油のような濃さと重みを臭みにぶつけて、アラの風味と「ガップリ四つ」。この「激突」の中で生臭みを吹き飛ばし、タレの甘味とアラのホノ甘さを響き合わせて一体感を醸しだすという手法です。どちらかというと豚骨は下支え的な役回りで、軽く浮かぶ背脂が、「激突」の衝撃をうまくイナしています。
あらとん@新宿御苑・麺
 麺はカネジン食品製、力強く屈曲した太麺で、相当ハードな固さのゆで上がり。コイツをムスッ、ムスッと噛み込みますと、甘味がグングン押し出され、スープの豪快な押し出しと「ガップリ四つ」。麺自体にもスープがシッカリ沁み込んでいますが、麺の中で両者が溶け合った味が直接舌に伝わることで、両者の「激突」感をイナします。
あらとん@新宿御苑・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマと、薬味のネギ二種(白笹切り・万能)。バラ肉チャーシューはホロリとした仕上がりで、濃いスープと絡んでちょうどバランスするような塩梅の味付け。メンマも穂先に近い部位で、上質なもの。白眉は笹切りの白ネギで、そのワイルドな食感が、「激突」感満載のこの一杯に実によく合う。

あらとん@新宿御苑・卓上 アラ、醤油、麺の「激突」が弾き出すパワー・バランスが、「三国志」的なドラマを生みだす、見事な一杯。以前催事でいただいた時のスープは、甘味の少ないドライな味で、「激突」のギスギス感が多少ありましたが、甘味が加わることで「本領発揮」といったところ。ただし、麺を食べきった後のスープはパワー・バランスが崩れてしまい、飲み切ることができませんでした……そういう意味では、形はラーメンですが、本質的にはつけ麺に近い一品なのかも。であれば、最初からつけ麺でいただいて、割りスープでさらに楽しみたいところ。再訪するのが、楽しみ、楽しみ。

 店舗情報は、こちら

#ちなみに、本店では季節によって使用するアラを変えるため、この店もいつも味が一定とは限りません。

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR